fc2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

川崎所属馬の遠征結果(9月28日遠征分)

2023-09-29-Fri-14:40
9月28日園田競馬に遠征した、川崎所属馬の遠征結果は下記の通りです。

 9月28日 園田競馬11R 1,700m
 第63回姫山菊花賞

 アイアムレジェンド[牡7] 6着 内田勝義厩舎 吉原寛人騎手(金沢)

 第63回姫山菊花賞 結果

 230928 姫山菊花賞-01 230928 姫山菊花賞-02 230928 姫山菊花賞-03
 ※画像をクリックすると大きくなります。


画像提供:若松亮太様
スポンサーサイト



船橋・第70回日本テレビ盃(JpnII) 優勝はウシュバテソーロ

2023-09-29-Fri-14:30
第70回日本テレビ盃。
1着馬にはJBCクラシック(JpnI)への、5着以内となった南関東所属先着馬2頭には埼玉新聞栄冠賞(SIII)への優先出走権が与えられます。
川崎からはビヨンドボーダーズが参戦しました。

逃げ馬の後ろで脚を溜めていたウシュバテソーロが直線で外へ持ち出すと一気に先頭に立ち、2馬身半差をつけて貫禄勝ち。重賞4連勝を飾り、JBCクラシックへの優先出走権を獲得しました。
また3着となったスワーヴアラミスは埼玉新聞栄冠賞への優先出走権を獲得しました。

優勝はウシュバテソーロ(JRA・高木登厩舎)
 230927 日本テレビ盃-01 優勝はウシュバテソーロ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第70回日本テレビ盃 結果

ビヨンドボーダーズは8着という結果でした。

8着:ビヨンドボーダーズ
 230927 日本テレビ盃-02 230927 日本テレビ盃-03 230927 日本テレビ盃-04
 
 

2023ヤングジョッキーズシリーズトライアルラウンド船橋リポート 新原周馬騎手、野畑凌騎手ファイナルラウンド進出決定!

2023-09-28-Thu-12:20
9月26日、船橋競馬場で2023ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)東日本地区の第6ステージが行われました。

5レース終了後にはウィナーズサークルにて騎手紹介式が行われました。
 230829 YJSトライアルラウンド船橋-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

川崎競馬からは新原周馬騎手が参戦しました。
 230829 YJSトライアルラウンド船橋-02


◆第7R YJSトライアルラウンド船橋第1戦 1,800m◆

道中は後方を追走していた大木天翔騎手(アイノシルヴィア)が直線で馬場の真ん中を豪快に突き抜け、首差で第1戦を制しました。
新原周馬騎手は4着でした。

1着:大木天翔騎手(大井)、2着:水沼元輝騎手(JRA)、3着:仲原大生騎手(大井)
 230829 YJSトライアルラウンド船橋-03

 YJSトライアルラウンド船橋第1戦 結果

新原周馬騎手 4着
 230829 YJSトライアルラウンド船橋-04 230829 YJSトライアルラウンド船橋-05 230829 YJSトライアルラウンド船橋-06
「ゲートを出てからは前が速そうだったので出たなりで競馬をすることを選択しました。少しだけ切れる脚を使うという話だったので4コーナーまで脚を溜める気持ちで乗って追い出しましたが、それでもあの馬としては仕掛けが早く、もう少し我慢して追い出していれば3着はあったと思います。次に乗せてもらえることがあれば、そういう部分を改善して騎乗したいです」


◆第9R YJSトライアルラウンド船橋第2戦 1,800m◆

逃げ馬の直後につけていた佐藤翔馬騎手(サントレゾール)が直線での叩き合いから、首だけ前へ出た所がゴールでした。
新原周馬騎手は4着でした。

1着:佐藤翔馬騎手(JRA)、2着:大木天翔騎手(大井)、3着:横山琉人騎手(JRA)
 230829 YJSトライアルラウンド船橋-07

 YJSトライアルラウンド船橋第2戦 結果

新原周馬騎手 4着
 230829 YJSトライアルラウンド船橋-08 230829 YJSトライアルラウンド船橋-09 230829 YJSトライアルラウンド船橋-10
「テンは速いと聞いていたので、それなりにポジションを取って内で我慢していればいいかなと思いレースに臨みました。ゲートは良かったので出して行って、あわよくばハナに行こうと思っていたんですけど勝馬の方が速かったので内々で我慢する競馬を選択しました。これまでの成績でも船橋は馬場が合うみたいで、馬がいい時に乗せてもらえてタイミングも良かったです」


YJSトライアルラウンド船橋を終え、トライアルラウンド東日本ブロックの全日程が終了。
新原周馬騎手が51ポイントで総合3位、野畑凌騎手が49ポイントで総合4位となり、ファイナルラウンド進出となりました。

ファイナルラウンド進出が決まった野畑凌騎手と新原周馬騎手
 230829 YJSトライアルラウンド船橋-11 230829 YJSトライアルラウンド船橋-12

野畑凌騎手コメント
「YJSトライアルラウンド船橋では騎乗がありませんでしたが凄く緊張しました。現地で観戦させてもらいましたが、結果発表でファイナルラウンドに行けると決まった時にはとても嬉しかったです!」

新原周馬騎手コメント
「これでヤングジョッキーズシリーズへの参戦は最後になると思いますので、ファイナルラウンドも精一杯頑張ります。できるだけ良い結果を出して、いい思い出になるようにしたいです」


その他の川崎競馬所属騎手の総合成績は
神尾香澄騎手 20ポイント 総合16位
となりました。


YJSトライアルラウンド船橋終了時点の総合順位は特設サイトをご覧ください。

 YJSトライアルラウンド 総合順位
 
 

川崎所属馬の遠征結果(9月26日遠征分)

2023-09-28-Thu-12:10
9月26日金沢競馬に遠征した、川崎所属馬の遠征結果は下記の通りです。

 9月26日 金沢競馬10R 2,100m
 第43回白山大賞典(JpnIII)

 第43回白山大賞典 結果

 ライトウォーリア[牡6] 5着 内田勝義厩舎 吉原寛人騎手(金沢)
 230926 白山大賞典-01 230926 白山大賞典-02 230926 白山大賞典-03
 ※画像をクリックすると大きくなります。


画像提供:武田明彦様

川崎所属馬の遠征結果(9月26日遠征分)

2023-09-28-Thu-12:00
9月26日盛岡競馬に遠征した、川崎所属馬の遠征結果は下記の通りです。

 9月26日 盛岡競馬10R 芝1,700m
 第25回OROカップ(M1)

 第25回OROカップ(M1) 結果

ラビュリントス[牝3] 7着 内田勝義厩舎 本田正重騎手(船橋)
 230926 OROカップ-01 230926 OROカップ-02 230926 OROカップ-03
 ※画像をクリックすると大きくなります。


画像提供:横川典視様

新原周馬騎手が出場 2023ヤングジョッキーズシリーズトライアルラウンド船橋の枠順確定

2023-09-24-Sun-18:04
9月26日(火)船橋競馬場で行われる「2023ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)トライアルラウンド船橋」に、川崎競馬から新原周馬騎手が参戦します。

2023ヤングジョッキーズシリーズ特設サイトは こちら

◆2023YJSトライアルラウンド船橋 第1戦
 新原周馬騎手は2枠2番コスモヴェレッド(船橋・佐々木清明厩舎)に騎乗予定

 2023YJSトライアルラウンド船橋 第1戦 枠順

◆2023YJSトライアルラウンド船橋 第2戦
 新原周馬騎手は4枠5番シルヴァギンジ(川崎・岩本洋厩舎)に騎乗予定

 2023YJSトライアルラウンド船橋 第2戦 枠順

新原周馬騎手
 新原周馬騎手
 ※画像をクリックすると大きくなります。

意気込みコメントは こちら
 
 

川崎所属馬の遠征情報(9月26日遠征分) 盛岡:OROカップにラビュリントスが参戦

2023-09-24-Sun-08:10
9月26日の盛岡競馬に、川崎所属馬が遠征予定です。

 9月26日 盛岡競馬10R 芝1,700m
 第25回OROカップ(M1)

 第25回OROカップ(M1) 枠順

 ラビュリントス[牝3] 内田勝義厩舎 本田正重騎手
 ラビュリントス

ラビュリントスが、盛岡競馬の芝重賞連勝を狙います。
 
 

川崎所属馬の遠征情報(9月26日遠征分) 金沢:白山大賞典にライトウォーリアが参戦

2023-09-24-Sun-08:00
9月26日の金沢競馬に、川崎所属馬が遠征予定です。

 9月26日 金沢競馬10R 2,100m
 第43回白山大賞典(JpnIII)

 第43回白山大賞典 枠順

 ライトウォーリア[牡6] 内田勝義厩舎 吉原寛人騎手(金沢)
 ライトウォーリア

ライトウォーリアが、金沢のダートグレード:白山大賞典に挑みます。
 
 

大井・第4回ゴールドジュニア(SIII) 優勝はクルマトラサン

2023-09-22-Fri-21:50
大井・第4回ゴールドジュニア。
1・2着馬にはハイセイコー記念(SI)への優先出走権が与えられます。
今年は1頭が出走取消となり11頭で争われ、川崎からはモンゲースパイ、デーレーラプター、イソエヴィクラントの3頭が参戦しました。

3頭のハナ争いの直後に控えていたクルマトラサンが直線で外に進路を取るとあっさり抜け出し、2馬身差をつけてデビュー2連勝で重賞制覇。
また2着となったモンゲースパイと共にハイセイコー記念への優先出走権を獲得しました。

優勝はクルマトラサン(船橋・張田京厩舎)
 230921 ゴールドジュニア-01 優勝はクルマトラサン
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 大井・第4回ゴールドジュニア 結果

モンゲースパイは2着、デーレーラプターは7着、イソエヴィクラントは11着という結果でした。

2着:モンゲースパイ
 230921 ゴールドジュニア-02 230921 ゴールドジュニア-03 230921 ゴールドジュニア-04

7着:デーレーラプター
 230921 ゴールドジュニア-05 230921 ゴールドジュニア-06 230921 ゴールドジュニア-07

11着:イソエヴィクラント
 230921 ゴールドジュニア-08 230921 ゴールドジュニア-09 230921 ゴールドジュニア-10
 
 

川崎競馬場で川崎・沖縄オリオン祭2023が行われました。

2023-09-17-Sun-17:00
9月15日~17日には川崎競馬場内馬場にて、「川崎・沖縄オリオン祭2023」が行われました。
 230916 川崎・沖縄オリオン祭2023-01 230916 川崎・沖縄オリオン祭2023-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

沖縄をモチーフとしたさまざまなワークショップ、伝統柄を使った小物雑貨やアクセサリーの販売
 230916 川崎・沖縄オリオン祭2023-03 230916 川崎・沖縄オリオン祭2023-04

沖縄物産店
 230916 川崎・沖縄オリオン祭2023-05

沖縄料理や沖縄食材を使ったさまざまなキッチンカーが並びました。
 230916 川崎・沖縄オリオン祭2023-06 230916 川崎・沖縄オリオン祭2023-07

 230916 川崎・沖縄オリオン祭2023-08 230916 川崎・沖縄オリオン祭2023-09

 230916 川崎・沖縄オリオン祭2023-10 230916 川崎・沖縄オリオン祭2023-11

 230916 川崎・沖縄オリオン祭2023-12 230916 川崎・沖縄オリオン祭2023-13

 230916 川崎・沖縄オリオン祭2023-14 230916 川崎・沖縄オリオン祭2023-15

川崎競馬場・沖縄が結ぶ100年の史跡や歩みを紹介するパネル展も開かれました。
 230916 川崎・沖縄オリオン祭2023-16 230916 川崎・沖縄オリオン祭2023-17

サンサン広場のステージでは伝統芸能の沖縄舞踊や沖縄エイサー、音楽ライブなどが行われ、9月16日の夜には川崎競馬場野外映画イベント「Green Carpet Theate」」にて「なんでかね~鶴見~ガーエーにはまだ早い~」の上映も行われました。
 
 

令和5年度第7回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2023-09-16-Sat-08:00
今開催は3鞍、20頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」。勝ち馬をご紹介します。

開催5日目、6頭立てで行われた2レース。 距離1,400m
勝利したのは、安藤洋一騎手騎乗のムサシ[牡]。

好スタートから先手を取りきったムサシが直線で追い出されるともう一伸び。2馬身差をつけて快勝しました。
タイム1分33秒6

優勝はムサシ
 230915 スパーキングデビュー-01 優勝はムサシ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 230915 スパーキングデビュー-02 優勝はムサシ 230915 スパーキングデビュー-03 優勝はムサシ

 スパーキングデビュー 結果

 ムサシ[牡] 佐藤 博紀 厩舎

 父:ラブリーデイ 母:ミスコマチ (母の父:ステイゴールド)
 生産:プログレスファーム


1頭が出走取消となり6頭立てで行われた3レース。 距離1,400m
勝利したのは、町田直希騎手騎乗のシントーユタカ[牝]。

逃げたシントーユタカが直線で併走馬を置き去りにすると、最後は6馬身まで差を広げて圧勝しました。
タイム1分34秒0

優勝はシントーユタカ
 230915 スパーキングデビュー-04 優勝はシントーユタカ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 230915 スパーキングデビュー-05 優勝はシントーユタカ 230915 スパーキングデビュー-06 優勝はシントーユタカ

 スパーキングデビュー 結果

 シントーユタカ[牝] 平田 正一 厩舎

 父:ユアーズトゥルーリ 母:エクスタシー (母の父:ルースリンド)
 生産:静内山田牧場


8頭立てで行われた4レース。 距離900m
勝利したのは、森泰斗騎手騎乗のエターナルセイバー[牝]。

ハナを主張する馬を行かせ2番手を追走していたエターナルセイバーが直線での激しい叩き合いを制し、ハナ差でデビュー戦を飾りました。
タイム56秒4

優勝はエターナルセイバー
 230915 スパーキングデビュー-07 優勝はエターナルセイバー
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 230915 スパーキングデビュー-08 優勝はエターナルセイバー 230915 スパーキングデビュー-09 優勝はエターナルセイバー

 スパーキングデビュー 結果

 エターナルセイバー[牝] 八木 仁 厩舎

 父:ニシケンモノノフ 母:ガイヤクイン (母の父:ファスリエフ)
 生産:中前牧場
 
 

2023川崎ジョッキーズカップ第8戦 優勝は池谷匠翔騎手

2023-09-15-Fri-09:10
開催4日目の最終レースには、「2023川崎ジョッキーズカップ第8戦」が行われました。

パドックに整列した川崎ジョッキーズ
 230914 2023川崎ジョッキーズカップ第8戦-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

川崎ジョッキーズ勝負服柄の襷をかけて誘導を行ったチーム誘導馬
 230914 2023川崎ジョッキーズカップ第8戦-02

レースタイトル
 230914 2023川崎ジョッキーズカップ第8戦-03

レース1周目直線、すべて川崎ジョッキーズ
 230914 2023川崎ジョッキーズカップ第8戦-04

1周目ゴール前 逃げを打ったのは古岡勇樹騎手(ミッシーコルザ)
 230914 2023川崎ジョッキーズカップ第8戦-05

好位の内ラチ沿いを追走していた池谷匠翔騎手が3コーナーで動き出し、直線早々に先頭。そのまま2馬身差をつけて快勝しました。

優勝は池谷匠翔騎手(サマーローヤル、村田順一厩舎)
※2023シーズン2勝目、通算3回目の川崎ジョッキーズカップ制覇※
 230914 2023川崎ジョッキーズカップ第8戦-06

 230914 2023川崎ジョッキーズカップ第8戦-07 230914 2023川崎ジョッキーズカップ第8戦-08

 2023川崎ジョッキーズカップ第8戦 結果

カツマルくんボードの前で優勝トロフィーを手に記念撮影。
 230914 2023川崎ジョッキーズカップ第8戦-09
川崎ジョッキーズカップは川崎の騎手だけでの勝負なので、他のレース以上に負けたくないなという気持ちがあるので勝てて良かったです。
(古岡騎手の馬が)逃げると思っていたので、2番手かその後ろにつけようと思っていました。(最後の直線では)後続の手応えも見て、自分の(馬の)手応えが一番良さそうだと思ったので、もう落ちついて乗っていました。
(第8戦優勝の副賞の牛肉は)前回しゃぶしゃぶを頂いたので、今回はステーキでお願いします。


池谷匠翔騎手、おめでとうございます。


尚、2023川崎ジョッキーズカップ第8戦終了時点の順位は下記の通りとなりました。
1位: 池谷 匠翔 騎手88ポイント
2位: 今野 忠成 騎手80ポイント
3位: 増田 充宏 騎手77ポイント
4位: 藤江  渉  騎手68ポイント
5位: 新原  周馬騎手61ポイント
6位: 山崎  誠士騎手60ポイント
    中越  琉世騎手60ポイント
8位: 町田  直希騎手58ポイント
9位: 小林  捺花騎手51ポイント
10位:野畑  凌  騎手44ポイント
    岡村  裕基騎手44ポイント
12位:山林堂信彦騎手43ポイント
13位:伊藤  裕人騎手37ポイント
14位:櫻井  光輔騎手34ポイント
15位:神尾  香澄騎手28ポイント
    古岡  勇樹騎手28ポイント
17位:田中  涼  騎手25ポイント
18位:本田  紀忠騎手14ポイント
となりました。

正月開催も含め毎開催で実施、12月の最終戦まで行われる川崎ジョッキーズカップのポイントや順位の詳細につきましては特設ページ(随時更新予定)をご覧ください。

 2023川崎ジョッキーズカップシリーズについて
 
 

第52回戸塚記念(SI) 優勝はヒーローコール

2023-09-15-Fri-09:00
開催4日目のメインレースは第52回戸塚記念(SI)
3歳秋のチャンピオンシップ・カテゴリーB競走。
今年は12頭立てで行われました。

2番手を追走していたヒーローコールが2周目の3コーナーで先頭に立つと後は差を広げる一方。最後は6馬身差をつけて断然の1番人気に応えました。

優勝はヒーローコール(浦和・小久保智厩舎)
 230914 戸塚記念-01 優勝はヒーローコール

 第52回戸塚記念 結果

レース後の検量所前
 

口取り
 230914 戸塚記念-02 230914 戸塚記念-03

表彰式
 230914 戸塚記念-04

勝利ジョッキーは森泰斗騎手
 230914 戸塚記念-05

 

関係者のみなさま、おめでとうございます。
 230914 戸塚記念-06


川崎競馬からはナガタエース、ライズゾーン、ヴァレンティヌスの3頭が参戦しました。

5着:ナガタエース
 230914 戸塚記念-07 230914 戸塚記念-08 230914 戸塚記念-09

9着:ライズゾーン
 230914 戸塚記念-10 230914 戸塚記念-11 230914 戸塚記念-12

10着:ヴァレンティヌス
 230914 戸塚記念-13 230914 戸塚記念-14 230914 戸塚記念-15


戸塚記念の誘導馬はバラで飾られたドレスの衣装で登場しました。
 230914 戸塚記念-16 230914 戸塚記念-17 230914 戸塚記念-18
 
 

第1回若武者賞(SIII) 優勝はグラッシーズマン

2023-09-14-Thu-18:05
開催3日目のメインレースは第1回若武者賞(SIII)
1・2着馬には鎌倉記念(SII)への優先出走権が与えられます。
1頭が競走除外となり7頭立てで行われました。

逃げ馬の外側につけたグラッシーズマンが直線で早目先頭に立つと後続の追撃を凌ぎ切り、半馬身差をつけて優勝。初代王者に輝くと共に管理する林幻調教師に初重賞タイトルをプレゼントしました。
また2着となったパンセと共に鎌倉記念への優先出走権を獲得しました。

優勝はグラッシーズマン(船橋・林幻厩舎)
 230913 若武者賞-01 優勝はグラッシーズマン

 第1回若武者賞 結果

レース後の検量所前
 

口取り
 230913 若武者賞-02 230913 若武者賞-03

表彰式
 230913 若武者賞-04

勝利ジョッキーは和田譲治騎手
 230913 若武者賞-05

 

勝利調教師は林幻調教師
 230913 若武者賞-06

 

関係者のみなさま、おめでとうございます。
 230913 若武者賞-07


川崎競馬からはパンセ、アジアミッション、ホークマン、デーレーラプター、ウインアザレア、ミスティライラックの6頭が参戦しました。

2着:パンセ
 230913 若武者賞-08 230913 若武者賞-09 230913 若武者賞-10

3着:アジアミッション
 230913 若武者賞-11 230913 若武者賞-12 230913 若武者賞-13

4着:ホークマン
 230913 若武者賞-14 230913 若武者賞-15 230913 若武者賞-16

5着:デーレーラプター
 230913 若武者賞-17 230913 若武者賞-18 230913 若武者賞-19

6着:ウインアザレア
 230913 若武者賞-20 230913 若武者賞-21 230913 若武者賞-22

7着:ミスティライラック
 230913 若武者賞-23 230913 若武者賞-24 230913 若武者賞-25


若武者賞の誘導馬は茶系統にリボンの飾りがついた衣装で登場しました。
 230913 若武者賞-26 230913 若武者賞-27 230913 若武者賞-28
 
 

JRA認定:シャイニングトレジャー賞 優勝はドウザン

2023-09-14-Thu-18:00
開催3日目の4レースにはJRA認定:シャイニングトレジャー賞が7頭立てで行われました。

最後方を追走していたドウザンが、2コーナー過ぎから追い上げを開始。長く良い脚を繰り出し豪快に差し切り、1馬身半差をつけて快勝しました。

優勝はドウザン(高月賢一厩舎)
 230913 JRA認定:シャイニングトレジャー賞-01 優勝はドウザン
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 230913 JRA認定:シャイニングトレジャー賞-02 優勝はドウザン

 JRA認定:シャイニングトレジャー賞 結果

関係者のみなさま、おめでとうございます。
 
 

多摩オープン 優勝はソリストサンダー

2023-09-12-Tue-08:00
開催初日の10レースには多摩オープンが6頭立てで行われました。

3番手を追走していたソリストサンダーが最後の直線、首+首差の叩き合いを制し中央からの転入緒戦を勝利で飾りました。

優勝はソリストサンダー(大井:福永敏厩舎)
230911 多摩オープン-01 優勝はソリストサンダー
※画像をクリックすると大きくなります。

230911 多摩オープン-02 優勝はソリストサンダー

多摩オープン 結果

関係者のみなさま、おめでとうございます。
 
 

川崎競馬の卒業生たち 3  ~ ギンザグリングラスを訪ねて ~

2023-09-11-Mon-08:00
2014年10月のレースを最後に引退したギンザグリングラス。

現在は、北海道・新冠町の白馬牧場に繋養されています。
 2308 ギンザグリングラス-01

白馬牧場にて、近況をお伺いしました。

「昨年まで分場にいました。都度スタッフが分場に案内していましたが、分場の場所が分かりにくく見学者も多いことから、今年から本場に移動しました。本場では、真ん中のいちばん広い放牧地に放牧しています。本場の放牧地の中では特等席ですね」
と話すのは、白馬牧場の長浜さん。

ふだんの生活については、日々お世話をしている小川さんにお伺いしました。

「のんびりとしていてマイペースだけど、自分のテリトリーはきっちり守るタイプかな。ボロはだいたい決まった所でするなど、几帳面なところがありますね。本場では一番広い放牧地にいますが、泥ですぐ汚れるんですよ。芦毛だと汚れるのが目立つので、お手入れ泣かせな一面もあります」

引退から9年が経ちますが、馬は元気いっぱいでした。
 2308 ギンザグリングラス-02 2308 ギンザグリングラス-03

白馬牧場にはギンザグリングラスの他にも、ノブワイルドやモジアナフレイバーなど、南関東でもおなじみの馬たちが繋養されています。

なお、白馬牧場の見学方法につきましては 競走馬のふるさと案内所サイト をご確認ください。


(文・写真 小川慎介)
 
 

大井・第30回アフター5スター賞(SIII) 優勝はギシギシ

2023-09-08-Fri-09:10
大井・第30回アフター5スター賞。
1着馬には東京盃(JpnII)、ならびにテレ玉杯オーバルスプリント(JpnIII)への優先出走権が与えられます。
今年は1頭が出走取消となり13頭で争われ、川崎からはシゲルタイタンが参戦しました。

道中は5番手を追走していたギシギシが直線での鬩ぎ合いを制し、首+鼻差抜け出した所がゴール。1年ぶり2つ目の重賞タイトルを手にしました。
合わせて東京盃(、ならびにテレ玉杯オーバルスプリントへの優先出走権を獲得しました。

優勝はギシギシ(大井:栗田裕光厩舎)
 230907 アフター5スター賞-01 優勝はギシギシ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 大井・第30回アフター5スター賞 結果

シゲルタイタンは10着という結果でした。

10着:シゲルタイタン
 230907 アフター5スター賞-02 230907 アフター5スター賞-03 230907 アフター5スター賞-04
 
 

大井・第60回東京記念(SI) 優勝はセイカメテオポリス

2023-09-07-Thu-10:51
大井・第60回東京記念。
1~5着馬には埼玉新聞栄冠賞(SIII)への優先出走権が与えられます。
今年は14頭で争われ、川崎からはフォルベルールが参戦しました。

好位の内ラチ沿いで脚を溜めていたセイカメテオポリスが直線で外に持ち出し、逃げ馬を3/4馬身差捕らえきった所がゴール。重賞3連勝を飾りました。
また2~5着となったランリョウオー、ミヤギザオウ、マンガン、ヴェルテックスと共に埼玉新聞栄冠賞への優先出走権を獲得しました。

優勝はセイカメテオポリス(大井:渡邉和雄厩舎)
 230906 東京記念-01 優勝はセイカメテオポリス
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 大井・第60回東京記念 結果

フォルベルールは11着という結果でした。

11着:フォルベルール
 230906 東京記念-02 230906 東京記念-03 230906 東京記念-04
 
 

2023ヤングジョッキーズシリーズトライアルラウンド大井リポート

2023-09-06-Wed-08:00
9月5日、大井競馬場で2023ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)東日本地区の第5ステージが行われました。

5レース終了後にはウィナーズサークルにて騎手紹介式が行われました。
 230829 YJSトライアルラウンド大井-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

騎手を代表して野畑凌騎手と永野猛蔵騎手(JRA)が宣誓を行いました。
 230829 YJSトライアルラウンド大井-02

川崎競馬からは新原周馬騎手、野畑凌騎手が参戦しました。

新原周馬騎手
 230829 YJSトライアルラウンド大井-03
「着はありそうな馬なので、能力を引き出せるよう着実に頑張っていきたいと思います」

野畑凌騎手
 230829 YJSトライアルラウンド大井-04
「(トライアルラウンドの騎乗は)あと大井2鞍しかないので結果を残して頑張ってファイナル行きます!」


◆第8R YJSトライアルラウンド大井第1戦 1,200m◆

内ラチ沿いの好位につけていた小林美駒騎手(スピードスター)が直線で抜け出し、そのまま1馬身半差をつけて快勝しました。

新原周馬騎手は4着、野畑凌騎手は7着でした。

1着:小林美駒騎手(JRA)、2着:菅原涼太騎手(大井)、3着:後藤蒼二朗騎手(大井)
 230829 YJSトライアルラウンド大井-05

 YJSトライアルラウンド大井第1戦 結果

新原周馬騎手 4着
 230829 YJSトライアルラウンド大井-06 230829 YJSトライアルラウンド大井-07 230829 YJSトライアルラウンド大井-08

野畑凌騎手 7着
 230829 YJSトライアルラウンド大井-09 230829 YJSトライアルラウンド大井-10 230829 YJSトライアルラウンド大井-11


◆第10R YJSトライアルラウンド大井第2戦 1,800m◆

道中は後方に控えていた菅原涼太騎手(マリアッチ)が直線で内から鋭く伸び、半馬身差で第2戦を制しました。

野畑凌騎手は4着でした。

1着:菅原涼太騎手(大井)、2着:谷内貫太騎手(大井)、3着:木澤奨騎手(大井)
 230829 YJSトライアルラウンド大井-12

 YJSトライアルラウンド大井第2戦 結果

野畑凌騎手 4着
 230829 YJSトライアルラウンド大井-13 230829 YJSトライアルラウンド大井-14 230829 YJSトライアルラウンド大井-15


YJSトライアルラウンド大井を終え、新原周馬騎手39ポイントで暫定5位、野畑凌騎手は49ポイントで暫定2位となりました。

YJSトライアルラウンド大井終了時点の総合順位は特設サイトをご覧ください。

 YJSトライアルラウンド 総合順位

2023ヤングジョッキーズシリーズ東日本地区の第6ステージは、9月26日(火)船橋競馬場で行われ、川崎競馬からは新原周馬騎手が参戦予定です。
 
 

新原周馬騎手、野畑凌騎手が出場 2023ヤングジョッキーズシリーズトライアルラウンド大井

2023-09-03-Sun-16:10
9月5日(火)大井競馬場で行われる「2023ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)トライアルラウンド大井」に、川崎競馬から新原周馬騎手、野畑凌騎手が参戦します。

2023ヤングジョッキーズシリーズ特設サイトは こちら

◆2023YJSトライアルラウンド大井 第1戦
 新原周馬騎手は7枠11番ノースハマナス(大井:米田英世厩舎)に騎乗予定
 野畑凌騎手は6枠9番ヤマジュンセーヌ(大井:小野寺晋廣厩舎)に騎乗予定

 YJSトライアルラウンド大井 第1戦 枠順

◆2023YJSトライアルラウンド大井 第2戦
 野畑凌騎手は2枠2番バトルスカーズ(大井:佐藤壽厩舎)に騎乗予定

 YJSトライアルラウンド大井 第2戦 枠順

新原周馬騎手
 新原周馬騎手
 ※画像をクリックすると大きくなります。

野畑凌騎手
 野畑凌騎手

意気込みコメントは こちら
 
 

川崎競馬場でキャンピングカーフェアが行われました。

2023-09-03-Sun-16:00
9月2日、3日には馬場内駐車場を半分使用して、「神奈川キャンピングカーフェアin川崎競馬場」が行われました。

川崎競馬場での開催が定着したキャンピングカーフェア。
 230902 キャンピングカーフェア-01 230902 キャンピングカーフェア-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

超大型の本格派カーから、普通乗用車をキャンピングカー化するものなど、多種多様の車がズラリと並びました。
 230902 キャンピングカーフェア-03 230902 キャンピングカーフェア-04

キャンプに必要なグッズや、COOPによる試食コーナーまでテナントも並びました。
 230902 キャンピングカーフェア-05 230902 キャンピングカーフェア-06

内馬場キッズコーナー前では人気のペタペタアートやスーパーボールすくい、輪投げ、ダンボール迷路など御家族連れでも楽しめるイベントとなりました。
 230902 キャンピングカーフェア-07 230902 キャンピングカーフェア-08

 230902 キャンピングカーフェア-09 230902 キャンピングカーフェア-10

 230902 キャンピングカーフェア-11 230902 キャンピングカーフェア-12

内馬場M投票所では毎月恒例となったミニ四駆大会が行われていました。また駄菓子屋さんも出ていました。
 230902 キャンピングカーフェア-13 230902 キャンピングカーフェア-14

ジャンプ台でもまっすぐ飛ぶようにセッティングされて高速で疾走するミニ四駆達
 230902 キャンピングカーフェア-15


キャンピングカーフェアで展示された車輌の詳細などについては こちら をご覧下さい。
 
 
HOME