川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

準重賞 週刊ギャロップ 葉月杯

2017-08-23-Wed-08:10
開催2日目のメインレースは準重賞「週刊ギャロップ 葉月杯」。
当初31頭いた登録馬から回避が相次ぎ、6頭立てで行われました。

レースはスタートで両隣りのゴーオン、ドンナディヴィーノに挟まれたかと思われたニチドウリュンヌでしたが押して押してハナを主張。
それを見るようにベイビータピットがピッタリと2番手を追走。向こう正面で前に並びかけようとしますがペースを上げて突き放すニチドウリュンヌ。
3コーナーを周りペースの落ちたニチドウリュンヌを再度捕らえに行くベイビータピットですが、直線に入り的場文男騎手が全身を使って追い出すとまた突き放すニチドウリュンヌ。
結局最後は1馬身差で振り切りニチドウリュンヌが逃げ切り勝ちしました。

 170822 週刊ギャロップ 葉月杯-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 週刊ギャロップ 葉月杯 結果
 
 
スポンサーサイト

JRA認定 シャイニングフューチャー賞

2017-08-23-Wed-08:00
開催2日目の8月22日、第2レースにはJRA認定2歳戦シャイニングフューチャー賞が1頭競走除外の8頭立てで行われました。

レースは内からシナノカツハヤが好スタートから逃げ、2番手にポッドジゼルが付けて1コーナーを周りますが2コーナー手前でペースが落ちた所を外からシナノリトルが先頭に並びかけます。
向こう正面半ばで一気にペースが上がり3コーナー、ここでポッドジゼルが追い出しを開始。合わせて好位追走組も前を捕らえに動きます。
直線を向くとセイヴェルビットとポッドジゼルの追い比べがゴールまで続きましたが、ポッドジゼルがクビ差振り切って優勝しました。

 170822 JRA認定 シャイニングフューチャー賞-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 JRA認定 シャイニングフューチャー賞 結果
 
 

みんなあつまれ2017杯

2017-08-22-Tue-08:10
開催初日の8月21日、メインレースにはみんなあつまれ2017杯が行われました。
また2号スタンド1階特設会場では「みんなあつまれ2017」イベントのPRや、「ともに生きる社会かながわ」のPRが行われました。

 170821 みんなあつまれ2017杯-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

レースは内目からキョウエイドラゴンが好スタートを決めますが、ペプチドアポロが逃げを主張してハナへ。2番手にエムオーグロリー、ケンネプチューンで隊列が決まるかと思いましたが
1周目のゴール板前でポッドルイージが前に競りかけていきます。1~2コーナーで一旦ペースが緩むものの、向こう正面半ばからはまたペースアップ。
こうなると好位追走組は一杯となり、何とかケンネプチューンが離されずにペプチドアポロについて行き4コーナーを迎えましたがここまで。
直線はペプチドアポロがジリジリと差を広げ、最後は5馬身差で圧勝しました。

 170821 みんなあつまれ2017杯-02

 みんなあつまれ2017杯 結果

勝利ジョッキーは山崎誠士騎手
 170821 みんなあつまれ2017杯-03

山崎誠士騎手コメント
 (おめでとうございます)ありがとうございます。
 今日は逃げというより揉まれない位置で競馬をするようにという指示だったのでうまく先行できたと思いました。
 (道中競りかけられて)厳しいペースだと思いましたが、馬の力を出し切れば勝ち負け出来ると思っていたので、力を出し切れて良かったです。
 ようやく夏らしい天気になってきて、暑い中観戦しているお客様は大変かと思いますが競馬場に足を運んで頂きありがとうございます。
 最終レースも楽しんでいってください。ありがとうございました。

プレゼンターは神奈川県:首藤健治副知事が務めました。
 170821 みんなあつまれ2017杯-04

首藤健治副知事によるPRコメント
 皆さんこんばんは。馬主様、関係者の皆様、誠におめでとうございます。
 神奈川県では先ほども御紹介がありましたように、誰もが自分らしく生きる社会、ともに生きる社会というのを目指しております。
 その関連するイベントとして10月21日、22日の土曜日・日曜日に横浜の赤煉瓦倉庫でイベントを企画しております。
 そのイベントはスポーツ・パラスポーツであったり、一流音楽家など集まってみんなで楽しくやろうというものですので是非御参画頂ければありがたいと思います。
 今後共、神奈川県のともに生きる社会づくりに御協力をどうぞよろしくお願い致します。本日はどうもおめでとうございます。

最後は恒例の記念撮影
 170821 みんなあつまれ2017杯-05

関係者のみなさま、おめでとうございます。
 
10月21日(土)、22日(日)に横浜赤レンガパーク、赤レンガ倉庫二棟間広場で行われる 「みんなあつまれ2017」 については 神奈川県庁のホームページ をご覧下さい。
 
 

2017夏 川崎ジョッキーズカップ

2017-08-22-Tue-08:00
開催初日の第7レースは、恒例となった「川崎ジョッキーズカップ」
川崎ジョッキーズ14名によって争われる川崎競馬所属騎手限定競走です。

パドックに整列した川崎ジョッキーズ
 170821 川崎ジョッキーズカップ-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

本馬場入場時、川崎ジョッキーズ勝負服柄の襷をかけて誘導を行ったチーム誘導馬
 170821 川崎ジョッキーズカップ-01

レース1周目直線 すべて川崎ジョッキーズ
 170821 川崎ジョッキーズカップ-03

1周目ゴール前 逃げを打ったのは瀧川寿希也騎手
 170821 川崎ジョッキーズカップ-04

優勝は本田紀忠騎手騎乗のツクバスワロウ、2着は伊藤裕人騎手騎乗のゼンノリボーンでした。
 170821 川崎ジョッキーズカップ-05

 2017夏 川崎ジョッキーズカップ 結果

1着で引き上げてきた本田紀忠騎手
 

記念の口取り。
 170821 川崎ジョッキーズカップ-06

川崎ジョッキーズカップ 2度目の優勝となった本田紀忠騎手
 170821 川崎ジョッキーズカップ-07

 【おめでとうございます】
 ありがとうございます。(そして馬券が当たったお客様)おめでとうございます。
 (今日騎乗した馬は)ずっと手応えも良かったのでこれならいけると思ってました。(勝てて)本当に良かったです。
 道中は馬(の末脚)を信じてじっと我慢の作戦でした。(最後の末脚は本当に馬が)頑張ってくれました。有難いです。
 いつも応援ありがとうございます。これからも盛り上げていけるよう頑張りますのでよろしくお願いします。

 

最後は筒浦副管理者と記念撮影
 170821 川崎ジョッキーズカップ-08

表彰式終了後、検量室前で本田紀忠騎手にVサインを頂きました。
 170821 川崎ジョッキーズカップ-09

本田紀忠騎手おめでとうございます。
 
 

大井・第51回黒潮盃(SII)

2017-08-12-Sat-08:00
第51回黒潮盃。新たに始まった「3歳秋のチャンピオンシップ」の第1戦。
今年は16頭で争われ、川崎からはビエンコビアンコが参戦しました。

レースは内からハナを主張したシェアハッピー、差なくオリジナルポイントが2番手。その直後に断然の1番人気に推されたブラウンレガートとキャンドルグラスが続きます。ビエンコビアンコはその後ろ5番手を追走。
向こう正面半ばでクラキングス、マルヒロナッツオー、カンムルが外から上がって行き、先頭集団は一団となって3角を回ります。
4角を周ってから鞍上が追い出しを始めるとブラウンレガートがあっさりと先頭に立ち、そのまま2着に4馬身差をつけ完勝しました。

 170811 黒潮盃-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第51回黒潮盃 結果

ビエンコビアンコは15着という結果でした。

15着:ビエンコビアンコ
 170811 黒潮盃-02 170811 黒潮盃-03 170811 黒潮盃-04

 
 
HOME NEXT