川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

川崎競馬×怪獣酒場『怪獣酒場の競馬場侵略作戦!!』vol.3 スタンプラリー開催中

2017-09-25-Mon-08:10
10月9日(月・祝)に競馬場侵略作戦vol3を計画しているという「怪獣酒場」が、川崎競馬場コラボレース開催を記念して
侵略史上初となる「スタンプラリー」が9月22日から行われています。

ウイング川崎特設コーナーでは「怪獣酒場」プチギャラリーも用意されています。

 170923 WING川崎内怪獣酒場ミニギャラリー-01 170923 WING川崎内怪獣酒場ミニギャラリー-01 170923 WING川崎内怪獣酒場ミニギャラリー-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

スタンプ押印机はこちらに設置されています。
 170923 WING川崎内怪獣酒場ミニギャラリー-01 170923 WING川崎内怪獣酒場ミニギャラリー-01

◆スタンプラリー実施要綱

 スタンプラリー

 スタンプラリー実施期間
 9月22日(金)~10月9日(月・祝、レース開催日まで)

 スタンプ設置場所と設置日・時間
 ・怪獣酒場 川崎 9月22日(金)~10月9日
 ・怪獣酒場 新橋蒸溜所 9月22日(金)~10月9日
 ・ウイング川崎特設コーナー 9月22日(金)~10月9日
 ・川崎競馬場内「出張怪獣酒場」 10月9日のみ
 ※専用スタンプ台紙は「怪獣酒場川崎」「怪獣酒場新橋蒸溜所」「ウイング川崎特設コーナー」の3か所での配布となります。
 
詳しくは 怪獣酒場 のHPにて御確認ください。
 
 
スポンサーサイト

藤江渉騎手の遠征結果(9月24日)

2017-09-25-Mon-08:00
9月24日に盛岡競馬場へ遠征した藤江渉騎手。
騎乗結果は下記の通りです。

 1R:サクセス 5着
 3R:キンショーイーグル 5着
 5R:スフェリスティリオ 1着
 6R:レースフェーベル 2着
 10R:スターフィッシュ 9着
 12R:エデンロック 7着 OROカップ

第5レースで1着となり、盛岡競馬場初勝利をあげました。

OROカップのパドック
 170924 藤江渉騎手-01 170924 藤江渉騎手-02 170924 藤江渉騎手-03
 ※画像をクリックすると大きくなります。
 
 

藤江渉騎手が9月24日に盛岡競馬場で騎乗

2017-09-22-Fri-22:00
藤江渉騎手が9月24日に盛岡競馬場で騎乗!

重賞のOROカップを含む6鞍に騎乗します。

 1R:1 サクセス
 3R:7 キンショーイーグル
 5R:8 スフェリスティリオ
 6R:6 レースフェーベル
 10R:5 スターフィッシュ
 12R OROカップ:11 エデンロック
 
 

「第9回浦和・船橋・大井・川崎・高知ジョッキーズ競走(UFOKKジョッキーズ競走)」 枠順確定

2017-09-14-Thu-17:45
今野忠成騎手と高知の赤岡修次騎手が同期であることから、高知競馬を応援するために始まった交流競走「浦和・船橋・大井・川崎・高知ジョッキーズ競走(UFOKKジョッキーズ競走)」

第9回を迎える今年も今野騎手をはじめ南関東4場から騎手が参戦、高知所属騎手と腕を競います。
なお、この競走の獲得賞金は騎手たちの厚意によって、児童養護施設に寄付され、社会福祉活動に役立てられます。

9回目となる「浦和・船橋・大井・川崎・高知ジョッキーズ競走(UFOKKジョッキーズ競走)」の枠順が発表になりました。

第9回UFOKKジョッキーズ競走
◆平成29年9月17日(土)
◆高知競馬場
◆サラブレッド系4歳以上高知競馬所属馬
◆南関東招待騎手5名
 加藤和博(浦和)、本田正重(船橋)、笹川翼(大井)、今野忠成(川崎)、山林堂信彦(川崎)
◆高知所属騎手7名
 赤岡修次、倉兼育康、永森大智、西川敏弘、宮川実、上田将司、岡村卓弥

 第1戦 第8競走(1300m 18時40分発走予定) 枠順

 第2戦 第10競走(1400m 19時45分発走予定) 枠順
 
 

大井・第54回東京記念(SII)

2017-09-14-Thu-08:00
JBCクラシック指定競走の第54回東京記念。
今年は16頭で争われました。

川崎からはジャーニーマンが参戦しました。

レースはジャーニーマン、キングミニッツ、サブノクロヒョウが先行しつつ他馬の出方を伺う中、最内を利して愛知のカツゲキキトキトがハナに出ていく展開。1番人気のユーロビートは後方内ラチ沿いを進み1周目のゴール板を通過します。
スローペースで流れたレースが動きだしたのは向こう正面。各馬が一斉に動き馬群がバラけ始め、カツゲキキトキトにジャーニーマンとサブノクロヒョウが並びかけようと3角を回ります。
4角でジャーニーマンが脱落、キングミニッツは外へ持ち出し直線の攻防へ。残り200mを切ってサブノクロヒョウが粘るカツゲキキトキトを交わすと最後は2馬身1/2差をつけて優勝。鞍上の和田譲治騎手は重賞初制覇となりました。

 170913 東京記念-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第54回東京記念 結果

ジャーニーマンは10着という結果でした。

10着:ジャーニーマン 
 170913 東京記念-02 170913 東京記念-03 170913 東京記念-04

赤岡騎手のコメント
「出遅れたぶんハナ切れなかったが、2番手でも競馬はできそうだね。距離も慣れてくれば対応できると思うし経験を積んでくれば」

 
 
HOME NEXT