FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第23回スパーキングレディーカップ(JpnIII) 優勝はファッショニスタ

2019-07-05-Fri-08:10
開催3日目の11レースは第23回スパーキングレディーカップ(JpnIII)
今年はJRA所属馬4頭、愛知競馬所属馬1頭が参戦し、14頭立てで行われました。
1着となった地方競馬所属馬にはレディスプレリュード(JpnII)への優先出走権が与えられます。

レースは好スタートを決めたファッショニスタが無理をせずサルサディオーネにハナを譲り2番手でレースを進めると、直線であっさり前を捕らえきり4馬身差をつけて完勝しました。

優勝はファッショニスタ
 190704 スパーキングレディーカップ-01 優勝はファッショニスタ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第23回スパーキングレディーカップ 結果

レース後の検量所前
 

口取り
 190704 スパーキングレディーカップ-02 190704 スパーキングレディーカップ-03

勝利ジョッキーは川田将雅騎手
 190704 スパーキングレディーカップ-04

 

表彰式
 190704 スパーキングレディーカップ-05

最後は恒例の記念撮影
 190704 スパーキングレディーカップ-06

関係者のみなさま、おめでとうございます。

尚、川崎競馬からはラーゴブルー、アッキー、リボンスティックの3頭が参戦しました。

7着:ラーゴブルー
 190704 スパーキングレディーカップ-07 190704 スパーキングレディーカップ-08 190704 スパーキングレディーカップ-09

10着:アッキー
 190704 スパーキングレディーカップ-10 190704 スパーキングレディーカップ-11 190704 スパーキングレディーカップ-12

13着:リボンスティック
 190704 スパーキングレディーカップ-10 190704 スパーキングレディーカップ-11 190704 スパーキングレディーカップ-12

今年のスパーキングレディーカップは平成30年に記録した同競走の売得金額レコード(6億3,566万6,000円)を更新するとともに、同競走施行日における1日あたりの売得金レコードを更新しました。

 スパーキングレディーカップ競走の売得金レコードの更新について
 
 
スポンサーサイト



オーストラリアンターフクラブ杯 優勝はドリームポリーニ

2019-07-05-Fri-08:00
開催3日目の第10レースには、オーストラリアンターフクラブ杯が12頭立てで行われました。

カツマルくんホールでは同レースの実施を記念して、オーストラリアンターフクラブのPRブースや、アンケートに答えるとワインなどが当たる抽選会も行われました。
 190704 オーストラリアンターフクラブ杯-01 190704 オーストラリアンターフクラブ杯-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

レースは5番手につけていたドリームポリーニが、向こう正面にさしかかると早くも3番手まで位置取りを上げていき、粘る先行2騎を直線半ばで捕らえてそのまま2馬身差をつけて優勝しました。

優勝はドリームポリーニ
 190704 オーストラリアンターフクラブ杯-03 優勝はドリームポリーニ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 オーストラリアンターフクラブ杯 結果

勝利ジョッキーは森泰斗騎手
 190704 オーストラリアンターフクラブ杯-04

森泰斗騎手コメント
 【おめでとうございます】ありがとうございます。
 前回僕が(ドリームポリーニ号に)乗せて頂いた時より調子が上がっているなと感じました。
 本来はもう少し差しに構える馬だと思うんですが、(今日は)こういう馬場状態でやはり前が残りやすいのでこの馬のスタイルではないんですがいつもより前に取りついていきました。
 最初に跨った時からかなり走る馬だという事は感じていましたし、今日に関しては王道の競馬というか、かなり自信を持って乗っていました。
 この後、交流重賞(スパーキングレディーカップ)があり、JRAの馬達はもちろん強いんですが、地方競馬の代表としてなんとかいい競馬をしたいと思っていますので地方馬の応援もよろしくお願いします。

プレゼンターはオーストラリアンターフクラブ国際部門総括責任者:James Ross様が務めました。
 190704 オーストラリアンターフクラブ杯-05

最後は恒例の記念撮影
 190704 オーストラリアンターフクラブ杯-06

関係者のみなさま、おめでとうございます。
 
 
HOME