FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

アンパサンドがフェブラリーSに挑戦!

2008-01-31-Thu-13:18
第57回川崎記念を制したのはフィールドルージュ。
好位インにつけ、直線弾ける末脚で差しきってゴール。
080130kawasakikinen4.jpg

080130kawasakikinen.jpg


初コースながら正攻法の強い競馬で見事戴冠しました。
「気性的に難しい面があって初めてのコースを気にするからプラス材料ではなかったが相手はフリオーソ1頭と考えてレースをした」と横山典弘騎手。

080130kawasakikinen5.jpg

2着は逃げたフリオーソで着差は2馬身半でした。


080130kawasakikine-anpasand2.jpg

川崎からただ1頭参戦した4枠4番アンパサンド。

080130kawasakikinen7.jpg

ダッシュよく飛び出したフリオーソを追いかける競馬。
ピタリと2番手マークの真っ向勝負を挑みましたが直線もうひと伸びを欠き4着という結果。

「うーん。こうなって欲しくないという追いかける展開になっちゃったからね。よく健闘してくれたと思う。仕切り直しです」と池田調教師。
好敵手フリオーソとの闘いにも宿題を残すかたちになりました。

そして、次走は・・・ということですが、オーナーサイドからフェブラリーステークスへの挑戦というビッグプランが飛び出しました。

「距離が少し長いということもあったのかもしれない。先々のことを考えるとこの辺でマイルあたりに路線変更したいこともあるしフェブラリーステークスへ挑戦してみようと思う。アンパサンドには勉強が必要。選ばれれば使いたい」とサンシャインファームの小菅レーシングマネージャー。

アンパサンドの挑戦はまだまだ続きます。


スポンサーサイト



HOME