FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

大井・第66回東京ダービー(SI) 優勝はエメリミット

2020-06-04-Thu-08:00
第66回東京ダービー。
1・2着馬にはジャパンダートダービー(JpnI)への優先出走権が与えられます。
今年は2頭が競走除外となり14頭で争われ、川崎からはマンガン、ゴールドホイヤー、ボンモマンの3頭が参戦しました。

レースは内ラチ沿い3番手を追走していたエメリミットが直線で馬場の真ん中に持ち出すと、後方から伸びてきたマンガンとゴールまで激しい叩き合い。最後はクビ差凌ぎきり、騎手・馬共に初重賞制覇が東京ダービーという快挙となりました。
またエメリミットとマンガンの2頭はジャパンダートダービー(JpnI)への優先出走権を獲得しました。

優勝はエメリミット(船橋:林正人厩舎)
 200603 東京ダービー-01 優勝はエメリミット
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第66回東京ダービー 結果

マンガンは2着、ゴールドホイヤーは5着、ボンモマンは14着という結果でした。

2着:マンガン
 200603 東京ダービー-02 200603 東京ダービー-03 200603 東京ダービー-04

5着:ゴールドホイヤー
 200603 東京ダービー-05 200603 東京ダービー-06 200603 東京ダービー-07

14着:ボンモマン
 200603 東京ダービー-08 200603 東京ダービー-09 200603 東京ダービー-10
 
 
スポンサーサイト



HOME