FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

船橋・第64回クイーン賞(JpnIII)

2018-12-13-Thu-08:00
第64回クイーン賞。
1・2着馬となった地方競馬所属馬にはTCK女王盃への、1着となった地方競馬所属馬にはエンプレス杯への優先出走権が与えられます。
今年は11頭で争われ、川崎からはドンナディヴィーノが参戦しました。

レースは逃げたアイアンテイラーが食い下がるサルサディオーネを振り切って3馬身差で優勝しました。。

優勝はアイアンテイラー
 171212 クイーン賞-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第64回クイーン賞 結果

ドンナディヴィーノは11着という結果でした。

11着:ドンナディヴィーノ
 171212 クイーン賞-02 171212 クイーン賞-03 171212 クイーン賞-04

   
 
スポンサーサイト

川崎ナイター競馬連絡協議会特別

2018-12-01-Sat-08:20
開催5日目の11レースには「川崎ナイター競馬連絡協議会記念」が行われました。

レースは3頭が横並びとなり速いペースの中、後方で脚をためていたケンネプチューンが3角から進出を開始すると4角では先頭に並びかけ、最後は3馬身差で圧勝しました。

優勝はケンネプチューン
 181130 川崎ナイター競馬連絡協議会記念-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 川崎ナイター競馬連絡協議会記念 結果

勝利ジョッキーは町田直希騎手
 181130 川崎ナイター競馬連絡協議会記念-02

町田直希騎手コメント
 【おめでとうございます】ありがとうございます。
 縦長の前が速い、この馬に丁度良い展開になったと思います。
 今日は馬が非常に落ち着いていたので、馬の力で勝てるなと思い、馬を信じて騎乗しました。
 今開催は結構調子が良いので(6勝)このまま次開催も一杯勝てればいいなと思います。

プレゼンターは川崎区旭町1丁目町内会長:森清様が務めました。
 181130 川崎ナイター競馬連絡協議会記念-03

最後は恒例の記念撮影
 181130 川崎ナイター競馬連絡協議会記念-04

関係者のみなさま、おめでとうございます。
 
 

よみうりらんどジュエルミネーション記念

2018-12-01-Sat-08:10
開催5日目の9レースには「よみうりらんどジュエルミネーション記念」が行われました。

レースは激しいハナ争いの中、3角で一旦3番手に下がったガーネットノームが直線渋とく伸びて半馬身差し切った所がゴールでした。

優勝はガーネットノーム
 181130 よみうりらんどジュエルミネーション記念-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 よみうりらんどジュエルミネーション記念 結果

勝利ジョッキーは左海誠二騎手
 181130 よみうりらんどジュエルミネーション記念-02

左海誠二騎手コメント
 【おめでとうございます】ありがとうございます。
 900m戦ですし、前めに居なければ勝負にならないと思っていたので良いポジションで競馬を進められて良かったです。
 まだまだ(3歳ですし)楽しみです、短距離路線で活躍できればと思います。
 今年も残り1ヶ月なので、とにかく怪我しないように1鞍1鞍大事に騎乗したいと思います。応援よろしくお願いします。

プレゼンターはよみうりランド常務取締役、川崎競馬場場長:中村博様が務めました。
 181130 よみうりらんどジュエルミネーション記念-03

最後は恒例の記念撮影
 181130 よみうりらんどジュエルミネーション記念-04

関係者のみなさま、おめでとうございます。

よみうりらんどのジュエルミネーションの詳細については こちら をご覧下さい。
 
 

平成30年度第9回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2018-12-01-Sat-08:00
今開催は3鞍、24頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」の勝ち馬をご紹介いたします。

1頭が競走除外となり、8頭立てで行われた1レース。 距離1400m
勝利したのは、山崎誠士騎手騎乗のゼットパッション  [牝]。

レースは逃げたゼットパッションが終始余裕を持ったまま、1馬身差をつけてデビュー戦を制しました。
タイム1分33秒2

 181130 スパーキングデビュー-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー 1R 結果

 ゼットパッション  [牝] 佐々木 仁 厩舎

 父:グランプリボス 母:バイブレイションズ (母の父:キングカメハメハ)


7頭立てで行われた2レース。 距離1400m
勝利したのは、山崎誠士騎手騎乗のユメノツヅキ [牡]。

レースは好位に控え、3角から進出を開始したユメノツヅキが直線で抜け出し1馬身差でデビュー戦を制しました。
タイム1分34秒2

 181130 スパーキングデビュー-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー 2R 結果

 ユメノツヅキ  [牡] 平田 正一 厩舎

 父:セレン 母:ダブルプライム (母の父:ゴールドアリュール)


9頭立てで行われた3レース。 距離1400m
勝利したのは、早田功駿騎手騎乗のエースアクシス [牝]。

レースはスタートから競り合う2頭を見ながら3番手に控えたエースアクシスが直線だけで約8馬身の差を一気に縮めて差し切り勝ち。デビュー戦を制しました。
タイム1分32秒7

 181130 スパーキングデビュー-03
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー 3R 結果

 エースアクシス  [牝] 佐々木 仁 厩舎

 父:ローレルゲレイロ 母:センターシャイネン (母の父:ブライアンズタイム)
 
 

準重賞:東京スポーツ霜月杯(報知オールスターカップトライアル)

2018-11-30-Fri-08:20
開催4日目のメインレースには準重賞:東京スポーツ霜月杯(報知オールスターカップトライアル)が12頭立てで行われました。
1着馬には報知オールスターカップへの優先出走権が与えられます。

レースは逃げの手に出たジャーニーマンがナガラキコウシの追撃を振り切り逃げ切り勝ち、報知オールスターカップへの優先出走権を獲得しました。

優勝はジャーニーマン
 181129 準重賞:東京スポーツ霜月杯(報知オールスターカップトライアル)-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 準重賞:東京スポーツ霜月杯(報知オールスターカップトライアル) 結果
 
 
HOME NEXT