FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

池谷匠翔騎手が川崎競馬に復帰、そして川崎競馬場初勝利

2021-03-02-Tue-12:15
9ヶ月間、佐賀競馬・ホッカイドウ競馬で武者修行をしてきた池谷匠翔騎手が今開催から川崎競馬に復帰。
復帰緒戦は川崎競馬特有のコーナーで膨れてしまいましたがすぐに修正。2戦目の川崎5レースで6番人気馬を1着に導き、川崎競馬場での初勝利を飾りました。
またこの勝利は恩師:内田勝義調教師の通算1,3000勝メモリアルWINにもなりました。

復帰緒戦の第1レースは5着
 210301 池谷匠翔騎手 川崎競馬復帰-01 210301 池谷匠翔騎手 川崎競馬復帰-02 210301 池谷匠翔騎手 川崎競馬復帰-03
 ※画像をクリックすると大きくなります。

川崎競馬場初勝利となった第5レース
 210301 池谷匠翔騎手 川崎競馬場初勝利-01

満面の笑みでレースから戻ってきました。
 210301 池谷匠翔騎手 川崎競馬場初勝利-02

嬉しい口取り
 210301 池谷匠翔騎手 川崎競馬場初勝利-03


 210301 池谷匠翔騎手 川崎競馬場初勝利-04


■池谷匠翔騎手コメント
川崎競馬場での初勝利が、恩師の1,300勝メモリアル勝利。良い記念になりました。
調教師の指示通りに逃げて、最後の直線では心の中でひたすら馬に「頑張れ」と言いながら追ってました。1着でゴールした瞬間はホッとした気持ちと嬉しい気持ちで一杯になりました。
今日の1レースで失敗してしまったので「どこかで取り返さなければいけない」と思っていて、すぐ次の騎乗で結果が出せたのも良かったです。
武者修行中はいろいろな経験が出来て、いろいろな馬にも乗れました。個人的にもメンタル面が強くなったと思ってます。
川崎に帰ってきて先生から少しずつですが誉めて頂けるようになってきたので、これから恩返しをしていきたいです。
まずは次の1勝を目指しますが、同期に負けたくないよう頑張ります。


 210301 池谷匠翔騎手 川崎競馬場初勝利-05

■内田勝義調教師コメント 
佐賀:真島正徳調教師、門別:林和弘調教師にお世話になり、たくさんレースで乗せてもらって、昨年デビューした時と比べて本当に上手くなった。
調教でも足腰を使う事で、馬の頭を上げさせない様に、折り合いをつけるように出来るようになりましたね。
競馬は勝負事なのでこうやって勝つ事でまた次の騎乗依頼に繋がるから、結果が出て良かったです。


池谷匠翔騎手、ならびに関係者のみなさま、おめでとうございます。
 
 
スポンサーサイト



内田勝義調教師 1300勝達成!!

2021-03-02-Tue-12:10
内田勝義調教師が3月1日の川崎競馬第5レースにおいて、管理するシンキングタイム(池谷匠翔騎手騎乗)で勝利し、1987年の厩舎開業から9,557戦目にして地方競馬通算1.300勝を達成しました。

1.300勝を達成した1日の第5レース
 210301 内田勝義調教師 1300勝-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

記念の口取り
 210301 内田勝義調教師 1300勝-02 210301 内田勝義調教師 1300勝-03


 210301 内田勝義調教師 1300勝-04

■内田勝義調教師コメント
愛弟子の池谷匠翔騎手騎乗で記録達成。とても嬉しいですが、まさかこの馬で勝つとは(笑)100点満点の騎乗でした。
馬主様は良い馬を預けて頂いてますし、厩舎スタッフも一生懸命やってくれていますし、騎手もたくさん勝ってくれました。
周りの方々が力を貸してくれて、その積み重ねの1,300勝だと思うので感謝していますし、幸せです。
この先も特に目標はあげず、自分の健康にも気を使いながら1つ1つ勝ち星を積み重ねていきたいですね。

内田勝義調教師、ならびに関係者のみなさま、おめでとうございます。

内田勝義(うちだ かつよし)調教師
 初出走:1987年6月30日 カネショウハヤテ
 初勝利:1987年7月23日 カネショウハヤテ
 成績(令和3年1月1日第5レース現在):9,557戦1,300勝
  2着1,079回 3着1,025回 4着921回 5着878回 着外4,354回

・重賞勝利 23勝 一覧はこちら
 
 

拜原靖之騎手復帰

2021-03-02-Tue-12:00
昨年11月13日の川崎ジョッキーズカップで落馬、左肩甲骨を骨折し休養していた拜原靖之騎手が約2ヶ月半ぶりに復帰しました。
 210301 拜原靖之騎手復帰-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

復帰緒戦となった第4レースは9番人気ながら3着と健闘
 210301 拜原靖之騎手復帰-02

久々のレースを楽しんで戻ってきました。
 210301 拜原靖之騎手復帰-03


210301 拜原靖之騎手復帰-04

拜原靖之騎手コメント
(果敢に逃げるもゴール直前で差され)甘くなかったですね。2番手の馬に突かれ、息が入らない展開になってしまい苦しいながらも馬が頑張ってくれました。
(2ヶ月半ぶりのレースで)体は疲れましたが、楽しく乗れました。
骨折は手術の出来ない箇所でしたが、骨にズレがなかったので安静にしているだけ。この期間だけで復帰出来たのは良かったと考えてます。
ようやく自分にとって今年がスタートしたわけですが怪我なく無事に、出来れば活躍したい。通算100勝(あと3勝)も出来るだけ早く決められるよう今日から頑張ります。
 
 
HOME