川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

JBCスプリントに川崎から2頭

2007-10-31-Wed-08:41
本日大井競馬場で行われるダートの祭典JBC。
今年で第7回。
第6回の川崎が熱く燃えたあの日から早くも1年が過ぎようとしています。

第10競走JBCスプリントに川崎から足立厩舎のブルーローレンスと
鬼沢裕充厩舎キングオブライヒが出走します。
IMG_0961.jpg

ブルーローレンスは前哨戦の東京盃でスタート挟まれる不利を被って9着という結果。
はたして巻き返しはなるでしょうか。

IMG_0955.jpg

快速キングオブライヒには主戦の前住和寿ジョッキーが騎乗。
大舞台での疾走に期待します。


全国から強力なメンバーが集まっていますが、一つでも上を目指して飛躍のチャンスにしてほしいですね。


場外発売される川崎競馬場ではスペシャルトークショーが催されダートの祭典を盛り上げます。
ゲストにはWBC世界フライ級チャンピオン内藤大助氏が登場!
JBC予想も披露しますよ。

詳細はこちらをご覧ください。
スポンサーサイト

北へ西へ、今野騎手

2007-10-24-Wed-22:59
今野忠成騎手がホッカイドウ成田厩舎のシグナルパスに抜擢され、明日25日札幌競馬場で行われる北海道2歳優駿に騎乗します。
ホッカイドウでは平成18年度からすべての重賞騎乗が他地区のジョッキーに開放されています。
その際には6レースまで騎乗することができます。
071021konno1.jpg

また、その翌日の26日には名古屋競馬場でのスーパージョッキーズトライアル第2ステージに。
第1ステージの札幌では7ポイントでもっか10位。

ワールドスーパージョッキーズシリーズ地方代表の座をかけて挑みます。
  
  第3戦 シルバーサドル賞
  第4戦 シルバーブーツ賞


071021konno2.jpg

071021konno3.jpg

21日に行われた川崎競馬秋まつりでのショット。
(秋まつりについては改めてドカーンと!)
全身をドルチェ&ガッバーナできめてオシャレですなぁ。

騎手会長としてトークショーを進行したり、ちびっ子たちの写真を撮ったり、この日も大忙しでした。


来たぞ大魔神のミスターフォーク!

2007-10-24-Wed-22:27
0710Mrfork1.jpg

ミスターフォークが10月14日、池田孝厩舎にやって来ました!

元横浜ベイスターズ「ハマの大魔神」こと佐々木主浩さんが、馬主資格を取った初めての持ち馬として話題になったあの馬です。

道営競馬から昨年7月にデビューして14戦4勝、2着3回。
10月3日のタヤスツヨシ賞(4着)を最後に移籍してきました。
0710Mrfork2.jpg

熊谷厩務員に前髪やたてがみをチョキチョキとカットしてもらって気持ちよさそうです。

ザマローレル再始動

2007-10-24-Wed-21:59
0710zamalaurel.jpg

10月上旬にザマローレルが帰厩しています。

雲取賞を鮮やかな切れ脚で勝ち、京浜盃4着。
クラシックを前にザ石で涙のリタイア。

休養先ではササ針を施しゆっくり立て直しての再始動。

「この先待っているのは古馬との戦い。ここまで時間をかけたんだから焦らず仕上げる」と岩本洋調教師。

「復帰戦は調教試験の様子を見てから決める」とのことです。



スーパージョッキーズトライアル

2007-10-18-Thu-12:56
スーパージョッキーズトライアルに今野忠成騎手が出場します。

スーパージョッキートライアルでは12月1~2日にJRA阪神競馬場で実施される第21回ワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)へ出場する地方競馬代表騎手1名を選出するため全国地方競馬の名手が競い合います。

参加騎手は、五十嵐冬樹(北海道)、小林俊彦(岩手)、吉原寛人(金沢)
、内田博幸(大井)、的場文男(大井)、今野忠成(川崎)、戸崎圭太(大井)、東川公則(笠松)、岡部誠(愛知)、田中学(兵庫)、渡辺博文(福山)、赤岡修次(高知)、鮫島克也(佐賀)、杉村一樹(荒尾)の14名のトップジョッキーたちです。


第1ステージは10月18日 札幌競馬場
 第1戦 シルバースパー賞
 第2戦 シルバーホイップ賞 

第2ステージは10月26日 名古屋競馬場
 第3戦 シルバーサドル賞
 第4戦 シルバーブーツ賞

第2ステージに進めるのは第1ステージにおける得点上位12名の騎手だけ。
スーパージョッキーズトライアル4戦での着順に応じた得点の合計によってWSJSの地方競馬代表推薦騎手(第2位の者が補欠推薦騎手)が選ばれます。


本日18日は札幌競馬場での第1ステージ。

第9R【シルバースパー賞】1000m(発走14時40分)
第10R【シルバーホイップ賞】1700m(発走15時15分)
070922konno.jpg


昨年につづき川崎代表としてスーパージョッキーズトライアルに臨む今野忠成騎手は「ワールドスーパージョッキーズシリーズに参戦するチャンスをつかむために100%全力投球してきます!」と意気込みを語っていました。


おまけ。
9月22日にJRAウインズ汐留で行われた「今野忠成騎手トークショー」ショットを。
070922konnotalkshow2.jpg

070922konnotalkshow3.jpg

070922konnotalkshow4.jpg
出演ギリギリまで今野騎手はファンのためにサイン色紙を書いていました。

埼玉新聞杯

2007-10-17-Wed-13:39
本日、浦和競馬で行われる埼玉新聞杯(3歳上 1900m)には川崎からキョウエイアオバ(佐々木仁厩舎)、ケイアイグレード(岩本洋厩舎)、チョウサンタイガー(八木仁厩舎)の3頭が出走します。


0710chosatiger1.jpg

2枠2番チョウサンタイガー。
鞍上は酒井忍騎手。

レースは京成盃グランドマイラーズ以来約四ヶ月ぶり。
8月下旬には帰厩予定でしたが、インフルエンザの影響ですぐには入厩できずしばらくは競馬場にある馬房で待機し、9月上旬に移動解禁されての厩舎入り。

「休養でずいぶんリフレッシュしたみたい。帰ってきてから三本速いタイムを出して仕上がりは八分以上だね」と市村厩務員。
0710chosantiger2.jpg

市村厩務員に甘える仕草を見せながらも、丁寧に時間をかけて運動をこなしています。
テレビ埼玉杯で重賞ウイナーの仲間入りした得意の浦和コース。
「距離は問題ないし、終いの脚を生かしてくれれば」と期待を寄せています。


0710kyoeiaoba.jpg

キョウエイアオバは3枠3番。
鞍上は戸崎騎手。

5月に急逝した中野五男調教師の元に所属していましたが規約により一
定期間、佐々木仁調教師の預かりに。
その中野厩舎の看板も11月いっぱいで外されることになりました。
馬もスタッフもそれぞれ新たな場所へ移ります。
0710nakanokaisan.jpg

初めての重賞挑戦。
キョウエイアオバはそのまま佐々木仁厩舎の所属となりますが、旧中野陣営は特別な想いでの出走させます。


0710keiaigrade1.jpg

6枠6番ケイアイグレード。
鞍上は山崎誠士騎手。
0710keiaigrade2.jpg

放牧を経て、岩本厩舎への転厩戦。
5月の大井記念以来の実戦になります。

9月中旬に入厩してきましたが、人懐っこい性格ですっかり人気者。
こうして清水厩務員が近寄るとペロッと舌を出すのです。
「牧場でピッチリ乗り込んでから来たのですでに仕上がっていましたね。だから直前はサーッと16‐16程度。転厩戦でどれだけ走ってくれるかですが、乗っていても力あるのを感じますし、乗り味の良い馬です」と清水厩務員。


デビュー戦5着ハクバノイデンシ

2007-10-17-Wed-12:59
071012hakubanoidenshi1.jpg

10月12日第3レースでデビューした白毛牝馬ハクバノイデンシ。

父は日本で初めて白毛馬として勝利をあげたハクホウクン。
全兄は同じ福島幸三郎厩舎に所属する白毛馬ハクバノデンセツ。
071012hakubanoidenshi2.jpg

5月には能力試験に合格していましたが転厩そして「時間をかけて大事に仕上げてほしい」という馬主さんからの希望もありこの日を迎えました。
071012hakubanoidenshi3.jpg

白毛馬の兄弟姉妹が同じ競馬場に在籍し、同じ時期に走っていたことはこれまで例がなく、このまま行けば、いずれ兄妹対決の場面が見られるかもしれません。
071012hakubanoidenshi4.jpg

デビュー戦は後方から。
じわじわと的場文男騎手を背にじわじわと進出しましたが5着という結果でした。


イシノダンシング引退

2007-10-12-Fri-12:47
060721sparkingsummer1.jpg

06年スパーキングサマーC優勝馬イシノダンシングが引退することになりました。
7歳秋まで息の長い活躍を続け51戦16勝。

日本テレビ盃でトモを痛めてしまい引退が決まったことで、当初は乗馬に転向する予定でしたが、「競走馬としての実績と立派な馬格を生かして相馬野間追いのスターにしたい」という引き合いがあり、今後は相馬野間追いへと活躍の舞台を移すことになります。

鎌倉記念馬ヴァイタルシーズの次走

2007-10-12-Fri-12:43
マイペースな逃亡で第6回鎌倉記念馬に輝いたヴァイタルシーズ。
071010kamakurakinen1.jpg


「できれば先行きたいと思っていたがスタート五分に出て自分の競馬ができた。こういうレースができるといいね。1コーナーでフワッとして膨らむ場面もあったがすぐに立て直していたし、直線は突き放す脚も良かった」と喜びいっぱいの武井榮一調教師。

これまでの3戦見てもコーナーでロスがあったり、道中けっしてスムーズではなく荒削りな印象もありましたが、左海ジョッキーも「一戦ごとに落ち着き出てきた」と経験を積みながら精神面が強化しています。

鎌倉記念を制したことで全日本2歳優駿への優先出走権をゲット。
その前に一戦、次走はハイセイコー記念を予定しています。

鎌倉記念出走馬情報

2007-10-10-Wed-19:09
本日は鎌倉記念です。

川崎の出走馬についてはこちらをご覧ください。

誘導馬はハロウィン

2007-10-09-Tue-23:35
071008yudoba1.jpg

インフルエンザの影響で約2ヶ月ぶりの登場となった誘導馬。
(さびしかったですねぇ・・)

今開催も何パターン化のテーマが用意されているそうですが、本日の後半はハロウィンバージョン。
071008yudoba2.jpg
横から見るとこんな感じ。

071008yudoba3.jpg
魔女のコスチュームで。


よーく見ると、
071008yudoba5.jpg
たてがみにはパンプキン。

071008yudoba4.jpg
鞍下にはコウモリが描かれています。

なんともまぁ、細部まで手が込んでいますね。

ご注目あれ!

ダブル重賞

2007-10-03-Wed-15:59
本日3日は東京盃、明日4日には東京記念が大井競馬場で連日ありますが、東京盃にイチモンジ、東京記念にはジルハーと、ダブル重賞出走させるのが林宏史厩務員。
0303hayashi.jpg

穏和な人柄でかつては「牝馬の林」と言われていましたがその腕を今は牡馬オープンで発揮中。

佐々木仁厩舎は昨日の大井競馬場8レースで通算200勝を達成しました。

本田紀忠ジョッキー転厩

2007-10-03-Wed-15:45
071001hondaiseki.jpg

10月1日付で本田紀忠ジョッキーが河津厩舎に転厩して心機一転。
8日の開催から騎乗予定です。

マイネルアドホック盛岡オーロカップ遠征

2007-10-03-Wed-14:53
9月30日盛岡競馬場で行われた行われたオーロカップに河津裕昭厩舎のマイネルアドホックが遠征しました。

070930maineruadohoc4.jpg

担当は元ジョッキーの飯塚直仁厩務員。
070930maineruadohoc3.jpg


070930maineruadhoc1.jpg

070930maineruadohoc2.jpg


山野勝也騎手を背に後方からのレースになり、11着という結果でした。
勝ったのは北海道のコスモバルクです。

HOME