FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

猪突猛進! 年男たちに2019年の誓いを語っていただきました。

2019-02-19-Tue-18:00
その年の神様からご加護を得やすいとされる「年男・年女」。
2019年は亥年で、猪突猛進という言葉があるように「物怖じせずまっしぐらに辛抱強く突き進む意志の強さがある」とされているようです。

川崎競馬の調教師・騎手の中にも年男が3人います。
「年男の誓い」を語っていただきましょう。
(誕生日順)

190218年男・増田充宏騎手

【増田充宏騎手 1983年9月30日生】
1月に長男が生まれたばかりなので、去年以上に稼いで赤ちゃんに還元できるように頑張ります。
年男ということなんですけど、意識するというよりも年を取ったなと気づかされる感じですね。猪なんで猪突猛進という言葉があると思うんですが、その言葉のように全力で突き進みます。
目標ですが、小さく言いうと最初に行ったように去年より勝ち星を増やしたい。数字的な目標で言いますと50勝以上勝ち星を挙げれるように頑張りたいと思います。


190218年男・阪上忠匡騎手
【阪上忠匡騎手 1983年12月15日生】
去年は、特に何も残せなかったので今年はちょっとでも何か残せるように一歩でも前進できるようにしていきたいですね。
騎手に復帰して、最初はレースで乗る感覚を忘れていたんで大変でしたけど、段々と前と同じようには乗れるようになってきてるかなという気はします。
騎手に復帰したのは、元々こういう世界でやりたいとは昔から思っていたということと今回、チャンスがあったので復帰しました。きつい仕事なので騎手試験を再受験のするか自問自答しましたが、せっかくチャンスがあるのでやろうと思って今に至ります。
今年の目標は、まずは一勝すること。本当は去年一つくらいはいけるかなと思ったんですけど、無理だったので早いところ結果残せるように頑張っていきます。
精一杯頑張っていきますので応援の程、よろしくお願いします。


190218年男・瀧川寿希也騎手

【瀧川寿希也騎手 1995年8月2日生】
新年から病気を患い、けがで苦しみ…あとは安全第一ですね。
でも安全第一ながら危険な橋を渡るタイプなので、それが吉と出てくれればいいなと思っています。
今年は、川崎の成績も昨年以上に増やしていきたいんですけど、新年こけすぎたので…。
我慢の年だと思うのでとにかくこれ以上怪我しないようにと思ってるんですが嫌な予感しかしないです(笑)
今、いい馬に多く載せてもらっているのでタイトルを1つでも多く獲得したいと思います。
他にはJRAの騎乗が増えてくると思うので、向こうでも早く1つ勝てるようにしたいですね。


年男たちの2019年。
それぞれ飛躍の一年になりますように!
スポンサーサイト

浦和・第11回ユングフラウ賞(SII) 優勝はポッドギル マーチャンスルーが3着で桜花賞の優先出走権獲得

2019-02-14-Thu-08:00
第11回ユングフラウ賞(SII)
1着から3着馬には桜花賞への優先出走権が与えられます。
今年は12頭で争われ、川崎からはマーチャンスルー、ゼットパッション、マルパソ、ビービーガナールの4頭が参戦しました。

レースは好スタートからハナを奪ったポッドギルが厳しい展開を物ともせず、トーセンガーネットの追撃を振り切って優勝。
3着には後方から追い込んできたマーチャンスルーが入り、この3頭が桜花賞への優先出走権を獲得しました。

優勝はポッドギル。
 190213 ユングフラウ賞-01 優勝 ポッドギル
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第11回ユングフラウ賞 結果

マーチャンスルーは3着、ゼットパッションは5着、マルパソは7着、ビービーガナールは12着という結果でした。

3着:マーチャンスルー
 190213 ユングフラウ賞-02 190213 ユングフラウ賞-03 190213 ユングフラウ賞-04

5着:ゼットパッション
 190213 ユングフラウ賞-05 190213 ユングフラウ賞-06 190213 ユングフラウ賞-07

7着:マルパソ
 190213 ユングフラウ賞-08 190213 ユングフラウ賞-09 190213 ユングフラウ賞-10

12着:ビービーガナール
 190213 ユングフラウ賞-11 190213 ユングフラウ賞-12 190213 ユングフラウ賞-13
 
 

瀧川寿希也騎手の遠征結果(2月11日遠征分)

2019-02-12-Tue-08:00
2月11日のJRA東京競馬に参戦した、瀧川寿希也騎手の遠征結果は下記の通りです。

2R:ララファル 15番人気16着
 190211 瀧川寿希也騎手-01 190211 瀧川寿希也騎手-02
※画像をクリックすると大きくなります。

3R:イサチルダイチ 9番人気12着
 190211 瀧川寿希也騎手-03

6R:サツキナデシコ 15番人気14着
 190211 瀧川寿希也騎手-04 190211 瀧川寿希也騎手-05

9R:イサチルルンルン 12番人気11着
 190211 瀧川寿希也騎手-06 190211 瀧川寿希也騎手-07

10R:デスティニーソング 10番人気7着
 190211 瀧川寿希也騎手-08 190211 瀧川寿希也騎手-09

11R:アークヴィグラス 9番人気9着 クイーンカップ(GIII)
 190209 瀧川寿希也騎手-10 190209 瀧川寿希也騎手-11 190209 瀧川寿希也騎手-12

12R:ケンデスティニー 14番人気15着
 190209 瀧川寿希也騎手-13

瀧川寿希也騎手コメント
 今回も成績は伴わなかったのは残念でした。
 東京競馬場は地方の競馬場と違ってコースが広い点は乗りやすかったですが、いつもの地方競馬のレースとは仕掛け所など分からなくて難しかったです。
 どのレースもスタートが良すぎて、馬の脚質と合わない競馬になってしまったり、前に行った事が裏目に出てしまったレースが多かったので、スタートをあまり出しすぎない事も必要だと学びました。
 芝コースはやっぱり乗りやすいですね。10R(ディスティニーソングに騎乗)はギリギリまで(追い出しを)我慢出来ましたが、馴れてないので追い出すタイミングで迷うところもありました。
 これからも色々学ぶことがあると思うので、この経験を次に活かしていきたいです。
 
 

共同通信杯に参戦したナイママは7着でした。(2月10日東京競馬遠征分)

2019-02-11-Mon-10:00
2月10日のJRA東京競馬に遠征した、川崎所属馬の遠征結果は下記の通りです。

 東京・第53回共同通信杯(3歳、GIII) 芝1,800m

  ナイママ[牡3] 7着

3コーナー手前で先団に並びかけ見せ場を作りましたが、直線坂を登りきった後の瞬発力勝負は分が悪く、結果7着でした。
 190210 共同通信杯-01 190210 共同通信杯-02 190210 共同通信杯-03
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 190210 共同通信杯-04 190210 共同通信杯-05 190210 共同通信杯-06

■河津裕昭調教師のコメント
 このメンバー相手に勝ちにいって、(道中で)動いた結果だからしょうがない。
 馬の状態も良かったし、距離が長くなればもっとやれていたと思う。
 総合的に成長していることは、間違いないんだが。

■柴田大知騎手のコメント
作戦通りにナイママの良い部分を引き出せるように乗ったんですけど、今回のように瞬発力勝負の競馬は合わないのかもしれないですね。ただ馬はこの間よりもスゴく良くなっていて、落ち着いていたし、直線も上に浮くような走りではなく、しっかり体を使い反応できていました。スムーズに反応できて、「おっ」と思ったんですけど。
馬は段段と良くなってきているので、あとはコースだとか展開だとかが上手く噛み合えば。次は今以上に乗り方も考えていきたいですね。
馬自身はどんどん良くなっていってるので、次のレースで皆さんを「おっ」と言わせる競馬が出来れば良いのですが。

 
 

2月10日東京競馬:共同通信杯に川崎からナイママが参戦します。

2019-02-09-Sat-10:26
2月10日のJRA東京競馬に、川崎所属馬が遠征予定です。

 2月10日 東京競馬11R 芝1,800m
 第53回共同通信杯(3歳、GIII)
 3枠3番 ナイママ[牡3] 河津裕昭厩舎 柴田大知騎手(JRA)

2月6日 追切の様子(川崎競馬場)
 190206 ナイママ-01 190206 ナイママ-02 190206 ナイママ-03
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 190206 ナイママ-04 190206 ナイママ-05 190206 ナイママ-06

 190206 ナイママ-07 190206 ナイママ-08 190206 ナイママ-09

追切動画
 

河津裕昭調教師コメント
 今回の最終追い切りは、意識的に最初から飛ばしてオーバーペース気味に行いました。
 追い切りは上々、動きが良かったです。
 一回使ったことでしっかりしてきたし、ずっと小向にいたから前よりも落ち着きも出てきました。
 中間も思うように調教出来、思っていたメニューは全てクリア出来ました。
 今回はレースの間隔を詰めた分、この馬にはいいと思っています。
 前回の課題だった切れ味ですが、切れる脚が使えるよう緩急をつけた調教を行いました。
 一つずつクリアしていっているので、今回も課題をクリアしていくのみです。
 よーいドンの競馬では分が悪い部分が出てくるかも知れませんが、その辺りもレースに行って攻略できればいいですね。
 馬場は、湿っててもパンパンでも関係ないと思います。
 上手くロングスパートを決められるように道中脚を残していけるレースが出来ればいいですね。
 乗り難しい部分はありますが、前半は溜めて、レースのペースが速くても遅くても早めに仕掛ける札幌2歳Sのような競馬を考えています。
 仕掛けてからエンジンがかかるのが遅い事が多かったので、その気にさせた時の切れる脚を見てみたいですね。
 飼葉もしっかり食べるし、丈夫だからしっかり調教を詰めて、馬の状態も良いからそれがなによりです。
 応援の程、宜しくお願いします。

1月14日の京成杯(GIII)では6着に敗れました、11月の東京スポーツから調子は上向き。
再びの中央競馬の重賞参戦となります。
河津裕昭調教師は2016年のトラスト以来のJRA重賞制覇を目指します。

 190208 ナイママ-01
 
 
HOME NEXT