川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

平成29年度第4回開催 イベントまとめ

2017-07-09-Sun-18:00
平成29年度第4回開催 様々なイベントが行われました。

◆稲村亜美さんトークショー

開催4日目の7月6日、7Rと9R終了後には稲村亜美さん、元川崎競馬所属騎手の金子正彦さん、荘司典子さんによるトークショーが行われました。

 トークショーの様子
 170706 稲村亜美さんトークショー-01

1回目のトークショーでは川崎競馬場で7月開催向けに書いた七夕短冊で「万馬券が当たりますように!!」と書いた稲村亜美さんが宝塚記念で人生初の万馬券を当てた話題に始まり
元騎手の金子正彦さんには川崎競馬の特徴などについて語って頂いた後、御両名に直後に行われる8Rの注目馬をあげて頂きました。

 浴衣で登場した稲村亜美さん
 170706 稲村亜美さんトークショー-02 170706 稲村亜美さんトークショー-03

 金子正彦さん、荘司典子さん
 170706 稲村亜美さんトークショー-04 170706 稲村亜美さんトークショー-05

2回目のトークショーでは御両名の8R注目馬が1-2着を決めた事、9Rで万馬券を当てた稲村亜美さんが「みなさん短冊に願いを書いたほうがいいと思います。
私、今日は持ってます!」集まったお客様から拍手がわきあがりました。
続いて「皆さん、私はもう一回当たってるので信じないほうがいいですよ」と笑いを誘いながら、メインレース:スパーキングレディーカップの予想を披露しました。

 170706 稲村亜美さんトークショー-06

一方、金子正彦さんは人生初の地方競馬馬券を購入。
荘司典子さんはその買い目を確認していました。

 170706 稲村亜美さんトークショー-07 170706 稲村亜美さんトークショー-08

1回目のトークショー終了後は報道陣の記念撮影に応じた稲村亜美さん。
金子正彦さんとのダブルVサインも。
 170706 稲村亜美さんトークショー-09 170706 稲村亜美さんトークショー-10

また2号スタンドカツマルくんホール展示コーナーでは7月9日(日)まで、稲村亜美さんがこれまでに務めた「プロ野球始球式」の写真展も開催されました。
 「プロ野球始球式」の写真展については こちら をご覧下さい。


◆女子トークROSITAバル

開催4日目の7月6日、ロジータホールで今年度2回目となる女子トークROSITAバルが開店しました。
今回は栗林さみさん、秋田奈津子さん、稲葉弥生さん、小島友実さんが「ROSITA バル」のスタッフを務めました。
1回目のトークショーを終えた金子正彦さん、荘司典子さんも来店し、全員で記念撮影。
 170706 ROSITAバル-01 170706 ROSITAバル-02


◆誘導馬お出迎え

開催4日目のの7月6日、開門から10分間、川崎競馬のコスプレ誘導馬が馬場にてお出迎えを行いました。
 170706 誘導馬お出迎え-01 170706 誘導馬お出迎え-02

今回のお出迎え担当はパンタレイ。ニンジンの衣装で登場。タテガミの所にも小さいニンジンがびっしり。
 170706 誘導馬お出迎え-03 170706 誘導馬お出迎え-04


◆KAWASAKI KEIBA BEER MARCHE

今開催から9月の川崎競馬開催日に内馬場サンサン広場にてビアガーデンがOPEN。
バドワイザーや、4種のクラフトビール(13種からランダムでご提供)を生で味わえるタップマルシェをご用意したお得なビアガーデン。
特設モニタもありパドックやレースも確認でき、おつまみやケータリングカーでお食事も楽しめます。
 1707 KAWASAKI KEIBA BEER MARCHE-01 1707 KAWASAKI KEIBA BEER MARCHE-02 1707 KAWASAKI KEIBA BEER MARCHE-03

すぐ横では1~2コーナーの攻防も楽しめます。
 1707 KAWASAKI KEIBA BEER MARCHE-04 1707 KAWASAKI KEIBA BEER MARCHE-05

次回の川崎競馬は
7月31日(月)~8月4日(金)5日間のスパーキングナイター開催
8月4日(金)には夏休み期間につきファミリーイベントが盛りだくさん行われます。

  
 
 
スポンサーサイト

キュンとするまち。藤沢杯

2017-07-08-Sat-08:10
開催5日目の7月7日、メインレースにはキュンとするまち。藤沢杯が行われました。

レースは前に行きたい馬が揃い、内からアドミラルティ、真ん中からドリームキング、外からはペプチドアポロがハナを狙いに行きますが、1角のコーナーワークでペプチドアポロは2頭に間を空けられます。
向こう正面で鞍上の手が動き出すアドミラルティ、無理なく併走するドリームキング。3番手にはコスモパープルが内からペプチドアポロを交わしていきます。
3角で失速する組と後ろから上がってくる組がごちゃつく中、悠々と4馬身ほどのリードで4角にさしかかるドリームキング。
直線に入り脚色が鈍ってきたドリームキング。内から伸びてきたのはコスモパープル、一完歩ずつ差を詰め差し切った所がゴールでした。

 170707 キュンとするまち。藤沢杯-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 キュンとするまち。藤沢杯 結果

勝利ジョッキーは今年4月にデビューしたばかりのルーキー櫻井光輔騎手

 170707 キュンとするまち。藤沢杯-02

【櫻井光輔騎手コメント】
 (メインレースを勝って、初めて表彰台に登れて)とにかく嬉しいです。
 (コスモパープルに2回目の騎乗で)前回浦和で乗せて頂いた時には自分の仕掛けだったりレース展開の流れを勝ちに結びつけられなくて
 今回またチャンスを頂いたのでしっかり馬の能力を出し切って勝たせてあげようと思っていました。
 ハイペースかなと思ったので自分なりに少し控えて内ラチ沿いにつけて、終いの脚を行かせるようにしました。
 (ゴールでは)本当に嬉しくてつい(ガッツポーズをしてしまいました)
 これからも頑張って地方競馬を盛り上げていけるようなジョッキーになりますのでよろしくお願いします。

プレゼンターは湘南江の島海の王子:星友貴さんと、海の女王:青木美穂さん。

 170707 キュンとするまち。藤沢杯-03 170707 キュンとするまち。藤沢杯-04

【湘南江の島海の王子:星友貴さんによるPRコメント】
 川崎競馬場にお越しの皆様こんばんは。2016年湘南江の島海の王子の星友貴と申します。
 夏のイメージと言えば、江の島の海水浴というイメージが強いですね。
 江の島の片瀬海岸には東には500m、西には1kmの遠浅なビーチが広がっております。お子様でも安心してお楽しみ頂けます。
 また先日の海開きを皮切りに砂浜でもフラ(ダンス)の体験やビーチバレー、夜の江の島を幻想的な世界へひとめている江の島灯籠、そして納涼花火など様々なイベントが催されております。
 江の島マイアミビーチショー2017は8月末まで開催されていますので是非皆さんお越しください。川崎駅からは約40分ほどでお越し頂けます。
 皆様是非この夏は昼も夜も魅力たっぷりな江の島へお越しください。お待ちしてます。ありがとうございました。

最後は恒例の記念撮影

 170707 キュンとするまち。藤沢杯-05

関係者のみなさま、おめでとうございます。
 
江の島マイアミビーチショー2017 については こちら をご覧下さい。
 
 

平成29年度第4回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2017-07-08-Sat-08:00
今開催は2鞍、計13頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」。勝ち馬をご紹介致します。

6頭立てで行われた1レース。 距離900m
勝利したのは、伊藤裕人騎手騎乗のブルーファースト[牝]。

レースはゲートが開く瞬間に立ち上がってしまったオーラベガスが出遅れ、1番人気のマインドグリッターが度々気性面の若さを見せるなか、好スタートからすいすいと逃げたブルーファーストが、直線では差を広げる一方。
2着に8馬身差をつけデビュー戦を制しました。
タイム55秒5

 170707 スパーキングデビュー-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 ブルーファースト[牝] 武井 和実 厩舎

 父:スターリングローズ 母:レッドクレオパトラ (母の父:タヤスツヨシ)


7頭立てで行われた2レース。 距離900m
勝利したのは、赤岡修次騎手騎乗のトキノアビー[牝]。

レースはダッシュ力でヴォチェヴィーヴォが逃げ、その後ろを内:テラザマッハ、外:トキノアビーが追走する展開。
このまま逃げ切りかと思われましたが、直線に向いてエンジンがかかったトキノアビーが一気に突き抜けデビュー戦を制しました。
タイム56秒5

 170707 スパーキングデビュー-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 トキノアビー[牝] 八木 正喜 厩舎

 父:フリオーソ 母:メイプルラブチャン (母の父:アジュディケーティング)
 
 

第21回スパーキングレディーカップ(JpnIII)

2017-07-07-Fri-08:00
今年で21回目を迎えたスパーキングレディーカップ(JpnIII)
GRANDAME JAPAN 2017 古馬シーズンの開幕戦でもあります。
今年は、JRA4頭、南関東4頭、笠松2頭、兵庫、高知各1頭の計12頭で行われました。

レースは最内枠からトーコーヴィーナスが宣言していた通りに逃げ、その直後にプリンセスバリュー、アンジュデジール、ララベルが並んで追走。サクラフローラはその3頭の外をやや遅れて追走します。
断然の1番人気に推されたホワイトフーガは8番手で1周目のゴール板前を通過。
1角から2角にかけてホワイトフーガが掛かり気味に先頭集団に取りつき5番手まで上がっていきます。
プリンセスバリューが先頭集団から脱落して向かえた3角。トーコーヴィーナスを捕らえにかかるララベル、一気に先頭まで踊りでようかと捲っていくホワイトフーガ、一気にレースが動き始めます。
4角はララベル、その外にホワイトフーガが並びかけ、アンジュデジールは直線を待ってから追い出しを開始。
ララベルはホワイトフーガを振り切りますが、内から伸びてきたアンジュデジールは競り合う事もなく突き抜け、1馬身1/2差で優勝しました。

1周目直線 逃げたのはトーコーヴィーナス(兵庫)
 170705 スパーキングレディーカップ-01 170705 スパーキングレディーカップ-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

優勝はアンジュデジール(JRA)
 170705 スパーキングレディーカップ-03

 第21回 スパーキングレディーカップ 結果
 
口取り
 170705 スパーキングレディーカップ-04 170705 スパーキングレディーカップ-05

勝利ジョッキーは横山典弘騎手
 170705 スパーキングレディーカップ-06



プレゼンターは平成29年度川崎競馬イメージキャラクターで、当日トークショーも行った稲村亜美さん。
 170705 スパーキングレディーカップ-07

最後は恒例の記念撮影
 170705 スパーキングレディーカップ-08 170705 スパーキングレディーカップ-09

関係者のみなさま、おめでとうございます。
 
 
 ※騎手インタビュー動画

 ※調教師インタビュー動画

尚、川崎競馬からはドンナディヴィーノが参戦し、8着でした。
 170705 スパーキングレディーカップ-10 170705 スパーキングレディーカップ-11

今年のスパーキングレディーカップは昨年記録した同競走の売得金額レコード(4億7,110万9,300円)、ならびに同競走施行日における1日あたりの売得金レコード(14億1,088万9,860円)も更新しました。

 スパーキングレディーカップ競走の売得金レコードの更新について
 

準重賞 デイリー文月杯

2017-07-06-Thu-13:20
7月5日川崎競馬第11レースに「準重賞:デイリー文月杯」 が12頭立てで行われました。
1着馬には8月30日に行われるアフター5スター賞への優先出走権が与えられます。 

レースは真ん中から出ムチを入れてケイエスソードが出て行きますが、内からスウェプトアローがハナを取りきり1角へ。その後ろには内にツルオカボルト、外に断然人気に推されたサトノアビリティが追走します。
4角では前にいないと厳しいこの日の馬場、各馬向こう正面中程で逃馬を追いかけ始めます。3~4角中間でスウェプトアローは下がり始め、代わりにケイエスソードが先頭に立ち4角を回ります。
直後にはサトノアビリティ、ジョーオリオン、そして道中後方に居たインフォーマーがここまで押し上げて来ていました。
直線に入るとサトノアビリティは急失速。直線半ばでケイエスソードも脱落し、内ジョーオリオンと外インフォーマーの一騎打ちとなりましたが、ジョーオリオンが1/2馬身差粘りきった所がゴール。
アフター5スター賞への優先出走権を獲得しました。

 170705 デイリー文月杯-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 デイリー文月杯 結果

   
 
HOME NEXT