FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

足立厩舎がダービーチャンスを狙う。

2009-05-06-Wed-12:28
クラウンカップではサイレントスタメンとブルーヒーローでワンツーを決めた足立勝久厩舎。

権利を獲得したサイレントスタメンは堂々ダービー参戦。
ブルーヒーローはダービー参戦を確固たるものにするために本日の東京湾カップに出走します。

デビューからまだ5戦。
途中休養を挟んで3戦目というキャリアの浅さを考えればクラウンカップのレースは先々の期待を膨らませるような好内容。
最後まで食い下がった勝負根性は見事でした。


そして東京湾カップには足立厩舎からもう一頭ブルーラッドも出走します。
ブルーヒーローとは厩舎ばかりでなく、馬主や生産牧場も一緒。
父も同じシーロです。

担当するのは茂木厩務員。
「ヒーローとはよく似てますね。例えば『俺様体質』なところ。それに勝負根性のすごさもこの馬だって負けていません。東京湾カップは挑戦者のつもりでがんばってきます!」

ブルーラッドは道営を経由して足立厩舎入りし、三戦を消化したところ。
緒戦では先行タイプだった道営時代とは違った競馬でさっそく勝利し、
二戦目では逃げて2着でしたが最後交わされながらもまた差し返す場面も。
そして三戦目は大井戦で好位から抜け出す好タイム勝ち。

賞金的にまだダービー出走は微妙な線ですが、それまでに結果を出せば足立厩舎はダービー3頭出しというのも夢ではありません。


それから出走予定で追い切りまで消化していたエスプリオールが投票直前になって回避。
ダービー出走を目指していただけに残念でなりません。

最終追い切りでは10馬身引き離す抜群な動きで高い能力をアピールしたんですが、「そのあと馬房でぶつけたのか脚元を気にする仕草があった」と大事を取って自重。
レントゲン検査の結果も骨には異常がなく「2、3日もすれば調教再開できそう」(武井調教師)とのことでひとまずホッ。

間に合えば次回の川崎開催に出走予定です。



スポンサーサイト
HOME