FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

本日は東京プリンセス賞

2008-05-15-Thu-14:16
本日は東京プリンセス賞。
南関東牝馬クラシック二冠目が大井競馬場で行われます。
川崎からは3頭の乙女たちが挑みます。

2枠3番 フィリアレギス
080515firiaregis.jpg
阿部厩務員とチュウしてます

桜花賞馬に輝いたフィリアレギス。
桜花賞へは最後の最後で回避馬が出てフルゲートに滑り込み出走できたラッキーガール。
最後のひと枠で出走できたことをはじめ、勝利の女神はフィリアレギスに微笑みつづけ「位置取り」「ペース」「展開」とすべて理想通りに。

レース後は10日ほど短期放牧に出されリフレッシュすると、中3日ごとに計6本タイムを出すハードトレーニングを積んできました。
先日もお伝えしたようにスクーリングも二度実施する念の入れよう。
プリンセス賞のレースいかんでは東京ダービーに進む青写真です。


2枠4番 トミノプラネット
080515tominoplanet.jpg

東京2歳優駿牝馬では一番人気に推されていた実力馬ですが、桜花賞では外枠に泣き、クラウンカップでは出負けしてレースの流れに乗ることができませんでした。
今回も吉田稔ジョッキーがこの馬に乗るために名古屋からやって来ます。

担当しているのは元ジョッキーの中地健夫厩務員。調教をつけているのは中地雄一ジョッキーと親子で手がけています。
「年明けに中央つかったあと北海道に放牧に出していたんだがそのときの冬毛が残っていてやっとすっきりしたころ。体調も整ってきたから思う存分自分のレースをさせたいね。こんな順調に過ごせているのは久しぶりだもの」と中地厩務員。
確実に調子を上げて本領発揮といきたいものです。


7枠14番 ブルーザミント
080515bluethemint.jpg

桜花賞でも3着に粘った快脚娘。
「なんとか内枠を引きたい」と足立調教師も言っていたんですが、外枠を引いてしまったことから、まずは自分の型に持ち込むことが課題になりそう。

「テンションの高い馬だから、当日の入れ込まずに向かえればいいが。大井に運んだ馬場見せでもスムーズだったし、状態面は申し分ないので折り合いが付いてくれれば」
気性面から注文がつきますが、スピード値の高さはとびきりです!





スポンサーサイト



HOME