fc2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

水沢・第24回留守杯日高賞(M1) エレノーラが優勝

2024-04-22-Mon-08:00
4月21日水沢競馬で行われた第24回留守杯日高賞(M1)で、川崎から遠征したエレノーラが優勝しました!

スタートで躓くも2番手を追走していたエレノーラが3コーナーで先頭に立つと、最後までしっかりとした脚どりで後続を完封。2馬身差をつけて快勝し、デビューから38日目で重賞初制覇を飾りました。
またGRANDAME-JAPAN2024 3歳シーズンで、暫定トップタイに踊り出ました。
 240421 留守杯日高賞-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 4月21日 水沢競馬11R 1,600m
 第24回留守杯日高賞(M1)

 第24回留守杯日高賞(M1) 結果

口取り
 240421 留守杯日高賞-02

表彰式
 240421 留守杯日高賞-03

野畑凌騎手
 240421 留守杯日高賞-04
「緒戦と前走、少し引っ掛かってしまう所があったので折り合いを重視していましたが、馬もリラックスして走れていました。馬の手応えからも4コーナーで勝ったと思いました。
初めての競馬場でも対応してくれたので、南関東であっても他地区であっても今後が楽しみです。応援ありがとうございました。」

平田正一調教師
 240421 留守杯日高賞-05
「身体が丈夫でないのでデビューは遅れましたが、能力があるのは分かってました。今回のレースで折り合いがついたのは収穫です。
まだレース3戦でキャリアも浅いので今後はオーナーと相談して馬の状態の状態を見ながら決めていきたいです。まずは一戦一戦を大事にして段階を踏んでいきたいですね」


エレノーラ[牝3] 優勝 平田正一厩舎 野畑凌騎手
 240421 留守杯日高賞-06 240421 留守杯日高賞-07 240421 留守杯日高賞-08


関係者の皆様おめでとうございます。
 
 
スポンサーサイト



川崎所属馬の遠征情報(4月21日遠征分) 水沢:留守杯日高賞にエレノーラが参戦

2024-04-19-Fri-14:00
4月21日の水沢競馬に、川崎所属馬が遠征予定です。

 4月21日 水沢競馬11R 1,600m
 第24回留守杯日高賞(M1)

 第24回留守杯日高賞(M1) 枠順

 エレノーラ[牝3] 平田正一厩舎 野畑凌騎手
 エレノーラ

エレノーラが水沢のGRANDAME-JAPAN3歳シーズン第4戦:留守杯日高賞に参戦します。
 
 

川崎所属馬の遠征結果(2月8日遠征分)

2024-02-09-Fri-08:00
2月8日姫路競馬に遠征した、川崎所属馬の遠征結果は下記の通りです。

 2月8日 姫路競馬11R 1,400m
 第8回兵庫ウインターカップ

 第8回兵庫ウインターカップ 結果

ベストマッチョ [セ11] 4着 佐々木仁厩舎 吉原寛人騎手(金沢)
 240208 兵庫ウインターカップ-01 240208 兵庫ウインターカップ-02 240208 兵庫ウインターカップ-03

イモータルスモーク [牡7] 7着 高月賢一厩舎 杉浦健太騎手(兵庫)
 240208 兵庫ウインターカップ-04 240208 兵庫ウインターカップ-05 240208 兵庫ウインターカップ-06

インペリシャブル [牡7] 9着 高月賢一厩舎 野畑凌騎手
 240208 兵庫ウインターカップ-07 240208 兵庫ウインターカップ-08
 
 

川崎所属馬の遠征情報(2月8日遠征分) 姫路・兵庫ウインターカップにベストマッチョ、インペリシャブル、イモータルスモークが参戦

2024-02-06-Tue-19:56
2月8日の姫路競馬に、川崎所属馬が遠征予定です。

 2月8日 姫路競馬11R 1,400m
 第8回兵庫ウインターカップ

 第8回兵庫ウインターカップ 枠順

 ベストマッチョ[セ11] 佐々木仁厩舎 吉原寛人騎手(金沢)
 ベストマッチョ

 インペリシャブル[牡7] 高月賢一厩舎 野畑凌騎手
 インペリシャブル

 イモータルスモーク[牡7] 高月賢一厩舎 杉浦健太騎手(兵庫)
 イモータルスモーク

ベストマッチョ、インペリシャブル、イモータルスモークが姫路競馬の重賞:兵庫ウインターカップに挑みます。
 
 

第38回全日本新人王争覇戦 優勝は細川智史騎手(愛知) 古岡勇樹騎手は1ポイント差で2位でした

2024-01-26-Fri-08:00
1月23日に高知競馬場で行われた「第37回全日本新人王争覇戦」。一生に一度の晴れ舞台となるこの競走に川崎競馬から古岡勇樹騎手が出場しました。

騎手紹介式の前に行われた報道向けフォトセッション
 240123 全日本新人王争覇戦-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

1R後にはスタンド前ステージにて全日本新人王争覇戦に出場した12名の騎手紹介式が行われました。
 240123 全日本新人王争覇戦-02 240123 全日本新人王争覇戦-03

集合写真
 240123 全日本新人王争覇戦-04

古岡勇樹騎手意気込みコメント
 240123 全日本新人王争覇戦-05
「安全な競馬で優勝目指して頑張ります!優勝できなかったら桂浜からバタフライで帰るつもりで騎乗します!」


◆全日本新人王争覇戦 第1戦:高知2R

パドックに整列したジョッキー達
 240123 全日本新人王争覇戦-06

向こう正面で一気に押し上げた細川智史騎手(愛知)が直線で先頭に立つとそのまま押し切り、1馬身差で優勝しました。

 全日本新人王争覇戦 第1戦 結果

古岡勇樹騎手は9着でした。
 240123 全日本新人王争覇戦-07 240123 全日本新人王争覇戦-08 240123 全日本新人王争覇戦-09


◆全日本新人王争覇戦 第2戦:高知4R

内なる闘志を秘めて、騎乗馬に向かう古岡勇樹騎手
 240123 全日本新人王争覇戦-10 240123 全日本新人王争覇戦-11

道中は最後方からとなるも古岡勇樹騎手がゴーサインを出すと11頭をまとめて抜き去り、2馬身差をつけて快勝しました。
 240123 全日本新人王争覇戦-12

 全日本新人王争覇戦 第2戦 結果

 240123 全日本新人王争覇戦-13 240123 全日本新人王争覇戦-14 240123 全日本新人王争覇戦-15

◆表彰式

古岡勇樹騎手は、第1戦で7ポイント、第2戦で50ポイントの合計57ポイント。1ポイント差で惜しくも総合2位という結果でした。

全日本新人王争覇戦総合優勝:細川智史騎手(愛知)、2位:古岡勇樹騎手(川崎)、3位:佐々木大輔騎手(JRA)

 全日本新人王争覇戦 総合順位(高知競馬HP)

 240123 全日本新人王争覇戦-16 240123 全日本新人王争覇戦-17

 240123 全日本新人王争覇戦-18

古岡勇樹騎手コメント
「第1戦(9着)であと1つ着順が上だったら総合優勝だったので悔しいですが、楽しく乗ることが出来ました。総合優勝は出来ませんでしたが、第2戦で”優勝”して総合2位だったので泳がずに飛行機で帰ります。」


全日本新人王争覇戦表彰者の皆様おめでとうございます。
 
 
HOME NEXT