FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

2021川崎ジョッキーズカップ第8戦 優勝は古岡勇樹騎手

2021-09-16-Thu-08:10
開催3日目の最終レースには、「川崎ジョッキーズカップ第8戦」が行われました。

パドックに整列した川崎ジョッキーズ
 210915 2021川崎ジョッキーズカップ第8戦-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

川崎ジョッキーズ勝負服柄の襷をかけて誘導を行ったチーム誘導馬
 210915 2021川崎ジョッキーズカップ第8戦-02

レースタイトル
 210915 2021川崎ジョッキーズカップ第8戦-03

レース1周目直線、すべて川崎ジョッキーズ
 210915 2021川崎ジョッキーズカップ第8戦-04

1周目ゴール前 逃げを打ったのは田中涼騎手(ミッシーコルザ)
 210915 2021川崎ジョッキーズカップ第8戦-05

速い流れの中、後方待機していた古岡勇樹騎手(イグレック)が3角からスパート。4角で早くも先頭集団に取りつくと、最後の直線では内から伸びてきた池谷匠翔騎手(ジョウハリ)とゴールまで激しい叩き合い。同期2名による追い比べはハナ差で古岡勇樹騎手に軍配が上がりました。

優勝は古岡勇樹騎手(イグレック、八木仁厩舎)
※2021シーズンは2回目、通算5回目の川崎ジョッキーズカップ制覇※
 210915 2021川崎ジョッキーズカップ第8戦-06

 210915 2021川崎ジョッキーズカップ第8戦-07

 2021川崎ジョッキーズカップ第8戦 結果

無観客開催のため表彰式は行われませんでしたが、カツマルくんボードの前で優勝トロフィーを手に記念撮影。
 210915 2021川崎ジョッキーズカップ第8戦-08
「この馬に乗った事のあるいろいろな騎手からクセなどを聞いて挑みました。最後は接戦となりましたが馬の力を感じたので必死に追い、僅差でしたが6割方勝てたと思いました。(同期の池谷匠翔騎手が勝っていたら川崎ジョッキーズカップ初優勝だったようですが)お祭り男の座は譲れません(笑)」


古岡勇樹騎手、おめでとうございます。


尚、川崎ジョッキーズカップ第8戦終了時点の順位は下記の通りとなりました。
1位:古岡  勇樹騎手90ポイント
2位:酒井   忍騎手87ポイント
3位:町田  直希騎手77ポイント
4位:櫻井  光輔騎手72ポイント
5位:山崎  誠士騎手66ポイント
6位:今野  忠成騎手62ポイント
7位:山林堂信彦騎手57ポイント
   増田  充宏騎手57ポイント
9位:藤江   渉騎手51ポイント
10位:拜原 靖之騎手47ポイント
    伊藤  裕人騎手47ポイント
12位:田中   涼騎手46ポイント
13位:岡村 裕基騎手39ポイント
14位:池谷 匠翔騎手32ポイント
15位:神尾 香澄騎手30ポイント
16位:中越 琉世騎手16ポイント
17位:阪上 忠匡騎手11ポイント
18位:本田 紀忠騎手7ポイント
となりました。

今年から正月開催を除く毎開催で実施、12月の最終戦までシリーズ化された川崎ジョッキーズカップのポイントや順位の詳細につきましては特設ページ(随時更新予定)をご覧ください。
※尚、10月開催は重賞当日にヤングジョッキーズシリーズトライアルラウンド川崎が行われるため、第9戦は11月開催時となります。

 2021川崎ジョッキーズカップシリーズについて
 
 
スポンサーサイト



第50回戸塚記念(SI) 優勝はセイカメテオポリス

2021-09-16-Thu-08:00
開催3日目のメインレースは第50回戸塚記念(SI)

3歳秋のチャンピオンシップカテゴリーB競走。
今年は11頭立てで行われました。

ジャパンダートダービー馬が逃げ、上位人気馬がそれをびったりとマーク。最後の直線で先に抜け出した馬でも外から襲いかかった馬でもなく、内から突き抜けたのは中団で脚を溜めていたセイカメテオポリス。
同じように内を突いて伸びるもクビ差2着だった昨年の鎌倉記念、結果が出なかった春のクラシックの悔しさを一気に晴らすような鮮やかなレースぶりで念願の初タイトルを手にしました。

優勝はセイカメテオポリス(大井:渡邉和雄厩舎)
 210915 戸塚記念-01 優勝はセイカメテオポリス

 第50回戸塚記念 結果

レース後の検量所前
 

口取り
 210915 戸塚記念-02 210915 戸塚記念-03

今開催はコロナウィルス感染拡大防止の観点から表彰式は行われず、ウィナーズサークルにて優勝騎手・調教師のインタビューのみが行われました。

勝利ジョッキーは矢野貴之騎手
 210915 戸塚記念-04

 

勝利調教師は渡邉和雄調教師
 210915 戸塚記念-05

 

関係者のみなさま、おめでとうございます。


尚、川崎競馬からはピースオブホース、スセリヒメの2頭が参戦しました。

9着:ピースオブホース
 210915 戸塚記念-06 210915 戸塚記念-07 210915 戸塚記念-08

11着:スセリヒメ
 210915 戸塚記念-09 210915 戸塚記念-10 210915 戸塚記念-11


尚、戸塚記念の誘導馬はSI重賞に相応しい格調高いドレス風の衣装で登場しました。
 210915 戸塚記念-12 210915 戸塚記念-13 210915 戸塚記念-14

今年の戸塚記念は同競走の売得金額レコードを更新(7億4,187万2,400円)するとともに、同競走施行日における1日あたりの売得金のレコードを更新しました。

 第50回 戸塚記念競走(SⅠ)の結果について
 
 

若武者賞(鎌倉記念トライアル) 優勝はノブレスノア

2021-09-15-Wed-08:10
開催2日目の11レースはJRA認定:若武者賞(鎌倉記念トライアル)

1・2着馬には鎌倉記念(SII)への優先出走権が与えられます。
今年は12頭立てで行われました。

好スタートを切ったノブレスノアは、先手を主張するタツノエクスプレスを行かせた2番手外側を追走。3角過ぎに馬なりで逃げ馬に並びかけると、直線残り100mで交わして最後は2馬身1/2差をつけて優勝。
2着に逃げ粘ったタツノエクスプレスと共に鎌倉記念への優先出走権を獲得しました。

優勝はノブレスノア(浦和:小久保智厩舎)
 210914 若武者賞(鎌倉記念トライアル)-01 優勝はノブレスノア
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 210914 若武者賞(鎌倉記念トライアル)-02 優勝はノブレスノア

 若武者賞(鎌倉記念トライアル) 結果

関係者のみなさま、おめでとうございます。

2着:タツノエクスプレス
 210914 若武者賞(鎌倉記念トライアル)-03 タツノエクスプレス
 
 

山崎誠士騎手 1,600勝達成!

2021-09-15-Wed-08:00
山崎誠士騎手が9月14日の川崎競馬第10レースにて、カルフレグランス(甲田悟史厩舎)で勝利し、地方競馬通算1,600勝を達成しました。

 210914 山崎誠士騎手 1,600勝達成-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 210914 山崎誠士騎手 1,600勝達成-02 210914 山崎誠士騎手 1,600勝達成-04

口取り
 210914 山崎誠士騎手 1,600勝達成-03 210914 山崎誠士騎手 1,600勝達成-05

山崎誠士騎手コメント
210914 山崎誠士騎手 1,600勝達成-06
1,600勝となりましたが、まだ2,000勝に向かっての通過点です。それでも1年に1回くらいのペースで区切り勝利をあげられるようであれば、それだけ勝てていると言う事なので良いですね。1つ1つ、目の前のレースを丁寧に乗って、1つでも多く勝てるように、その結果で勝ち星が積み上がってくれればいいかなと思います。
南関東所属騎手はオールシーズン騎乗があるので体調管理には気を使っていますが、30歳後半になり体が衰えないようにトレーニングを積んだり、『美しい体』を手に入れるために(競馬に)必要ない部分まで筋トレするようになりました。
コロナが流行りだして体調管理から転じて、体の『美』に目覚めてしまいました。いずれボディメイクが仕上がったら(ファンの方に)お披露目とか出来ればと思います。騎手の水着カレンダーとか需要はあるんでしょうかね?(笑)


山崎誠士騎手 おめでとうございます。

山崎誠士(やまざき せいじ)騎手
 初出走:2003年10月27日 オレンジサッシュ
 初勝利:2003年10月28日 ヨーカンドパリ
 成績(令和3年9月14日第10レース現在):15,234戦1,600勝
  2着1,566回 3着1,547回 4着1,526回 5着1,389回 着外7,606回

・重賞勝利 22勝 一覧はこちら
 
 

大井・第58回東京記念(SI) 優勝はフレッチャビアンカ

2021-09-09-Thu-08:10
大井・第58回東京記念。

1着~5着馬には埼玉新聞栄冠賞(SIII)への優先出走権が与えられます。
今年は16頭で争われ、川崎からはマンガンが参戦しました。

馬群の中で折り合いに専念していたフレッチャビアンカが向こう正面半ばから位置取りを上げていき、最後の直線では先に抜け出したエメリミットをキッチリとクビ差差し切り。5つ目の重賞制覇は南関東での初重賞制覇となりました。
また、2着~5着となったエメリミット、フィアットルクス、ストライクイーグル、サトノプライムと共に埼玉新聞栄冠賞への優先出走権を獲得しました。

優勝はフレッチャビアンカ(船橋:川島正一厩舎)
 210908 東京記念-01 優勝はフレッチャビアンカ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 大井・第58回東京記念 結果

マンガンは7着という結果でした。

7着:マンガン
 210908 東京記念-02 210908 東京記念-03 210908 東京記念-04
 
 
HOME NEXT