FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

大井・第65回羽田盃(SI) ゴールドホイヤーが優勝!

2020-04-30-Thu-08:00
第65回羽田盃。
1着馬から5着馬には東京ダービー(SI)への、1着馬にはジャパンダートダービー(JpnI)への優先出走権が与えられます。
今年は11頭で争われ、川崎からはゴールドホイヤー、グリーンロード、ヴァケーションの3頭が参戦しました。

逃げ馬の2馬身後ろの2番手でレースを進めていたゴールドホイヤーが直線で気合をつけられるとスッと逃げ馬を交わして先頭へ、そのまま追い込み勢を寄せつけず2馬身差で完封。クラシック一冠目を制しました。
また5着以内となったゴールドホイヤー、ブラヴール、ファルコンウィング、ティーズダンク、モンゲートラオの5頭が東京ダービーへの優先出走権を獲得しました。

優勝はゴールドホイヤー(岩本洋厩舎)
 200429 羽田盃-01 優勝はゴールドホイヤー
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第65回羽田盃 結果

口取り
 200429 羽田盃-02 200429 羽田盃-03

山崎誠士騎手、岩本洋調教師
 200429 羽田盃-04 200429 羽田盃-05

山崎誠士騎手コメント
 去年(東京ダービー優勝馬:ヒカリオーソ)に続き、今年も良い馬に乗せて頂いてとても感謝しています。馬の力を100%引き出せれば良い結果がついてくると信じていたので(2年連続クラシック制覇が出来て)嬉しいです。(この馬には)今日が初騎乗だったのですが、これまでの(この馬の)レースを見たイメージとは違い想定より前目の競馬になり自分でも驚きましたが、折り合いをつけて馬の力を出せればと思ってました。終いもしっかり(最後まで)伸びていたので、凄い馬だなと改めて感じました。次走の東京ダービーも良い結果が出るように頑張ります。今、世の中が(コロナウィルスで)大変な状況ですが競馬で皆さんを少しでも笑顔に出来るように騎手・調教師・関係者ともども一致団結し頑張っていきたいと思いますのでこれからも応援よろしくお願いします。

関係者の皆様おめでとうございます。


優勝:ゴールドホイヤー
 200429 羽田盃-06 200429 羽田盃-07 200429 羽田盃-08

8着:グリーンロード
 200429 羽田盃-09 200429 羽田盃-10 200429 羽田盃-11

9着:ヴァケーション
 200429 羽田盃-12 200429 羽田盃-13 200429 羽田盃-14
 
 
スポンサーサイト



HOME