FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

2018夏 川崎ジョッキーズカップ

2018-08-21-Tue-08:10
開催初日の7レースには恒例となった「川崎ジョッキーズカップ」
川崎ジョッキーズ14名によって争われる川崎競馬所属騎手限定競走です。

パドックに整列した川崎ジョッキーズ
 180820 2018夏 川崎ジョッキーズカップ-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

本馬場入場時、川崎ドリームビジョンでは川崎ジョッキーズの紹介画面が表示されました。
 180820 2018夏 川崎ジョッキーズカップ-02

川崎ジョッキーズ勝負服柄の襷をかけて誘導を行ったチーム誘導馬
 180820 2018夏 川崎ジョッキーズカップ-03

レースタイトル画面
 180820 2018夏 川崎ジョッキーズカップ-04

レース1周目直線 すべて川崎ジョッキーズ
 180820 2018夏 川崎ジョッキーズカップ-05

1周目ゴール前 逃げを打ったのは中越琉世騎手(ヨイチビーム)
 180820 2018夏 川崎ジョッキーズカップ-06

レースは4枠両頭伊藤裕人騎手(ワイマナロ)、瀧川寿希也騎手(デルマヤブラコウジ)が先頭かと思われた外から増田充宏騎手(ヤマニンイリザブル)、更に外から中越琉世騎手(ヨイチビーム)が一気にハナへ立って逃げの手に出ます。
さらにその後ろから山林堂信彦騎手(エスプリローズ)も上がっていくと1角を回った所でハナを奪います。デルマヤブラコウジは最内で折り合っての3番手。その外にヤマニンイリザブル、阪上忠匡騎手(シロイバラ)で縦長の展開に。
3角を回るとヨイチビームが前を捉えにかかりますが、直線でエスプリローズが突き放します。替わって外からデルマヤブラコウジが弾けるように末脚を伸ばし、あっさりと先頭に立つと最後は3馬身差をつけて完勝しました。

優勝は瀧川寿希也騎手騎乗のデルマヤブラコウジ
 180820 2018夏 川崎ジョッキーズカップ-07

 2018夏 川崎ジョッキーズカップ 結果

記念の口取り
 180820 2018夏 川崎ジョッキーズカップ-08

川崎ジョッキーズカップ 2度目の優勝となった瀧川寿希也騎手
 180820 2018夏 川崎ジョッキーズカップ-09

瀧川寿希也騎手コメント
 【おめでとうございます】ありがとうございます。
 (2017年冬の川崎ジョッキーズカップで)初めて勝たせて頂き、(今回も)初めて乗る馬で勝てて良かったです。
 川崎ジョッキーズカップは結構展開がガチガチになるので、馬と言うよりは人の心理戦の形になるので(事前に)いくつもイメージしていましたがちょっと予想外の展開になりましたが、結果が出せて良かったです。
 枠順が出た所で恐らく勝ち負け出来るだろうとは思っていましたが、逃げるか逃げ馬の外しかないと考えていましたが
 (いざレースで前へ)行こうと思った所で外から予想外の馬達が結構ガンガン来たので焦らずその後ろで折り合いつけて完璧な勝ち方が出来たと思います。
 5月ぐらいから少し地元で伸び悩んだんですけれど、先週の大井も良い騎乗が出来て良い流れできたので1つ1つ十分やるべき事をして結果を出していけたらと思います。
 まだ暑いのでファンの皆様も体調には気をつけて、また川崎競馬を応援して頂けたら嬉しいです。どうぞまた応援よろしくお願いします。

 

最後は筒浦副管理者と記念撮影
 180820 2018夏 川崎ジョッキーズカップ-10 180820 2018夏 川崎ジョッキーズカップ-11

瀧川寿希也騎手おめでとうございます。
 
 
スポンサーサイト

ニューダイトン バリキング杯

2018-08-21-Tue-08:00
開催初日の6レースには「ニューダイトン バリキング杯」が行われました。

レースは好スタートを切ったステルスブルーが逃げると、キネオアレグロは2番手に構えます。その後ろにトーホクコルト、シントーサクラが続き超スローペースで1角から2角へ流れていきます。
向こう正面でややペースアップしますが、思った程ペースは上がりません。3角で溜まらずキネオアレグロ、シントーサクラの手が大きく動き出しますが前との差が思うように詰まりません。
直線に入ると仕掛けを遅らせたトーホクコルトが2番手に上がり、前を追いかけますがステルスブルーは末脚もしっかりと2馬身1/2差で逃げ切りました。

優勝はステルスブルー
 180820 ニューダイトン バリキング杯-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 ニューダイトン バリキング杯 結果

勝利ジョッキーは増田充宏騎手
 180820 ニューダイトン バリキング杯-02

増田充宏騎手コメント
 【おめでとうございます】ありがとうございます。
 (逃げ切り勝ちしましたが)ちょっと引っ掛かってしまい最後心配だったんですけど、後ろから馬が来た時(馬が)反応していたのでこれなら大丈夫だと思いました。
 今回のメンバー構成からして逃げられそうな感じだったので、調教師とも話しをして逃げられるようなら最初から逃げようと思っていました。
 最初に引っ掛かってしまったのが悪い点だったと思いますけれど、それ以降は自分でも合格点(な騎乗)だったと思います。
 (こんなに)頑張って走ってくれる馬だと思っていなかったので、次も乗せて貰えるよう頑張っていきたいと思います。
 【今日の副賞はお酒なんですが?】申し訳ないのですが、全く飲めません(場内笑い)
 今日は天候もだいぶ涼しくなり過ごしやすい競馬日和だと思いますので、どんどん馬券を買って楽しんでいってください。どうもありがとうございました。

プレゼンターはK-Doing代表取締役社長:近藤智浩様(右)、サッポロビール近畿圏本部近畿統括支社大阪支社:小川智貴様(左)が務めました。
 180820 ニューダイトン バリキング杯-03

近藤智浩様によるPRコメント
 180820 ニューダイトン バリキング杯-04

 サッポロビール様のバリキングというお酒をうちの「ニューダイトン」というお店で販売数日本一となりましたので、今日このようなレースを企画して頂きました。
 是非、大阪に来られましたら「ニューダイトン」をよろしくお願い致します。

最後は恒例の記念撮影
 180820 ニューダイトン バリキング杯-05

関係者のみなさま、おめでとうございます。

サッポロビール・バリキングの詳細については こちら をご覧下さい。
ニューダイトン(大衆酒場)の詳細については こちら をご覧下さい。
 
 

瀧川寿希也騎手 400勝達成!

2018-08-13-Mon-08:00
瀧川寿希也騎手が8月13日の大井競馬8レースにて、キングタイド(セ5歳・福田真広厩舎)で勝利し、通算400勝を達成しました。

400勝を達成した13日の第8レース
 180813 瀧川寿希也騎手 400勝-01 180813 瀧川寿希也騎手 400勝-02 180813 瀧川寿希也騎手 400勝-03
 ※画像をクリックすると大きくなります。

口取り
 180813 瀧川寿希也騎手 400勝-04

瀧川寿希也騎手コメント
 「200勝を挙げたあたりから勝ち星がスピードアップしてきました。400勝はあくまで通過点ですが、このところいいリズムで競馬ができているのを感じます。」

瀧川寿希也騎手、ならびに関係者のみなさま、おめでとうございます。

瀧川寿希也(たきがわ じゅきや)騎手
地方競馬通算成績4,333戦400勝
2着393回 3着402回 4着419回 5着394回 着外2,345回
(平成30年8月13日第8レース終了時点)

・生年月日 平成7年8月2日
・出身地  神奈川県
・初騎乗  平成25年4月15日川崎1Rチェリーベビー
・初勝利  平成25年4月15日川崎4Rジュウニントイロ

・重賞勝利 3勝 → 一覧はこちら
 
 

「第23回 ねぶくろシネマ@川崎競馬場」が7月28日(土)に実施されます!

2018-07-26-Thu-15:16
【延期が決定!】
明日7月28日に開催予定でした「ねぶくろシネマ@川崎競馬場」は、台風による影響で8月中へと延期になりました。
日程が決定しましたらあらためてお知らせいたします。


180728ねぶくろシネマ順延




「第23回 ねぶくろシネマ@川崎競馬場」が7月28日(土)に川崎競馬場で実施されます。

180728ねぶくろシネマ
※写真をクリックすると大きくなります。

日頃はレースが映し出されるドリームビジョン(幅72m ×高さ16m)が巨大スクリーンとなる1日限りの野外シアター。
今年の上映作品はバック・トゥ・ザ・フューチャー(※日本語吹替版)です。

広い内馬場の芝生広場でゴロンとなって鑑賞したいところでしたが、どうやら台風が接近し、天気予報は雨。

昨年実施した際も雨でしたが、皆さん2号スタンド2階から鑑賞。
迫力あるシーンを十分に楽しむことができました。

夏休みの思い出に野外映画はいかがでしょうか。

■実施概要
第23回 ねぶくろシネマ@川崎競馬場
開催日程: 2018年7月28日(土)
開催時間: 9時〜 川崎競馬場 開場
※16:50~17:30は施設の都合で入退場できません。

場所取り: 16時〜場所取り可能
上映時間: 18:30-20:30(上映時間:116分)
※雨天時は屋内スタンドでの鑑賞

上映作品: バック・トゥ・ザ・フューチャー(※日本語吹替版)

会  場: 川崎競馬場(芝生広場もしくは屋内スタンド)
駐車場 : 無料(730台)
参加費用: 無料
参加方法: 事前申し込み不要、当日会場に集合
対 象: どなたでも

詳しくは ねぶくろシネマ FACEBOOK をごらんください。

船橋・第8回習志野きらっとスプリント(SII)

2018-07-26-Thu-08:00
第8回習志野きらっとスプリント。
スーパースプリントシリーズ2018のFinalレースで、今年からSIIIからSIIへと格上げされました。

今年は園田FCスプリント優勝馬エイシンテキサス、グランシャリオ門別スプリント3着タイセイバンデットをはじめ、北海道1頭、笠松1頭、兵庫1頭、高知1頭、佐賀3頭が参戦し14立てで争われました。
1着になった南関東所属馬にはアフター5スター賞と東京盃への、また2着以内となった南関東所属馬にはオーバルスプリントへの優先出走権が与えられます。
今年は11頭で争われ、川崎からはラディヴィナが参戦しました。

レースは断然1番人気のアピアが出負けし場内がどよめく中、ラディヴィナが好スタートを決めますが、内から一昨年のこのレースの覇者フラットライナーズが押して押して先頭に立ちます。
外枠のクルセイズスピリツ、エイシンテキサスは内を行く2頭にと併走しながら3角を目指します。3角を回る頃にはアピアが前を行く4頭の3馬身差まで盛り返してきています。
4角を回ると、必死に粘っているフラットライナーズとクルセイズスピリツの間を割ってアピアが抜け出し、1馬身差で優勝しました。

優勝はアピア
 180725 習志野きらっとスプリント-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第8回習志野きらっとスプリント 結果

ラディヴィナは積極的に先頭争いをしましたが、最後は7着という結果でした。

7着:ラディヴィナ
 180725 習志野きらっとスプリント-02 180725 習志野きらっとスプリント-03 180725 習志野きらっとスプリント-04
 
 
HOME NEXT