fc2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

無観客競馬開催の様子

2020-03-03-Tue-08:10
2019年度第14回川崎競馬(3月2日~6日)は新型コロナウイルス感染拡大の社会全体のリスクを抑えるため無観客競馬による開催となりました。
200302 無観客競馬開催の様子-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

第2入場門はシャッターが閉まり、無観客競馬のお知らせが掲示されていました。
200302 無観客競馬開催の様子-02 200302 無観客競馬開催の様子-03

第1入場門では、外向投票所にて地方競馬の払い戻しのみが行われていました。
200302 無観客競馬開催の様子-04

パドックでは淡々と周回が重ねられていました。
200302 無観客競馬開催の様子-05 200302 無観客競馬開催の様子-06

お客様のいないスタンド
200302 無観客競馬開催の様子-07 200302 無観客競馬開催の様子-08

レース風景
200302 無観客競馬開催の様子-09 200302 無観客競馬開催の様子-10

1レースのゴール前(動画)


1レースで2着に粘ったサプリ号に騎乗していた拜原靖之騎手のコメント
『(お客様が)誰もいないとやっぱり寂しい、能力調教試験みたいです。直線に入って先頭に立っても「そのまま」とも「差せ」とも言われないから不思議な感じです。』

そんな中、いつもと変わらず元気に、華やかに川崎競馬を盛り上げてくれていたのは誘導馬チーム。
開催初日は1日雨だったため合羽姿でしたが、天気が良ければ様々な衣装をつけて誘導を行う予定との事。
200302 無観客競馬開催の様子-11

1日も早く、お客様の歓声で盛り上がる「普段の競馬場」が戻ってきて欲しいですね。
 
 
スポンサーサイト



地方競馬強化指定馬にヴァケーションとコーラルツッキーが選出されました

2020-03-03-Tue-08:00
平成29年度から始まった「地方競馬強化指定馬制度」
「地方競馬における強い馬づくり」の一環として、一定の成績を残した地方競馬所属馬について、その競走能力を向上させるために坂路等を備えた民間の育成施設等を利用する場合や、国内外の重賞競走に出走する際、馬主に輸送費の費用負担が生じた場合にこれを支援し、地方競馬から「強い馬」を輩出する一助とすることを目的とした制度です。

3月2日令和元年度地方競馬強化指定馬に選出された5頭が発表となり、川崎競馬からはヴァケーション(牡3、高月賢一厩舎)、コーラルツッキー(牝3、山崎裕也厩舎)が選出されました。


ヴァケーションは平和賞、全日本2歳優駿(JpnI)と重賞を連勝、NARグランプリ2019で2歳最優秀牡馬に選ばれ、川崎競馬の生え抜きとして南関東クラシック戦線やその後の活躍が期待されています。

ヴァケーション(全日本2歳優駿優勝時)
 ヴァケーション
 ※画像をクリックすると大きくなります。


コーラルツッキーは北海道:田中淳司厩舎所属時にエーデルワイス賞(JpnIII)で1着となり、東京2歳優駿牝馬出走後に川崎へ転入。南関東牝馬クラシック戦線やその後の活躍が期待されています。

コーラルツッキー(ユングフラウ賞出走時)
 コーラルツッキー


尚、地方競馬強化指定馬にはこの他にティーズダンク(牡3、浦和:水野貴史厩舎)、レイチェルウーズ(牝3、船橋:林正人厩舎)、テーオーブルベリー(牝3、大井:中道啓二厩舎)の3頭も選出されています。
 
 
HOME