川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

ドリームスカイ霜月ステークス参戦

2008-11-23-Sun-12:51
「今はいろいろな経験を積ませたい」(内田調教師)という理由から前走に続き中央参戦となったドリームスカイ。

前走のアイルランドトロフィーでは今野忠成騎手を背に芝コースに初挑戦。
081018dreamsky3.jpg

081018dreamsky2.jpg

081018dreamsky1.jpg

JDD以来の実戦とあって最後は一杯になって結果11着でしたが、テンからペースについていくレースぶりは「久しぶりのせいもあって最初は物見をしていたがレースでは芝もスムーズだったし収穫あった」(今野騎手)と芝適性をかいま見せるものでした。

そして本日はダート1400mの霜月ステークス。
手綱をとるのはダービーコンビの戸崎圭太騎手。
「短い距離は久しぶりだけど器用さがあるのでどうこなすか楽しみ。ドリームスカイ自身今はまだ勉強を積んでる段階だから、今後に繋がるレースをしたい」と語っていました。

最終追い切りまで仕上げを任されているのは樋口厩務員。

「追い切りもよかったけど、2日前に2ハロンやった時の気合いが半端なくてね。手応えが良すぎて持って行かれるかと思ったくらい」と前走から比べても気合いを表に出すようになっています。
081123dreamsky.jpg

今朝5時に小向を出発したドリームスカイを待っていたのは運命の再会!
岩手で走っている弟のドリームフラッグもまた7レースの特指競走に出走のため東京競馬場へ。
川崎と岩手でそれぞれ活躍する兄弟が同じ遠征馬房に並んだのです。
081123dreamflag.jpg
馬房での弟ドリームフラッグ
顔がそっくりですね。


スポンサーサイト
HOME