FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第64回川崎記念(JpnⅠ)

2015-01-28-Wed-23:43
今年で64回目を迎える川崎記念。川崎競馬の重賞の中では、全日本2歳優駿に次いで、歴史のある重賞です。今年はJRA5頭、南関東5頭、笠松と高知からそれぞれ1頭ずつが参戦し、12頭立てで行われました。

 スタートして先手を奪ったのは昨年のNAR年度代表馬のサミットストーンでしたが、1周目の直線でランフォルセがサミットストーンを交わし先頭に立ち、レースを引っ張ります。

  EN4A0077_1.jpg EN4A0081_1.jpg 1周目のゴール前

  2周目の3コーナーでランフォルセが後退し、4コーナーでサミットストーンが先頭に立つも、圧倒的1番人気のホッコータルマエとカゼノコが直後まで上がってきたところで直線へ。そのまま粘りこみを図るサミットストーンでしたが、ホッコータルマエが直線半ばで先頭に立ち、カゼノコも追いすがります。最後は、ホッコータルマエがカゼノコを突き放し、3/4馬身差で優勝。昨年に続き、連覇達成となりました。3着にはサミットストーン、4着にはハッピースプリントが入線しました。

  EN4A9915_2_1.jpg 第64回川崎記念(JpnⅠ) 結果

  ⑤ホッコータルマエ _1 連覇達成を労う幸騎手

  口取り 3_2_1 口取り 2_1 ホッコータルマエは8つめのJpnⅠタイトル

 勝利ジョッキーインタビューでは、「今年も世界に挑戦したい。」と力強く語った幸騎手。日本代表として、さらなる舞台での活躍を期待したいですね。

  表彰式:幸騎手 2_1 勝利ジョッキーの幸英明騎手

 関係者のみなさま、連覇達成おめでとうございます。

  口取り _1_1 表彰式
スポンサーサイト



谷桃子 スペシャルトークショー

2015-01-28-Wed-23:21
今開催3日目のメインレースは、ダートグレードの川崎記念。第7レースと第9レース終了後には、イメージキャラクターの谷桃子さんとサプライズゲストの小堺翔太さんを迎えて、スペシャルトークショーが行われました。

  トークショー 3 小堺翔太さん   トークショー 1 谷桃子さん

 第1部では、9レースのガーネットフラワー賞を、語呂合わせ予想とそれぞれの切り口での予想で披露しました。

  トークショー 5 トークショー 2 トークショーの様子

 第2部では、メインレースの川崎記念を予想。お二方とも、応援したい馬と語呂合わせを織り交ぜながら、それぞれのスタイルでの予想を披露していただきました。

                                  画像協力:若松 亮太 様

本日限定 競馬場内売店イベント「2015 川崎が大集合!!!」

2015-01-28-Wed-01:31
川崎記念が行われる開催3日目の今日は、川崎記念の開催に伴いまして、よみうりランド主催による、川崎の農産物ブランド「かわさきそだち」(JA)、川崎の地ビール(T.T BREWERY)、とんとこ飴(松屋総本店)、久寿餅(住吉)の販売ブースを設置します。
150128川崎押し2
150128川崎押し1

 また、川崎フロンターレのマスコットキャラクター「ふろん太」や、川崎市のイベント「いいじゃんかわさき」のマスコット「福ちゃん」など川崎にちなんだキャラクターが集合します。
150128ふろん太
150128福ちゃん

 当日は川崎記念を楽しむだけでなく、本日限定の販売ブースにもぜひ足を運んでみてくださいね。

  競馬場内売店イベント「2015 川崎が大集合!!!」 詳細

第13回佐々木竹見カップ ジョッキーズグランプリ 表彰式

2015-01-28-Wed-01:21
山崎誠士騎手の2度目の総合優勝で幕を閉じた今年の佐々木竹見カップ。第2位は大井の御神本訓史騎手、第3位は佐賀の山口勲騎手でした。

 表彰式 第13回佐々木竹見カップ ジョッキーグランプリ 総合成績

  表彰式:山崎誠士騎手 3 表彰式:山崎誠士騎手 2 総合優勝:山崎誠士騎手

  表彰式:御神本騎手 1 表彰式:御神本騎手 2 第2位:御神本訓史騎手[大井]

  表彰式:山口勲騎手 1 表彰式:山口勲騎手 2 第3位:山口勲騎手[佐賀]

総合優勝した山崎誠士騎手のコメント

 「くじ運も良かったし、勝たなきゃいけないと思っていた。前回優勝したときは、みんなで飲みにいったりして使ったので、今回は自分のために何か一点物を買いたい。」

 山崎誠士騎手は、2013年の第11回に続いて2度目の優勝。表彰式では、笑顔いっぱいの表情が印象的でした。山崎騎手、おめでとうございます。

  表彰式:山崎誠士騎手 1 笑顔いっぱいの山崎騎手

                                  画像協力:若松 亮太 様

第13回佐々木竹見カップ ジョッキーズグランプリ レース編

2015-01-28-Wed-01:04
第1戦は、1500mで行われる「マイスターチャレンジ」。レースを制したのは、山崎誠士騎手騎乗の1番人気ダークダイナミック。3/4馬身差の2着に御神本訓史騎手騎乗の7番人気フクジュソウが、3着には兵庫の田中学騎手騎乗の4番人気ジーガークリスタルが入りました。

  マイスターC 1 マイスターC 2 マイスターC 3
  マイスターC 4 マイスターC 5

  第1戦 マイスターチャレンジ 結果

 川崎記念と同じ2100mで行われる「ヴィクトリーチャレンジ」は、佐賀の山口勲騎手が騎乗する2番人気トーセンサミットが勝利。1馬身1/2差の2着には御神本訓史騎手騎乗の8番人気ユーコーフラッシュが、3着には山崎誠士騎手騎乗の3番人気トーセンハリケーンが入選しました。

  ヴィクトリーC 1 ヴィクトリーC 2 ヴィクトリーC 3
  ヴィクトリーC 4

  第2戦 ヴィクトリーチャレンジ 結果

 第1戦と第2戦の総合成績の結果、合計83ポイントを獲得した地元川崎の山崎誠士騎手が2013年の第11回に続き、うれしい2度目の優勝を飾りました。2位は76ポイントを獲得した御神本訓史騎手[大井]、3位は53ポイントを獲得した山口勲騎手[佐賀]という結果でした。

  第13回佐々木竹見カップ ジョッキーグランプリ 総合成績

                               画像協力:若松 亮太 様

佐々木竹見トークショー

2015-01-28-Wed-00:29
開催2日目の第6レースと第9レース終了後には、佐々木竹見さんが競馬解説者の原良馬さんをゲストに迎え、佐々木竹見カップについていただきました。

  トークショー 3 司会は宇野和男アナウンサー

  トークショー 6 ゲストの原良馬さん

  トークショー 2 佐々木竹見元騎手

 トークショーの第1部では、過去の佐々木竹見カップを振り返りつつ、予想も交えつつ、今回の注目騎手を各自ご紹介していただきました。

 第2部では、ヴィクトリーチャレンジの予想を主体に語っていただきました。

  トークショー 1 トークショーの様子

                             画像協力:若松 亮太 様
HOME