川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第63回エンプレス杯(JpnⅡ)

2017-03-02-Thu-09:30
今年で63回目を迎えるエンプレス杯(JpnⅡ)。今年は、JRA5頭、南関東6頭、笠松・高知から各1頭の計13頭で行われました。

 リンダリンダがハナを切るも、縦長の展開で1周目のゴール前へ。ゴール板を過ぎたあたりからヴィータアレグリアが進出をし、ハナへ。ワンミリオンスもこれに続き、1コーナーへと向かいます。

  エンプレス杯 レース 1 1周目のゴール前

 向正面に入ってからも、ヴィータアレグリアが後続を引っ張りますが、ワンミリオンス、リンダリンダらも直後に続きます。直線に入ると、ワンミリオンスがスパートし、後続との差を広げます。リンダリンダもこれを追いますが、ワンミリオンスが後続に2馬身の差をつけ、TCK女王盃に続く重賞連覇。2着には、TCK女王盃同様、リンダリンダが入線しました。

 エンプレス杯 レース 2 エンプレス杯 ワンミリオンス 

 第63回エンプレス杯(JpnⅡ) 結果

 川崎からは、ポッドガゼールとリュウグウノツカイの2頭が出走。ポッドガゼールはTCK女王盃に続いての4着入線を果たしました。リュウグウノツカイは13着でした。

 エンプレス杯 ポッドガゼール 4着:ポッドガゼール

 エンプレス杯 リュウグウノツカイ 13着:リュウグウノツカイ

 エンプレス杯 口取り 口取り

 エンプレス杯 表彰式 戸崎騎手 勝利ジョッキーは、戸崎圭太騎手

 

 エンプレス杯 表彰式 1 エンプレス杯 表彰式 2 表彰式

 イメージキャラクターの谷桃子さんにとっては、最後の表彰式となりました。関係者のみなさま、おめでとうございます。

 

 

 今年のエンプレス杯は、売得金レコードを更新。平成21年2月の第55回のレコードを、大幅に上回りました。また、エンプレス杯施行日全体の売得金レコードも、25年ぶりに上回りました。

 売得金レコードの更新について
 
 
スポンサーサイト

クラシックジュニアカップ

2017-03-02-Thu-08:28
JRAの牡馬クラシック三冠(皐月賞・東京優駿・菊花賞)優勝馬
を父に持つ馬のみが出走可能な「クラシックジュニアカップ」。
2010年からから始まったこの競走も、すっかりおなじみになりました。
今年は11頭立てで行われ、出走馬の父は三冠馬ディプインパクトの他
キングカメハメハ、マンハッタンカフェ、メイショウサムソン、アサクサキングス、タニノギムレットを父にもつ馬が出走しました。

レースは8枠の2頭、ミヤビシャンス その後ろをフミノインパルスが追走する展開。
向こう正面でアズナヴァルが仕掛け先頭に並ぼうとしますが前の2頭は捕まりません。
直線半ばでフミノインパルスが先頭に踊り出ると2着のスマートカオスに
2馬身1/2の差をつけてそのまま優勝のゴール。

優勝したフミノインパルスの父馬は、2002年のダービー馬タニノギムレットです。

  170301 クラシックジュニアカップ-01
  ※画像をクリックすると大きくなります。
 
 

田島寿一調教師 400勝達成!!

2017-03-02-Thu-08:27
田島寿一調教師が3月1日の川崎競馬第6レースにおいて、管理するミオヴァンジェーロ号で勝利し、2002年の厩舎開業から3,421戦目にして地方競馬通算400勝を達成しました。

田島寿一調教師、ならびに関係者のみなさま、おめでとうございます。

 400勝を達成した1日の第6レース
  170301 田島寿一調教師 400勝-01 170301 田島寿一調教師 400勝-02 170301 田島寿一調教師 400勝-02

田島寿一調教師のプロフィールと成績は、下記の通りです。

田島寿一 調教師 通算成績
  初出走  平成14年12月26日 ウインターガーデン
  初勝利  平成15年02月24日 ウエスタンワンダー
  成績(平成29年3月1日第6レース現在)
  3,421戦 400勝
  2着 328回 3着 312回 4着 283回 5着 285回 着外 1,813回

重賞勝利
  平成20年11月05日 第8回ローレル賞(SIII) ヴィクトリーパール
 
 
HOME