川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

川崎所属馬の遠征結果(4月27日遠征分)

2015-04-28-Tue-02:19
4月27日の水沢競馬に遠征した川崎所属馬の結果は、下記の通りです。

 水沢 留守杯日高賞(3歳牝馬・地方全国交流 GDJ) 1600m

  ラブディーバ[牝3] 10着

 水沢 第15回留守杯日高賞 結果

藤江騎手コメント

 「上手く指示通り3番手につけることができたのですが、大外枠ということでかなり脚を使ってしまいました。この馬には1600mは気持ち長いかもしれませんね。」
スポンサーサイト

赤岡修次騎手 5月11日から騎乗開始

2015-04-22-Wed-00:06
高知競馬の赤岡修次騎手が、来月の川崎開催初日の5月11日から騎乗します。騎乗期間は、7月10日までの2ヶ月間となります。今野忠成騎手と同期でもある赤岡騎手。現在、通算2782勝(4月20日時点)を挙げていますが、期間限定騎乗中に2800勝達成なるか、こちらも合わせて注目したいですね。赤岡騎手への暖かい声援を、よろしくお願い致します。

 赤岡修次騎手 1 赤岡修次騎手 2 赤岡修次騎手

                              画像協力:永留 徳幸 様

赤岡修次騎手 プロフィール

 生年月日:1977年3月15日 高知県出身
 勝負服:白、胴青たすき、袖青二本輪
 初騎乗:1994年10月10日
 初勝利:1994年10月16日
 通算成績:13,064戦2,782勝(2015年4月20日現在)

 期間限定騎乗所属厩舎:内田勝義厩舎
 期間限定騎乗期間: 2015年5月11日 ~ 2015年7月10日

川崎所属馬の遠征情報(5月10日遠征分)

2015-04-21-Tue-21:51
5月10日の盛岡競馬に、川崎所属馬が3頭遠征予定です。応援よろしくお願いします。

 5月10日 盛岡 第40回シアンモア記念 3歳上オープン 地方全国交流 1600m

  カネトシディオス[牡8] 佐々木仁厩舎 騎手:未定

  プラチナタイム[牡9] 佐々木仁厩舎 騎手:未定

  ユーコーフラッシュ[牡6] 飯田幸雄厩舎 騎手:未定

大井・'15ブリリアントカップ(準重賞) ドラゴンエアルが快勝!

2015-04-08-Wed-03:01
7日に大井競馬場で行われた、オープンクラスによる準重賞「’15ブリリアントカップ」。上位2頭には、来月行われる大井記念(SⅡ)の優先出走権が付与されます。13頭立てで争われましたが、川崎からはダイオライト記念以来の出走となるドラゴンエアルと、先週の川崎開催から連闘となるウィンペンタゴンの2頭が出走しました。

  ③ドラゴンエアル_1_1 ③ドラゴンエアル
  ⑬ウィンペンタゴン_1_1 ⑬ウィンンペンタゴン

 スタートでハナを主張したのはジョーラプターでしたが、出たなりで中団の位置取りとなったドラゴンエアルは、ウィンペンタゴンと併走する形で道中はレースを進めます。向正面でもじっくりと中団待機の2頭でしたが、3コーナーに入ると、ドラゴンエアルが徐々に進出を開始。4コーナーを回る頃には、先行集団の直後までポジションを上げ、直線に入ります。直線に入ると外から一気の伸び脚で先行集団をまとめて交わし、残り100mで先頭に立つと、後続に3馬身差をつけてのゴール。大井記念の優先出走権を獲得しました。なお、ウィンペンタゴンは13着という結果でした。

  レース 2_1  大井 ’15ブリリアントカップ(準重賞) 結果

 後方一気の脚で快勝したドラゴンエアル。次走に向けて弾みのつく勝利となっただけに、次走も楽しみですね。

川崎所属馬の遠征情報(4月27日遠征分)

2015-04-08-Wed-02:34
4月27日の水沢競馬に、川崎所属馬が遠征予定です。応援よろしくお願い致します。

 ●4月27日(月) 水沢 留守杯日高賞(3歳牝馬・地方全国交流 GDJ) 1600m

  ラブディーバ[牝3] 佐々木仁厩舎 騎手:未定

木曽馬乗馬体験イベント

2015-04-04-Sat-19:21
開催最終日の4月3日には、木曽馬の乗馬体験イベントが内馬場で行われました。

 木曽馬は、長野県木曽郡や岐阜県飛騨地方を中心に飼育されている日本在来種の馬。一時は絶滅寸前まで頭数が減りましたが、現在は木曽馬保存会が中心に保存活動が行なわれ、頭数も増加に転じています。今回は、福泉と恵桜(えざくら)の2頭がイベントに参加しました。

  イベント 2 福泉   イベント 3 恵桜(えざくら)

 2頭とも温厚な性格で、体験乗馬のほか、餌やり体験もあわせて行われました。春休み中の子どもたちにとっては、いい思い出になったことでしょうね。

  イベント 4 イベント 5 イベント 6 イベントの様子

 次開催の川崎競馬は、5月11~15日の5日間開催。13日には重賞の川崎マイラーズ(SⅢ)が行われるほか、高知競馬の赤岡修次騎手がこの開催から期間限定騎乗を開始します。次開催も、みなさまのご来場をお待ちしております。

~忘れないで、大切な日を。~ 統一地方選挙記念

2015-04-04-Sat-19:02
4月12日に、全国の各自治体で行われる統一地方選挙。川崎市では、県議会議員選挙のほか、市議会議員選挙と革側県知事選挙も合わせて投票が行われます。選挙の実施のPRため、最終日のメンレースに、「~忘れないで、大切な日を。~ 統一地方選挙記念」が行われました。

 レースは、好スタートからすんなり先手を取ったスマートファミリアが道中もマイペースで逃げる展開。直線に入っても逃げ足は衰えず、後続との差を広げて3馬身差で勝利しました。

  レース 統一地方選挙記念 結果

 表彰式には、選挙のゆるキャラの「選挙のめいすいくん」も登場し、統一地方選挙をPRしました。

  表彰式:インタビュー 1 勝利ジョッキーの澤田龍哉騎手

  表彰式:記念撮影 選挙のめいすいくんも、記念撮影に参加しました

 「選挙のめいすいくん」は、投票箱をイメージしたトラネコ。そのため、背面にはカギがかかっています。

  選挙ゆるキャラ 選挙のめいすいくんの後姿

 ちなみに選挙で使われる投票箱ですが、投票日当日、いちばん最初に投票に行った方は、申し出ると投票箱の中身を見せてもらうことができます。もし興味がある方は、朝早くに行ってみてはいかがでしょうか?

2015・春 川崎ジョッキーズカップ

2015-04-04-Sat-18:20
すっかりおなじみとなった、川崎所属騎手限定で行われる年2回の名物レース、「川崎ジョッキーズカップ」。14頭立てでしたが、コスモトレントが取消となり、13頭で争われました。

  川崎JC 1 騎乗前の川崎ジョッキーズ

  川崎JC 2 誘導馬もこのレース限定仕様に

 押してハナに立ったのは、本田紀忠騎手騎乗のフライトパーサー。郷間勇太騎手騎乗のサエッターレが続き、1コーナーへと向かいます。

  川崎JC 3 すっかりおなじみの競走になりました

  川崎JC 4 川崎JC 5 逃げたのはフライトパーサー

 向正面も縦長の展開で進みますが、逃げるフライトパーサーが先頭で直線へ。直線に入ると外からロミオが抜け出し先頭に立つも、外から馬体を合わせるようにアインディアマントが襲い掛かり、最後は2頭の追い比べになりますが、アインディアマントが1/2馬身差で追い比べを制しました。

  川崎JC 6 2015・春 川崎ジョッキーズカップ 結果

  川崎JC 7 川崎JC 8 今野騎手との追い比べを制した伊藤裕人騎手

 伊藤裕人騎手、川崎ジョッキーズカップ優勝おめでとうございます。

  川崎JC 9 川崎JC 13 川崎JC 12

伊藤裕人騎手コメント

 「今年は骨折して最初は乗れなかったのですが、これから1つでも多く乗れるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。」


佐藤博紀騎手のラストラン&引退式リポート

2015-04-03-Fri-19:54
調教師に転向するため3月31日をもって16年間の騎手生活に別れを告げた佐藤博紀騎手。

ラストランとなったのは11レース「スイトピー賞」。

150331佐藤博紀騎手ラストラン1

150331佐藤博紀騎手ラストラン2
最後のパドックではどんな想いだったでしょうか。

150331佐藤博紀騎手ラストラン3
ラストランは500勝達成したときと同じギンザプレスト。
メモリアルホースとして忘れられない一頭になったことでしょう。

150331佐藤博紀騎手ラストランレース2

150331佐藤博紀騎手ラストランレース3
レースは最後方から。
直線をインを突いて伸びましたが8着。

150331佐藤博紀騎手ラストラン4
「今日になっても実感がわかずにいたんだけど、ゲートからの風景を見た時に、これがもう最後なんだとさびしい気持ちになりましたね。無事終えたというホッとした気持ちと両方です」と騎手生活最後のレースの馬上を降りた佐藤騎手。

150331佐藤博紀引退式
ラストランのあとには引退セレモニーが行われました。

150331佐藤博紀引退式ビジョン
ウイナーズサークルを囲む多くのファンの前に立った佐藤騎手。
ドリームビジョンにはヴィクトリーパールで制したローレル賞のメモリアルシーンが流れます。

150331佐藤博紀引退式・山崎
まずは弟デシでもある山崎誠士からメッセージが贈られました。
「佐藤騎手、おつかれさまでした。僕がデビューするときからお手本になる人で、ずっと背中を追いかけてきました。引退は寂しいんですが、これからは調教師として活躍してください」

150331佐藤博紀引退式あいさつ
花束や記念品が贈呈されたあとは佐藤騎手からのごあいさつ。
「16年間ありがとうございました。何度も辞めようと思ったことはあったんですが、ファンの皆さんの声援に助けられてきました。これからは調教師として頑張りますので、応援よろしくお願いします」。

どんな調教師になりたいかという司会の山中アナウンサーからの質問には「夢は大きく持ちたいんでGⅠレースに出られるようなスターホースを育てていきたい」と答えていました。

150331佐藤博紀引退式騎手集合
ジョッキー仲間と記念撮影

150331佐藤博紀引退式ご家族
支えになってきたご家族との記念撮影

最後はジョッキー仲間に囲まれて胴上げ。
佐藤博紀騎手、本当におつかれさまでした。

150331佐藤博紀騎手&山崎尋美調教師
山崎尋美調教師とガッチリ握手をしてエールを贈られました。

150331佐藤博紀引退式親子で
セレモニー後には騎手を目指すご長男の翔馬くんと共にテレビ取材を受けていましたよ。


1998年10月の騎手デビューから、通算8505戦512勝。
重賞は2008年にヴィクトリーパールでローレル賞、2012年にミスシナノで留守杯日高賞、2013年にビタースウィートで東京シンデレラマイルと3勝しています。

4月1日からは調教師。
150401スーツ姿の佐藤博紀調教師
さっそく翌日からはスーツ姿で臨場していました。

7月1日付での開業、そして8月からのレース出走となりますが、それまでは美浦や北海道で研修をする予定だそうです。

第18回クラウンカップ(SⅢ)

2015-04-01-Wed-23:39
今年で18回目となるクラウンカップ。上位2頭には、4月22日に行われる羽田盃(SⅠ)の優先出走権が付与されます。今年はあいにくの雨の中での実施となりましたが、フルゲートの14頭で争われました。なお、10号馬のグランシェフに騎乗することになっていた今野騎手は、負傷のため笹川翼騎手に乗り替わりとなりました。

 ビービーキャリバーがちょっと立ち遅れてのスタートとなったレースは、ヴィグシュテラウスが押して先頭に立ち、縦長の展開で1コーナーへ向かいます。向正面でさらに縦長の展開となりますが、各馬仕掛け始め、3コーナーで馬群が詰まります。4コーナーで逃げたヴィグシュテラウスが捕まると、ナイキアフォードが代わって先頭に立ち直線へ。そのままナイキアフォードが押し切ろうとしますが、道中は中団からレースを進めたウィンバローラスが外から伸び、一気に突き抜け優勝。2着争いは、ルコンポゼとミッドストラーダが外目から馬体を合わせて追い込んでくるも、クビ差先着したルコンポゼが2着を確保し、ウィンバローラスとともに羽田盃の優先出走権を獲得しました。

  クラウンカップ レース 第18回クラウンカップ(SⅢ) 結果

 鞍上の柴田大地騎手は、南関東の重賞は初制覇。河津厩舎の管理馬での勝利は、プレイアンドリアルと同じコンビですね。関係者のみなさま、おめでとうございます。

  クライウンカップ 口取り 1 クラウンカップ 口取り 2 2015クラウンカップ 表彰式

 過去にはクラウンカップをステップに、サンキューウィンが羽田盃を、キングセイバー、ドリームスカイ、サイレントスタメンが東京ダービーを制しました。果たして今年は、クラウンカップをステップにした馬からクラシックホースが誕生するのでしょうか?クラウンカップから、羽田盃、東京ダービーへと出走する馬は、チェックしておきたいところですね。

谷桃子さん 2015年度も引き続きイメージキャラクターに 就任記念スペシャルトークショー

2015-04-01-Wed-22:42
2015年度も引き続き、川崎競馬イメージキャラクターを務める谷桃子さん。就任を記念して、トークショーが第7レースと第9レースの終了後に行われました。

  トークショー 3 司会は目黒貴子さん

  トークショー 4 今年度もイメージキャラクターを務める、谷桃子さん

 第1部では、お二方に昨年度の川崎競馬について振り返っていただきました。谷さんは、盛岡JBC当日に川崎競馬場で行われたイベントが楽しかった思い出を、目黒さんは、「バール」の予想大会で大外一気を決め、今回の司会役を勝ち取ったことなどをお話ししていただきました。

  トークショー 2 トークショーの様子

 第2部では、お二方に、本日のメインレースである重賞のクラウンカップの予想を披露していただきました。

第1回「平成26年度川崎競馬組合管理者表彰」

2015-04-01-Wed-17:01
第1回「平成26年度川崎競馬組合管理者表彰」の表彰式が行われました。
150401管理者表彰2

【表彰者一覧】
●神奈川県川崎競馬組合 経営計画策定チーム8名
150401管理者表彰1
 累積赤字解消後の組合経営の中期的な目標と具体的な施策を盛り込んだ川崎競馬経営計画の策定にあたり、計画検討の初期段階から新たな施策を積極的に提案し、計画内容の充実を図るとともに、関係者との調整を精力的に進め、計画の策定に大いに貢献した。

●神奈川県川崎競馬組合 加藤桂子
 長年にわたる番組編成業務の遂行に係る確実で丁寧な仕事ぶりは常勤職員から厚い信頼を得ている。JRA交流競走等に係る連絡調整においても、JRA騎手からその仕事ぶりについて高い評価を得ており、川崎競馬組合業務の信頼向上に大いに貢献した。

●神奈川県川崎競馬組合 保安隊一同37名
本場において多いときでは1万人を超える入場者に対する案内や苦情処理、急病人介護などのファン対応、また小向厩舎においても厩舎関係者の秩序の維持や競走馬の安全確保のため警備、巡回など川崎競馬の公正競馬確保と円滑な運営に大いに貢献した。

●神奈川県川崎競馬組合 小形典子
150401管理者表彰4
 長年にわたり臨時従事員として貢献し、特に川崎競馬開催時の来賓接客業務では、1号スタンド5階の来賓質および執務室の各部屋ごとに季節を感じさせる飾りつけを自主的に作成するなど、お客様へのおもてなしを自ら進んで実践、継続する姿勢は他の模範となる取り組みである。

●川崎競馬倶楽部 川崎競馬こぼれ話担当チーム3名
 神奈川新聞の連載コラム「川崎競馬こぼれ話Ⅱ」にて川崎競馬に関する様々な話題を一般の読者向けに分かり易く紹介し、川崎競馬場の知名度アップに大いに貢献した。

●(株)よみうりランド川崎競馬事業部 川口昌和
 サンマ大会やバーベキューなどファンの興味を引くイベントを積極的に企画、立案、実施し、川崎競馬場来場者の拡大に多いに寄与した。

4月1日付で川崎に3人の調教師が誕生!

2015-04-01-Wed-16:02
本日4月1日付で川崎競馬に3人の調教師が誕生します。

150331佐藤博紀騎手
3月31日に引退式が行われ16年間の騎手生活からステッキを置いた佐藤博紀調教師。
そしてそして調教師補佐からの転向するの平田正一調教師と村田順一調教師。

150401平田正一調教師
平田正一調教師は大阪府出身の37歳。
中学生の時にテレビで競馬に魅せられ、大学を卒業すると牧場へ就職。
川崎で厩務員を6年半、調教師補佐を4年経験しています。
「やるからには勝ちにこだわっていきたい」と平田師。
厩務員時代にヴィクトリーパールでローレル賞勝ちしていますが、その手綱を取ったのが佐藤博紀騎手。
調教師として同期デビューというのは不思議なご縁ですね。


150401村田順一調教師
村田順一調教師は村田六郎調教師の長男として父の背中を見て育った41歳。
祖父・幸男調教師からの三代目になります。
専門学校で情報処理を学びましたが、やはり馬の世界に進みたいと20歳から父の元で厩務員そして補佐として支えてきました。
「馬の扱いのイロハから父に教えてもらったが、独立して厩舎をかまえることになったからには厩舎方針も違うし自分なりの色を出していきたい。丈夫で長く活躍できる馬を作っていきたい」と語っていました。

いずれも7月から開業し8月から出走する予定です。

川崎競馬経営計画の策定について

2015-04-01-Wed-15:09
川崎競馬組合は、これまで数次にわたり経営改善に向けた計画等を策定し、それに基づく売上振興策や経費削減策に職員と関係者が一丸となって取り組んできました。その結果、着実に経営改善が図られたことにより、ピーク時(16年度末)には約36億円に達していた累積赤字を平成25年度末に解消することができました。

しかしながら、本場の売上や入場者数の減少傾向には歯止めがかかっておらず、また、今後を見通すと、レジャーの多様化やファンの高齢化等の公営競技に共通する課題に加え、場内の施設・設備の老朽化への対応等の川崎競馬固有の課題も山積しています。

そこで、こうした状況を踏まえたうえで、当面5年間の財政収支を見通すとともに、売上振興策や経営基盤の強化策などを盛り込んだ、今後の経営の指標となる「川崎競馬経営計画」を策定しました。

今後は、川崎競馬のさらなる発展に向けて、これまで以上に関係者との連携・協調を図りながらこの計画を着実に実行し、皆様により多くの夢と感動を届けられるよう、全力をあげて取り組んでまいります。


■川崎競馬経営計画(平成27年度~31年度)の概要
・経営目標
1.単年度黒字の継続と基金の着実な積立て、構成団体(神奈川県・川崎市)への配分金の安定的な繰出し
2.本場の売上・入場者数の拡大
3.地域社会から愛され親しまれる川崎競馬場の確立


■主な数値目標(31年度)
川崎競馬開催の売上総額 502億円(26年度2月現計予算 480億円)
川崎競馬場の総入場者数 170万人(26年度実績見込 161万人)
構成団体への繰出金 3億円(26年度実績見込 -)

■主な取組施策
・テレビ・ラジオによる広報の充実
・新商業施設との連携による情報発信・誘客の推進
・スタンドや内馬場施設のリニューアル
・キャッシュレス投票の導入
・JBC競走の再誘致(28年11月開催が決定)
・強い馬づくり・在きゅう馬の能力向上に向けた助成制度の創設
・WINS川崎の広報・ファンサービスの充実
・ファミリー層向けのイベント・施設の充実
・構成団体・県内市町村・地元企業等の協賛レースの拡大
・地域イベントへの参加

平成26年度川崎競馬の開催を終えて

2015-04-01-Wed-15:02
平成26年度の川崎競馬は、3月31日をもちまして今年度の全日程(4月~3月で14開催、63日間)を終了し、総売得金、1日平均売得金ともに前年度を上回りました。
これもひとえにファンの皆様をはじめ、関係者の皆様のご支援、ご協力の賜物と厚くお礼申し上げます。

平成27年度の開催(4月~3月で14開催、63日間)は、明日、4月1日(水)からナイター開催でスタートします。

27年度は、ファンの興味をひく魅力ある競馬を開催するための強い馬づくり等に向けた新たな助成制度の導入や、2号スタンド等のリニューアル、ファミリー層向けイベントの充実などに積極的に取り組み、川崎競馬をより一層盛り上げていきます。また、28年春には旧3号スタンド跡地に新商業施設がオープンしますので、新たなファンの開拓に向けて広報・ファンサービスにおいて連携を図っていきます。

ファンの皆様に愛され親しまれる川崎競馬を目指して、より一層努力してまいりますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

■平成26年度川崎競馬開催成績
年度       平成26年度      平成25年度
開催回数      14回          13回
開催日数      63日          63日
売得金      48,397,905,540円  47,148,923,100円
(対前年度比)  (102.6%)       (101.3%)
1日平均売得金    768,220,700円  748,395,600円 
(対前年度比)  (102.6%)       (102.9%)
本場入場者 282,494人 291,543人
(対前年度比) (96.9%)   (86.8%)
1日平均本場入場者 4,484人  4,628人
(対前年度比) (96.9%)   (88.2%)

準重賞・スポーツニッポン花見月杯

2015-04-01-Wed-00:36
5月20日に行われる大井記念のトライアル競走「スポーツニッポン花見月杯」。1着馬には、大井記念の優先出走権が付与されます。

 好スタートからブルロックが先頭に立つと主導権を握り、淡々としたペースでレースは進みます。向正面からブルロックがペースを上げますが、4コーナーを回っても先頭で直線へ。直線に入ると、ブルロックが後続を振り切り逃げ込みを図りますが、道中は後方から2番手でレースを進めたドラゴンヴォイスが直線で追い上げると、ゴール前は一気の差し切りでブルロックを捕え、1/2馬身差で優勝。大井記念の優先出走権を獲得しました。

  準重賞  準重賞・スポーツニッポン花見月杯 結果
HOME