FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

旧吉田茂邸オープン3周年記念特別 優勝はケイティーセキトバ

2019-06-15-Sat-08:10
開催5日目の11レースには、旧吉田茂邸オープン3周年記念特別が行われました。

レースは各馬が互いの出方を伺う中、ハナを主張したケイティーセキトバがそのまま逃げてマイペースに持ち込むと、最後の直線に入っても脚色は衰えずまんまと逃げ切り勝ちを収めました。

優勝はケイティーセキトバ
 190614 旧吉田茂邸オープン3周年記念特別-01 優勝はケイティーセキトバ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 旧吉田茂邸オープン3周年記念特別 結果

勝利ジョッキーは加藤和博騎手
 190614 旧吉田茂邸オープン3周年記念特別-02

加藤和博騎手コメント
 【おめでとうございます】ありがとうございます。
 (この馬には)前走と今回の2回目の騎乗となりましたが、前走のレースっぷりもテン乗りで折り合いを欠いてちぐはぐなレースだったので、今回はメンバー的に行ければ(ハナに)行って折り合いだけ気をつけようと思ってました。
 馬体重は+12キロでしたが、馬体が減っていた時期もあり戻ってきたという感じで毛艶も良かったですし返し馬も良かったので行ければ粘れるかなと思ってました。
 今日は昇級緒戦だったので、相手も骨っぽいメンバーでしたが4角の手応えも良かったですし、最後はなんとか頑張ってくれと追っていました。
 (今日勝って)これからもこのクラスで十分通用するという事が分かったのでもっと上を目指していきたいです。
 本日はメインレースまでご観戦ありがとうございます。浦和からの遠征だったんですけれど、この馬もこれからもっと良くなっていろいろな競馬場で活躍出来ると思いますのでこれからもご声援よろしくお願いします。

プレゼンターは公益社団法人大磯町観光協会専務理事:石井晴夫様が務めました。
 190614 旧吉田茂邸オープン3周年記念特別-03

石井晴夫様によるPRコメント
 1868年「江戸」から「東京」に改称されまして昨年150年を迎えました。それを機に吉田茂をはじめ、大磯町では8人の宰相が居を構えた所でございます。
 初代総理大臣伊藤博文公西園寺邸、大隈重信邸、時の外務大臣陸奥宗光邸、こちらの整備が一般開放に向けて着々と進められています。それが明治記念大磯庭園でございます。
 そして7月、燦々と輝く大磯に相応しい季節が来ます。8日の日に海水浴場発祥の地と言われる大磯の海水浴場がオープン致します。
 月末27日には「なぎさの祭典」もあります。是非、この機に大磯町に足を運んで頂ければ幸いです。

最後は恒例の記念撮影
 190614 旧吉田茂邸オープン3周年記念特別-04

関係者のみなさま、おめでとうございます。

「大磯町:なぎさの祭典」の詳細については こちら をご覧下さい。
 
 
スポンサーサイト

令和元年度第3回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2019-06-15-Sat-08:00
今開催は3鞍、計22頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」。勝ち馬をご紹介致します。

7頭立てで行われた1レース。 距離900m
勝利したのは、町田直希騎手騎乗のダンディーヴォーグ[牡]。

レースは最内枠からスタートで出負けしたものの二の脚の速さで先頭に立ったダンディーヴォーグが、4角を回って肩ムチ1つで鋭く反応。9馬身差をつけデビュー戦を制しました。
タイム54秒8

 190614 スパーキングデビュー-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 ダンディーヴォーグ[牡] 内田 勝義 厩舎

 父:ヴィットリオドーロ 母:ラッキーガール (母の父:サウスヴィグラス)


8頭立てで行われた2レース。 距離900m
勝利したのは、左海誠二騎手騎乗のコガラスマル[牡]。

レースは好スタートを決めたコガラスマルが併走していたカルキノスを直線で一気に引き離し、8馬身差をつけデビュー戦を制しました。
タイム55秒3

 190614 スパーキングデビュー-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 コガラスマル[牡] 高月 賢一 厩舎

 父:クロフネ 母:フェイズシフト (母の父:サクラバクシンオー)


7頭立てで行われた3レース。 距離900m
勝利したのは、櫻井光輔騎手騎乗のゴールデンオパール[牡]。

レースはサンレノックスが一旦先頭に立ちましたが、内から押してゴールデンオパールがハナへ。直線鋭く追い込んできたシナノビクターの追撃を1馬身1/2差凌ぎきってデビュー戦を制しました。
タイム56秒2

 190614 スパーキングデビュー-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 ゴールデンオパール[牡] 岩本 洋 厩舎

 父:ノーザンリバー 母:アップルトウショウ (母の父:アンバーシヤダイ)
 
 

川崎スパーキングスプリント(習志野きらっとスプリントトライアル) 優勝はラディヴィナ

2019-06-14-Fri-08:10
開催4日目の11レースには川崎スパーキングスプリント(習志野きらっとスプリントトライアル)が7頭立てで行われました。
1着馬には習志野きらっとスプリント(SII)への優先出走権が与えられます。

レースは小久保智厩舎の3頭が並んで4角を回ったその後ろから前が開かず進路を2度変えながらも最内を鋭く伸びてきたラディヴィナが大外強襲のヨンカーをハナ差で凌ぎ切って川崎スパーキングスプリント連覇を達成。
習志野きらっとスプリントへの優先出走権を獲得しました。

優勝はラディヴィナ(高月賢一厩舎)
 190613 スパーキングスプリント(習志野きらっとスプリントトライアル)-01 優勝はラディヴィナ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングスプリント(習志野きらっとスプリントトライアル) 結果
 
 

サンクス増建賞 優勝はブースター

2019-06-14-Fri-08:00
開催4日目の10レースには「サンクス増建賞」が11頭立てで行われました。

レースは大外枠から力強く先頭に立ったブースターが詰め寄るフィーユドトネールを振り切って優勝し、南関東転入後7連勝。通算で9連勝を飾りました。

優勝はブースター(佐藤博紀厩舎)
 190613 サンクス増建賞-01 優勝はブースター
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 サンクス増建賞 結果

勝利ジョッキーは山林堂信彦騎手
 190613 サンクス増建賞-02

山林堂信彦騎手コメント
 【おめでとうございます】ありがとうございます。
 今回は休み明けで、追い切りで跨ってもちょっと出来は五分くらいに感じ、これで勝てるのかな?とちょっと心配で、後は馬の自力頼りでしたがよく走ってくれました。
 直線向いた時は多少の手応えがあったんですけど、やはり重い分最後止まったかなと感じましたが、他馬が並びかけてきたらまた伸びてくれて安心しました。
 今日(休み明けでも)勝ってくれたので、またこの先が楽しみになってきました。
 これからもどこまで連勝を伸ばせるか分かりませんが、プレッシャーを感じないように馬と一緒に頑張って行きますのでこれからも応援よろしくお願いします。

プレゼンターは株式会社増建代表取締役:増澤一明様が務めました。
 190613 サンクス増建賞-03

最後は恒例の記念撮影
 190613 サンクス増建賞-04

関係者のみなさま、おめでとうございます。

「株式会社増建」の詳細については こちら をご覧下さい。
 
 

第55回関東オークス(JpnII) 優勝はラインカリーナ

2019-06-13-Thu-08:40
開催3日目の11レースは第55回関東オークス(JpnII)
今年はJRA所属馬4頭、ホッカイドウ競馬所属馬1頭が参戦し、14頭立てで行われました。

レースは内から先手を伺うアークヴィグラス、リトミックグルーヴを交わして大外から一気にラインカリーナが先頭に立つと十分にペースを落とし、2周目向こう正面から再度ペースアップ。マドラスチェックが懸命に食らいつきますがまんまと逃げ切り勝ち。
鞍上の武藤雅騎手は父:武藤善則調教師の管理馬で嬉しい重賞初勝利となりました。

優勝はラインカリーナ
 190612 関東オークス-01 優勝はラインカリーナ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第55回関東オークス 結果

レース後の検量所前
 

口取り
 190612 関東オークス-02 190612 関東オークス-03

勝利ジョッキーは武藤雅騎手
 190612 関東オークス-04

 

表彰式
 190612 関東オークス-05

最後は恒例の記念撮影
 190612 関東オークス-06

関係者のみなさま、おめでとうございます。

※騎手インタビュー動画
 

※調教師インタビュー動画
 

尚、川崎競馬からはグローリアスライブ、ゼットパッション、リトミックグルーヴ、ナインシュヴァハの4頭が参戦しました。

8着:グローリアスライブ
 190612 関東オークス-07 190612 関東オークス-08 190612 関東オークス-09

9着:ゼットパッション
 190612 関東オークス-10 190612 関東オークス-11 190612 関東オークス-12

10着:リトミックグルーヴ
 190612 関東オークス-13 190612 関東オークス-14 190612 関東オークス-15

14着:ナインシュヴァハ
 190612 関東オークス-16 190612 関東オークス-17 190612 関東オークス-18

今年の関東オークスは平成30年に記録した同競走の売得金額レコード(5億8,005万1,200円)を更新しました。

 関東オークス競走の売得金レコードの更新について
 
 
HOME NEXT