FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第56回関東オークス(JpnII) 優勝はレーヌブランシュ

2020-06-11-Thu-08:00
開催3日目のメインレースは第56回関東オークス(JpnII)
南関東牝馬クラシックの三冠目であると共に、GRANDAME-JAPAN3歳シーズンの最終戦でもあります。
1着となった地方競馬所属馬にはジャパンダートダービー(JpnI)への、1・2着となった地方競馬所属馬にはスパーキングレディーカップ(JpnIII)への優先出走権が与えられます。
今年はJRAから4頭、兵庫から1頭が参戦し、14頭立てで行われました。

レースは牝馬三冠がかかったアクアリーブルが逃げ馬を早めに捉えに行きましたが、それを外から襲いかかったレーヌブランシュが直線半ばで交わしさると最後は1馬身1/2差をつけて優勝。鞍上の松山弘平騎手はJRAのオークス(優駿牝馬)と関東オークスのダブル制覇となりました。
惜しくも2着に終わり、牝馬三冠とはならなかったアクアリーブルでしたが、スパーキングレディーカップへの優先出走権を獲得すると共に、GRANDAME-JAPAN3歳シーズン総合優勝(47ポイント)を飾りました。
また川崎から参戦したルイドフィーネは4着(地方馬内2位)となり、エクストラポイントを加算してGRANDAME-JAPAN総合2位(24ポイント)となりました。

優勝はレーヌブランシュ(JRA:橋口慎介厩舎)
 200610 関東オークス-01 優勝はレーヌブランシュ

 第56回関東オークス 結果

レース後の検量所前
 

口取り
 200610 関東オークス-02 200610 関東オークス-03

今開催はコロナウィルス感染拡大防止の観点から表彰式は行われず、ウィナーズサークルにて優勝騎手・調教師のインタビューのみが行われました。

勝利ジョッキーは松山弘平騎手
 200610 関東オークス-04

 

勝利調教師は橋口慎介調教師
 200610 関東オークス-05

 

関係者のみなさま、おめでとうございます。


尚、川崎競馬からはルイドフィーネ、ミステリーベルン、ミナミンの3頭が参戦しました。

4着:ルイドフィーネ
 200610 関東オークス-06 200610 関東オークス-07 200610 関東オークス-08

12着:ミステリーベルン
 200610 関東オークス-09 200610 関東オークス-10 200610 関東オークス-11

13着:ミナミン
 200610 関東オークス-12 200610 関東オークス-13 200610 関東オークス-14

尚、関東オークスの誘導馬はシックな衣装で登場しました。
 200610 関東オークス-15 200610 関東オークス-16

今年の関東オークスは同競走の売得金額レコードを更新(10億2,062万5,100円)するとともに、同競走施行日における1日あたりの売得金のレコードを更新しました。

 第56回 関東オークス競走(JpnII)の結果について
 
 
スポンサーサイト



HOME