FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

大井・第34回東京プリンセス賞(SI) 優勝はアクアリーブル

2020-04-29-Wed-08:00
第34回東京プリンセス賞。
1・2着馬には関東オークス(JpnII)への優先出走権が与えられます。
今年は16頭で争われ、川崎からはルイドフィーネ、ミナミン、ブロンディーヴァの3頭が参戦しました。

レースは先行2騎をじっくりと見る位置を追走していたアクアリーブルが直線追いすがるリヴェールブリスを振り切り、1馬身3/4差つけた所が南関東牝馬クラシック2冠目のゴール。母:アスカリーブルと同レース母子制覇となりました。
また、1着:アクアリーブルと2着:リヴェールブリスは関東オークスへの優先出走権を獲得しました。

優勝はアクアリーブル(船橋:佐藤賢二厩舎)
 200428 東京プリンセス賞-01 優勝はアクアリーブル
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第34回東京プリンセス賞 結果

ルイドフィーネは3着、ミナミンは11着、ブロンディーヴァは13着という結果でした。

3着:ルイドフィーネ
 200428 東京プリンセス賞-02 200428 東京プリンセス賞-03 200428 東京プリンセス賞-04

11着:ミナミン
 200428 東京プリンセス賞-05 200428 東京プリンセス賞-06 200428 東京プリンセス賞-07

13着:ブロンディーヴァ
 200428 東京プリンセス賞-08 200428 東京プリンセス賞-09 200428 東京プリンセス賞-10
 
 
スポンサーサイト



HOME