川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

ゴールドパテックがGRANDAME-JAPAN3歳女王に輝きました

2018-06-14-Thu-08:30
今回で9回目を迎えた世代別牝馬重賞シリーズ『GRANDAME-JAPAN(グランダム・ジャパン)』
3歳シーズンの最終戦となる関東オークスで地方馬最先着の2着となったゴールドパテック(岩本洋厩舎)がエクストラポイントを含め合計33ポイントとなり、大逆転でグランダム・ジャパン3歳シーズン総合優勝を果たしました。

グランダム・ジャパン3歳シーズンの成績詳細については こちら をご覧下さい。

 180613 GRANDAM-JAPAN 3歳シーズン総合優勝 ゴールドパテック-01 180613 GRANDAM-JAPAN 3歳シーズン総合優勝 ゴールドパテック-02

第9代グランダムジャパン3歳女王に輝いたゴールドパテックを管理するのは岩本洋調教師。

「2着という悔しい結果だったがグランダムジャパン3歳女王の栄誉を頂戴して本当にうれしい。
今日は課題のスタートでうまく出たこともあっていつもより前目での位置取り。
レースの流れが速いくなり、逃げた馬がラクをしていたからこのまま逃げ切られてはいけないと3コーナーから動いて早めに仕掛けるかたちになった騎手の判断は理解できる。
結果は悔しいがよく頑張ってくれたと思う」。

ゴールドパテックは優先出走権を獲得した次開催のスパーキングレディーカップ(7月5日)に出走するか、もしくは少し厩舎でのんびりさせて戸塚記念を目標にしたプランを組む予定です。

  

   
   
スポンサーサイト

第54回関東オークス(JpnII)

2018-06-14-Thu-08:20
開催3日目のメインレースは第54回関東オークス(JpnII)
1着となった地方競馬所属馬にはジャパンダートダービーへの、また1・2着となった地方競馬所属馬にはスパーキングレディーカップへの優先出走権が与えられます。
今年は13頭立てで行われました。

レースは内からクレイジーアクセルがダッシュよくハナを奪うとメイショウヒサカタを引き連れてレースを引っ張ります。断然人気に推されたララプリムヴェールはスタートでやや遅れたものの1周目3角までに盛り返して前の2頭を追いかけます。
4番手にはゴールドパテックとプリンセスノンコが前を見ながら併走。その後ろにハービンマオ、エグジビッツ、アクアレジーナと縦長の展開。
クレイジーアクセルの緩急を利かした逃げについていった2頭でしたが、2周目の3角で置かれ始め、代わりにその後ろで構えていたゴールドパテックが2番手に上がり、更にその後ろの内ラチ沿いからハービンマオも一気に差を詰めてきます。
残り200mを切った所でゴールドパテックが先頭に立ちますが、ハービンマオが猛追。3/4馬身交わし切った所がゴールでした。

優勝はハービンマオ
 180613 関東オークス-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第54回関東オークス 結果

レース後の検量室前
 

口取り
 180613 関東オークス-02 180613 関東オークス-03

勝利ジョッキーは松岡正海騎手
 180613 関東オークス-04

 

表彰式
 180613 関東オークス-05

最後は恒例の記念撮影
 180613 関東オークス-06

関係者のみなさま、おめでとうございます。

※騎手インタビュー動画
 

尚、川崎競馬から参戦したゴールドパテックは直線で一旦先頭に立ちましたが、ゴール直前で差されて惜しくも2着となりました。

2着:ゴールドパテック
 180613 関東オークス-07 180613 関東オークス-08 180613 関東オークス-09

今年の関東オークスは昨年に記録した同競走の売得金額レコード(5億5,812万6,700円)を更新しました。

 関東オークス競走の売得金レコードの更新について
 
 

ドラゴンポテト グランプリ獲得記念

2018-06-14-Thu-08:10
開催3日目の第8レースには「ドラゴンポテト グランプリ獲得記念」が行われました。
5月18日~20日に川崎競馬場で開催されたポテトチップスグランプリにて、ジャパンフリトレー株式会社の「ドラゴンポテト」がグランプリに選ばれた事を記念したレースです。

レースは真ん中から好ダッシュを決めたパテティークが逃げ、グレートコマンダーは切り返してその外2番手につけます。内にキクノサージ、外にムーンライトハニーが続きスローペースで流れていきます。
3角を過ぎてからようやく後続勢が動き出しますが、前に行った馬達は十分に余力を残したまま直線を向くとあとはパテティークとグレートコマンダーの一騎打ち。
逃げ込みを計るパテティークに一歩また一歩とグレートコマンダーが詰め寄り、ハナ差で交わしきった所がゴールでした。

優勝はグレートコマンダー
 180615 ドラゴンポテト グランプリ獲得記念-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 ドラゴンポテト グランプリ獲得記念 結果

勝利ジョッキーは町田直希騎手
 180615 ドラゴンポテト グランプリ獲得記念-02

町田直希騎手コメント
 【おめでとうございます】ありがとうございます。
 (直線では)交わせそうな手応えだったんですけど、なかなかジリ脚な馬でちょっとドキドキしましたが並んでからはすぐ抜け出してくれたので、あぁ勝てたなと思いました。
 道中はちょっとタメを効かせたい馬で、レースもスローだったのでジーッと構える事が出来て展開にハマったかなという感じでした。
 【ドラゴンポテトの協賛レースですが、スナック菓子はお好きですか?】 大好きです!!(笑顔)
 【減量は大丈夫ですか?】 大丈夫です!!(笑顔)
 【今日の副賞はフリトレー社のスナック詰め合わせですが?】 楽しみにしてます!!(笑顔)
 今日は御来場頂き誠にありがとうございます。メインレースには中央交流重賞もありますので、是非最終レースまで楽しんでいってください。ありがとうございました。

プレゼンターはジャパンフリトレー代表取締役社長:岩崎直哉様が務めました。

岩崎直哉様によるPRコメント
 180615 ドラゴンポテト グランプリ獲得記念-03

 (優勝した)町田騎手おめでとうございます。竜のようにどんどん上にあがって勝ち続けて頂ければと思います。
 これからも御活躍を祈念致します。どうもありがとうございました。

最後は恒例の記念撮影
 180615 ドラゴンポテト グランプリ獲得記念-04

関係者のみなさま、おめでとうございます。

ドラゴンポテトについては、ジャパンフリトレー社ホームページの こちら をご覧下さい。
 
 

今年も全力投球!稲村亜美さん来場記念

2018-06-14-Thu-08:00
開催3日目の第6レースには、2017年に引続き本年度も川崎競馬のイメージキャラクターを務めて頂く事となった稲村亜美さんの来場記念レースが行われました。

レースはプールアンレーヴ、サミット、ステルスブルーの3頭がハナを伺いますが、サミットは控えます。プールアンレーヴがそのままハナかと思われましたが2角手前でステルスブルーが一気に先頭に踊り出て、4番手以下は離れての追走。
3角手前で再度プールアンレーヴが先頭に立つと、それを見るようにサミットがじわりと差を詰め始め、4角では早くも並びかけます。直線に入ると後続勢が差してきますがサミットはセーフティリードを保ったまま1馬身1/2差をつけて完勝しました。

優勝はサミット
 180615 稲村亜美さん来場記念-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 稲村亜美さん来場記念 結果

勝利ジョッキーは今野忠成騎手
 180615 稲村亜美さん来場記念-02

今野忠成騎手コメント
 【おめでとうございます】ありがとうございます。
 思ったよりペースが速かったので、思っていた位置でレースが進められて良かったです。
 【川崎ジョッキーズにとって稲村亜美さんがイメージキャラクターという存在はこころ強い所があるんじゃないですか?】
 そうですね…(場内笑い)あまり僕ら騎手とは接する事が無いのですが、競馬場のために一生懸命やってくれているんだなと思って騎手会全員で応援しています。
 今日は関東オークスという大きいレースのある日に足を運んで頂きありがとうございます。これからもみんなで頑張っていきますので応援よろしくお願いします。 

プレゼンターはもちろん稲村亜美さんが務め、優勝馬関係者のみなさまには稲村亜美さんのサイン入り写真集がプレゼントされました。

稲村亜美さんからのメッセージ
 180615 稲村亜美さん来場記念-03

 関係者の皆様おめでとうございます。今年もこのような賞(レース)を作って頂き、とても嬉しく思います。
 今野騎手も(インタビュアーに自分の話を振られて)すごく話しにくそうだったんですけど、今年もよろしくお願いします。

最後は恒例の記念撮影
稲村亜美さんに負けじと一生懸命背伸びをしていた今野忠成騎手でした。
 180615 稲村亜美さん来場記念-04

関係者のみなさま、おめでとうございます。
 
 
HOME