fc2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第21回佐々木竹見カップジョッキーズグランプリ 横山武史騎手が総合優勝 【動画あり】

2024-01-31-Wed-09:30
2018年に破られるまで日本人騎手最多勝記録の7153勝を挙げた佐々木竹見元騎手の功績を讃えて、2003年に創設された「佐々木竹見カップジョッキーズグランプリ」。
今年で21回目を迎え、この時期の名物レースとして、すっかり定着。今年も全国各地の競馬場から、名手たちが川崎競馬場に集いました。

佐々木竹見カップデーの開催2日目。
6レースと9レース終了後に行われた、佐々木竹見さんによるトークショー
第一部では竹見カップ第1戦の注目馬を、第二部では竹見カップ第2戦の注目馬を挙げて頂きました。
240130 佐々木竹見トークショー-01
※画像をクリックすると大きくなります。

佐々木竹見さん、小田哲也記者(スポニチ)、司会を務められた宇野和男アナウンサー
240130 佐々木竹見トークショー-02 240130 佐々木竹見トークショー-03 240130 佐々木竹見トークショー-04

騎手紹介式前、カツマルボード前で佐々木竹見さんと騎手候補生で記念撮影
240130 佐々木竹見さんと騎手候補生-01

◆第7レース後にはウィナーズサークルにて騎手紹介式が行われました。
尚、村上忍騎手(岩手)は疾病のため欠場。矢野貴之騎手(大井)が次点から繰り上がり出場となりました。

騎手紹介式の様子
240130 第21回佐々木竹見カップ騎手紹介式-01 240130 第21回佐々木竹見カップ騎手紹介式-02

騎手紹介は宇野和男アナウンサー
240130 第21回佐々木竹見カップ騎手紹介式-03

川崎競馬からは山崎誠士騎手が参戦しました。
240130 第21回佐々木竹見カップ騎手紹介式-04

騎手候補生から出場騎手へカツマルくん人形が渡されました。
240130 第21回佐々木竹見カップ騎手紹介式-05

記念撮影
240130 第21回佐々木竹見カップ騎手紹介式-06

佐々木竹見カップ騎手紹介式動画


誘導馬も、竹見カップ仕様で登場。
第1戦マイスターチャレンジ競走、第2戦ヴィクトリーチャレンジ競走誘導時。
240130 第21回佐々木竹見カップ誘導馬-01 240130 第21回佐々木竹見カップ誘導馬-02

◆第1戦は1500mで争われるマイスターチャンレンジ競走。

パドックに整列した全国のリーディングジョッキー達
240130 第21回佐々木竹見カップ第1戦-01

1周目直線、名手達が思い思いに位置取りを探ります。
240130 第21回佐々木竹見カップ第1戦-02

断然人気の逃げ馬をピッタリマークしていた横山武史騎手が直線入口で先頭に立つと、後続の追撃を半馬身差退けて第1戦を制しました。

優勝は横山武史騎手(ティーケーメイト、八木仁厩舎)
240130 第21回佐々木竹見カップ第1戦-03

第1戦:マイスターチャレンジ競走 結果

レース後の検量所前


川崎競馬所属の山崎誠士騎手(メリッソ)は7着でした。
240130 第21回佐々木竹見カップ第1戦-04

◆第2戦は1600mで争われるヴィクトリーチャレンジ。

このレースに出走したナガタエース(岩本洋厩舎・甲斐夫妻)のメンコには佐々木竹見元騎手の勝負服と、耳当てには騎乗する森泰斗騎手の勝負服をあしらった飾りがついていました。
240130 第21回佐々木竹見カップ第2戦-04

1周目直線
240130 第21回佐々木竹見カップ第2戦-01

1番人気に推された横山武史騎手が内枠を利してハナを取りきると、セーフティリードを保ったまま5馬身差をつけて圧勝しました。
優勝は横山武史騎手(イデアミラーグロ、浦和・岡田一男厩舎)
240130 第21回佐々木竹見カップ第2戦-02

第2戦:ヴィクトリーチャレンジ競走 結果

レース後の検量所前


川崎競馬所属の山崎誠士騎手(モンゲートラオ)は4着でした。
240130 第21回佐々木竹見カップ第2戦-03

川崎代表として参戦した山崎誠士騎手は総合40ポイントで第6位という結果でした。

◆表彰式
240130 第21回佐々木竹見カップ表彰式-01

2競走のポイント制で争われる佐々木竹見カップジョッキーズグランプリ。

総合優勝:100ポイント 横山武史騎手(JRA・美浦)
240130 第21回佐々木竹見カップ表彰式-02 240130 第21回佐々木竹見カップ表彰式-03

総合2位:55ポイント 矢野貴之騎手(大井)
240130 第21回佐々木竹見カップ表彰式-04 240130 第21回佐々木竹見カップ表彰式-05

総合3位:49ポイント 吉村智洋騎手(兵庫)
240130 第21回佐々木竹見カップ表彰式-06 240130 第21回佐々木竹見カップ表彰式-07

表彰式動画


全員で記念撮影
240130 第21回佐々木竹見カップ表彰式-08

第21回佐々木竹見カップジョッキーズグランプリ結果について


入賞されたみなさま、おめでとうございます。
 
 
スポンサーサイト



佐々木竹見が選ぶ2023年ベストジョッキー賞表彰式 【動画有り】

2024-01-30-Tue-08:10
開催初日の第9レース終了後には、「佐々木竹見が選ぶ2023年ベストジョッキー賞」の表彰式が行われました。
 240129 2023年川崎所属ベストジョッキー-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

佐々木竹見が選ぶ2023年ベストジョッキー表彰式 動画
 

表彰に先立ち佐々木竹見元騎手から受賞されたジョッキーへ一言がありました。
 240129 2023年川崎所属ベストジョッキー-02
「川崎のジョッキーは、今回受賞者の3人のように活躍しているベテランジョッキーがいる一方で、若手ジョッキーもだんだん上手くなっている。若手ジョッキーには先輩を見習ってこれからも頑張ってほしいと思います。」

ベストジョッキー:山崎誠士騎手(5年連続)
 240129 2023年川崎所属ベストジョッキー-03
「本日は寒い中、御来場頂きありがとうございます。ベストジョッキーに選ばれた事は大変光栄に思います。これからも竹見さん長生きしてください。ありがとうございました」

殊勲賞:町田直希騎手
 240129 2023年川崎所属ベストジョッキー-04

敢闘賞:野畑凌騎手
 240129 2023年川崎所属ベストジョッキー-05

特別賞:今野忠成騎手
 240129 2023年川崎所属ベストジョッキー-06

ホープ賞:新原周馬騎手
 240129 2023年川崎所属ベストジョッキー-07

受賞されたジョッキーのみなさま、おめでとうございます。
 240129 2023年川崎所属ベストジョッキー-08

表彰式の後、サインに応じる佐々木竹見元騎手
 240129 2023年川崎所属ベストジョッキー-09
 
 

雲蒸龍変 年男たちに2024年の誓いを語っていただきました。

2024-01-30-Tue-08:00
その年の神様からご加護を得やすいとされる「年男・年女」。
2024年は辰年で、雲蒸龍変という言葉があるように「すぐれた人物が、時運に乗じて出現し活躍する」誓いを語っていただきました。

町田直希騎手(1988年生まれ)
町田直希騎手
※画像をクリックすると大きくなります。

辰年なので、龍が如く闘い(闘龍)結果が昇っている(昇龍)ような年になったらいいなと思います。
川崎の若手騎手、野畑とか新原とか古岡・池谷も今回(正月開催)頑張ってますので、怪我なくみんなでレースに乗って勝ち星を重ねて「この騎手なら安心して乗せられる」という様になっていって欲しいです。
そんな若手騎手を引っ張り、刺激を与えられるような先輩騎手でありたいですね。

古岡勇樹騎手(2000年生まれ)
古岡勇樹騎手

キャリアハイ(2019年の40勝)を超える年にしたいです。正月開催は6勝と幸先のよいスタートをきれたので、この調子で怪我なく1つ1つのレースを大事に乗りつつ、1年間(調子良く)いけたら良いなと思います。
1月23日に高知競馬場で行われた全日本新人王争覇戦では惜しくも総合2位でしたが、第2戦で勝てたので良かったです。
(私生活では)先日お寿司屋さんに連れていってもらったんですが、今度は是非カウンターで握られたお寿司が1つずつ出てくるのを体験したいです笑

山田正実調教師(1952年生まれ)
山田正実調教師

もう(72)歳なので大きな目標ではなく、1つ1つ勝ち星を積み重ねていきたいですね。
 
 

2023年 川崎競馬ニュースピックアップ

2024-01-26-Fri-08:10
年が明けて恒例のお正月開催も無事に終わり、佐々木竹見カップジョッキーズグランプリが行われる川崎競馬開催を前に、「2023年川崎競馬ニュースピックアップ」をまとめてみました。

◆令和4年度の川崎競馬売得金は最高記録を更新する1,063億円に

 令和4年度(2022年度)の川崎競馬売上金は約1,063億2,790万円となり
 これまでの最高記録である令和3年度(2021年度)の約971億8,718万円を更新しました。

 レースイメージ-01 レースイメージ-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

◆佐々木竹見元騎手が農林水産大臣賞・NARグランプリ20220特別賞を受賞

 川崎競馬所属の元騎手である佐々木竹見氏が、6月6日に農林水産大臣賞を受賞しました。
 またNARグランプリ2022では特別賞(4回目)も受賞しました。
 佐々木竹見元騎手-01 佐々木竹見元騎手-02

◆野畑凌騎手が重賞初勝利、年間106勝・通算100勝達成、ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンドではJRA初勝利

 12月31日に行われた東京2歳優駿牝馬でローリエフレイバーに騎乗した野畑凌騎手は重賞初勝利を飾りました。
 またヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド中山第1戦ではJRA初勝利も収め、年間勝利数も106勝の活躍をみせました。
 野畑凌騎手-01 野畑凌騎手-02

◆新原周馬騎手が通算100勝達成、ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンドでは総合3位

 新原周馬騎手が10月12日の川崎競馬第8レースで通算100勝を達成。
 ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンドでは総合3位の成績を収めました。
 新原周馬騎手-01 新原周馬騎手-02

◆櫻井光輔騎手、神尾香澄騎手、山田質調教師が重賞初勝利

 4月11日名古屋競馬場で行われた第63回東海桜花賞でルーチェドーロが優勝し、櫻井光輔騎手は重賞初勝利を飾りました。
 櫻井光輔騎手-01 櫻井光輔騎手-02

 10月22日盛岡競馬で行われた第13回OROターフスプリントでマッドシェリーが優勝し、神尾香澄騎手・山田質調教師が重賞初制覇となりました。
 神尾香澄騎手・山田質調教師-01 神尾香澄騎手・山田質調教師-02

◆山崎誠士騎手が5年連続川崎競馬リーディング

 山崎誠士騎手が5年連続川崎競馬リーディングとなりました。
 重賞2勝(京成盃グランドマイラーズ、ルーキーズサマーカップ)
  山崎誠士騎手-01 山崎誠士騎手-02

◆高月賢一調教師が8年連続川崎競馬調教師リーディング

 高月賢一調教師が8年連続川崎競馬調教師リーディングとなりました。
 また管理するヘルシェイクに矢野騎手が騎乗して完成する「ヘルシェイク矢野」はNAR公認グッズが発売されるなど注目を集めました。
 高月賢一調教師-01 高月賢一調教師-02

◆池谷匠翔騎手、古岡勇樹騎手 100勝達成

 後輩騎手に負けていられないと6月14日川崎競馬第1レースで池谷匠翔騎手、6月15日川崎競馬第7レースで古岡勇樹騎手が地方競馬通算100勝を達成しました。
 池谷匠翔騎手-01 古岡勇樹騎手-01

◆酒井忍厩舎、高橋宏征厩舎が開業初出走・初勝利

 6月1日付けで開業した酒井忍厩舎が8月25日川崎競馬第10レースで、高橋宏征厩舎が7月3日川崎競馬第6レースで、それぞれ初勝利を飾りました。
 酒井忍厩舎-01 高橋宏征厩舎-01

◆川崎競馬ホームページがリニューアル

 10月4日(水)川崎競馬のホームページがリニューアル。デザインが一新され、更に見やすくなりました。
 川崎競馬ホームページリニューアル-01

◆神奈川県内での競馬開催100周年記念した神奈川記念実施

 神奈川県内での競馬開催100周年を記念し、2023年度限定重賞・神奈川記念が実施されました。
 神奈川記念-01 神奈川記念-02

◆ナイター照明がLED化

 1995年から始まった「スパーキングナイター」の照明設備が更新され、LED化されました。
 ナイター照明LED化-01 ナイター照明LED化-02
 
 

第38回全日本新人王争覇戦 優勝は細川智史騎手(愛知) 古岡勇樹騎手は1ポイント差で2位でした

2024-01-26-Fri-08:00
1月23日に高知競馬場で行われた「第37回全日本新人王争覇戦」。一生に一度の晴れ舞台となるこの競走に川崎競馬から古岡勇樹騎手が出場しました。

騎手紹介式の前に行われた報道向けフォトセッション
 240123 全日本新人王争覇戦-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

1R後にはスタンド前ステージにて全日本新人王争覇戦に出場した12名の騎手紹介式が行われました。
 240123 全日本新人王争覇戦-02 240123 全日本新人王争覇戦-03

集合写真
 240123 全日本新人王争覇戦-04

古岡勇樹騎手意気込みコメント
 240123 全日本新人王争覇戦-05
「安全な競馬で優勝目指して頑張ります!優勝できなかったら桂浜からバタフライで帰るつもりで騎乗します!」


◆全日本新人王争覇戦 第1戦:高知2R

パドックに整列したジョッキー達
 240123 全日本新人王争覇戦-06

向こう正面で一気に押し上げた細川智史騎手(愛知)が直線で先頭に立つとそのまま押し切り、1馬身差で優勝しました。

 全日本新人王争覇戦 第1戦 結果

古岡勇樹騎手は9着でした。
 240123 全日本新人王争覇戦-07 240123 全日本新人王争覇戦-08 240123 全日本新人王争覇戦-09


◆全日本新人王争覇戦 第2戦:高知4R

内なる闘志を秘めて、騎乗馬に向かう古岡勇樹騎手
 240123 全日本新人王争覇戦-10 240123 全日本新人王争覇戦-11

道中は最後方からとなるも古岡勇樹騎手がゴーサインを出すと11頭をまとめて抜き去り、2馬身差をつけて快勝しました。
 240123 全日本新人王争覇戦-12

 全日本新人王争覇戦 第2戦 結果

 240123 全日本新人王争覇戦-13 240123 全日本新人王争覇戦-14 240123 全日本新人王争覇戦-15

◆表彰式

古岡勇樹騎手は、第1戦で7ポイント、第2戦で50ポイントの合計57ポイント。1ポイント差で惜しくも総合2位という結果でした。

全日本新人王争覇戦総合優勝:細川智史騎手(愛知)、2位:古岡勇樹騎手(川崎)、3位:佐々木大輔騎手(JRA)

 全日本新人王争覇戦 総合順位(高知競馬HP)

 240123 全日本新人王争覇戦-16 240123 全日本新人王争覇戦-17

 240123 全日本新人王争覇戦-18

古岡勇樹騎手コメント
「第1戦(9着)であと1つ着順が上だったら総合優勝だったので悔しいですが、楽しく乗ることが出来ました。総合優勝は出来ませんでしたが、第2戦で”優勝”して総合2位だったので泳がずに飛行機で帰ります。」


全日本新人王争覇戦表彰者の皆様おめでとうございます。
 
 

古岡勇樹騎手が出場 高知・全日本新人王争覇戦の枠順確定

2024-01-20-Sat-10:34
1月23日(火)高知競馬場で行なわれる「全日本新人王争覇戦」に、川崎から古岡勇樹騎手が出場します。
川崎所属騎手としては2023年の池谷匠翔騎手(当日事故のため欠場)に以来の出場となります。

古岡勇樹騎手は2021ヤングジョッキーズシリーズでファイナルラウンド進出、通算130勝(1月20日現在)
川崎競馬お正月開催では6勝をあげるなど、新年幸先良いスタートを決めました。

古岡勇樹騎手
 古岡勇樹騎手
 ※画像をクリックすると大きくなります。

レースは2レースによるポイント制で争われます。

◆全日本新人王争覇戦 第1戦

 古岡勇樹騎手は1枠1番エスケーオーカン(高知:川野勇馬厩舎)に騎乗予定

 全日本新人王争覇戦 第1戦 枠順

◆全日本新人王争覇戦 第2戦

古岡勇樹騎手は6枠8番カリスマタイクーン(高知:田中伸一厩舎)に騎乗予定

 全日本新人王争覇戦 第2戦 枠順
 
 

第21回 佐々木竹見カップジョッキーズグランプリ出場ジョッキー決定

2024-01-18-Thu-14:15
「第21回 佐々木竹見カップジョッキーズグランプリ」(1月30日)の出場ジョッキーが決定しました。

生涯成績7,153勝(当時の歴代通算成績日本第1位)、年間505勝(昭和41年・当時の世界記録)という金字塔を打ち立て、鉄人の名で知られた佐々木竹見氏。
昭和35年のデビュー以来、平成13年7月に引退するまでの42年間、川崎競馬のスタージョッキーとして活躍し続け、『地方競馬の至宝』とも讃えられました。
その偉業を讃えた全国のリーディングジョッキーの祭典「佐々木竹見カップジョッキーズグランプリ」は2003年に創設され、今年で21回目を迎えることとなり、中央・地方のリーディングジョッキーが腕を競う、名実ともに日本一のジョッキーを決定するドリームレース。

14名のトップジョッキーたちが「マイスターチャレンジ競走」「ヴィクトリーチャレンジ競走」の2競走でポイントを競います。

川崎からは山崎誠士騎手が出場します。

・実施日 令和6年1月30日(火)
・実施レース
 第9競走:マイスターチャレンジ競走 (1,500m) 15:00発走予定
 第11競走:ヴィクトリーチャレンジ競走(1,600m) 16:10発走予定

・出場騎手 14名 (敬称略)
横山武史  (JRA・美浦)
松山弘平  (JRA・栗東)
橋本直哉  (浦和)
森泰斗    (船橋)
笹川翼    (大井)
山崎誠士  (川崎)

落合玄太  (北海道)
村上忍    (岩手)
吉原寛人  (金沢)
渡邊竜也  (笠松)
岡部誠    (愛知)
吉村智洋  (兵庫)
赤岡修次  (高知)
飛田愛斗  (佐賀)

2023年佐々木竹見カップジョッキーズグランプリの様子
 2023年 佐々木竹見カップジョッキーズグランプリ
 ※画像をクリックすると大きくなります。
 
 

誘導馬騎乗者の新衣装

2024-01-13-Sat-19:51
2024年正月開催から誘導馬騎乗者が着ている和服が新調されました。

左:2023年までの和服その1、右:2024年の和服その1
 2023年までの和服-01 2024年の和服-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

左:2023年までの和服その2、右:2024年の和服その2
 2023年までの和服-02 2024年の和服-02

新しい和服は 銀座いわきや 様が衣装提供されたものです。

西陣織の素適なお着物ですね。
 2024年の和服-03 2024年の和服-04
 
 

浦和・第67回ニューイヤーカップ(SIII) 優勝はギガース

2024-01-11-Thu-18:12
第67回ニューイヤーカップ。
1着馬にはネクストスター東日本(SIII)への優先出走権が与えられます。
川崎からはクリコマ、ウインアザレアの2頭が参戦しました。
逃げ馬を徹底マークしていたギガースが直線で交わしきると、半馬身差をつけて優勝。重賞初制覇を飾りました。
合わせてネクストスター東日本への優先出走権を獲得しました。
優勝はギガース(船橋・佐藤裕太厩舎)
240110 ニューイヤーカップ-01 優勝はギガース
※画像をクリックすると大きくなります。
第67回ニューイヤーカップ 結果
クリコマは8着、ウインアザレアは競走中止という結果でした。
8着:クリコマ
240110 ニューイヤーカップ-02 240110 ニューイヤーカップ-03 240110 ニューイヤーカップ-04
競走中止:ウインアザレア
240110 ニューイヤーカップ-05 240110 ニューイヤーカップ-06 240110 ニューイヤーカップ-07

川崎所属馬・所属騎手の遠征結果(1月8日遠征分)

2024-01-09-Tue-11:26
1月8日佐賀競馬に遠征した、川崎所属馬の遠征結果は下記の通りです。

 1月8日 佐賀競馬7R 1,300m
 第3回ゴールドスプリント

 第3回ゴールドスプリント 結果

 インペリシャブル[牡7] 4着 高月賢一厩舎 山口勲騎手(佐賀)
 240108 ゴールドスプリント-01 240108 ゴールドスプリント-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。


写真提供:ベガライフ様

新原周馬騎手が20歳という人生の節目を迎えます。

2024-01-08-Mon-08:00
今日は成人の日。
川崎競馬からは新原周馬騎手が「二十歳を祝うつどい」の対象=20歳という人生の節目を迎えます。

◆新原周馬騎手(2004年1月16日生まれ)
 新原周馬騎手-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

昨年はヤングジョッキーズシリーズ2023でファイナルラウンドに進出し、総合3位という結果を収めました。
今年は更なる飛躍が期待されます。

 新原周馬騎手-02

今は世間的に難しい話があると親に聞いているんですが自分の力で解決出来るよう、もっと自立していきたいです。25歳くらいまでは色々な経験をして勉強ですね。
競馬でもいっぱい乗って経験して、人気の無い馬でも着にもってきて結果を残せるような乗り役を目指します。
 
 

川崎所属馬の遠征情報(1月8日遠征分) 佐賀:ゴールドスプリントにインペリシャブルが参戦

2024-01-06-Sat-07:10
1月8日の佐賀競馬に、川崎所属馬が遠征予定です。

 1月8日 佐賀競馬7R 1,300m
 第3回ゴールドスプリント

 第3回ゴールドスプリント 枠順

 インペリシャブル[牡7] 高月賢一厩舎 山口勲騎手(佐賀)
 インペリシャブル

インペリシャブルが佐賀・ゴールドスプリントに参戦します。
 
 

令和5年度第11回開催 3歳新馬 勝ち馬のご紹介

2024-01-06-Sat-07:00
今開催は1鞍、9頭がデビューした「3歳新馬」。勝ち馬をご紹介致します。

開催5日目、9頭立てで行われた1レース。 距離1,400m
勝利したのは、今野忠成騎手騎乗のモミジノカンザシ[牝]

逃げ馬の半馬身後ろに構えていたモミジノカンザシが直線早々に抜け出すと後続を突き放す一方。6馬身差をつけて圧勝しました。
タイム1分35秒1

優勝はモミジノカンザシ
 240105 スパーキングデビュー-01 優勝はモミジノカンザシ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 240105 スパーキングデビュー-02 優勝はモミジノカンザシ 240105 スパーキングデビュー-03 優勝はモミジノカンザシ

 3歳新馬 結果

 モミジノカンザシ[牝] 安池 成実 厩舎

 父:マジェスティックウォリアー 母:ピユカンタービレ (母の父:スペシャルウィーク)
 生産:モリナガファーム
 
 

スパーキングオールスターチャレンジ(報知オールスターカップトライアル) 優勝はナニハサテオキ

2024-01-05-Fri-08:10
開催4日目の11レースにはスパーキングオールスターチャレンジ(報知オールスターカップトライアル)が13頭立てで行われました。
1着馬には報知オールスターカップ(SIII)への優先出走権が与えられます。

1周目の直線で動いて先頭に立ったキーピリオッドを追いかけるように位置取りをあげたナニハサテオキが、最後の直線でもしっかりとした伸びをみせて3馬身差をつけて快勝。報知オールスターカップへの優先出走権を獲得しました。

優勝はナニハサテオキ(浦和・平山真希厩舎)
 240104 スパーキングオールスターチャレンジ(報知オールスターカップトライアル)-01 優勝はナニハサテオキ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 240104 スパーキングオールスターチャレンジ(報知オールスターカップトライアル)-02 優勝はナニハサテオキ

 スパーキングオールスターチャレンジ(報知オールスターカップトライアル) 結果

関係者のみなさま、おめでとうございます。
 
 

野畑凌騎手 重賞初制覇報告会 【動画あり】

2024-01-05-Fri-08:00
開催4日目の9R終了後、ウィナーズサークルにて野畑凌騎手 重賞初制覇報告会が行われました。
 240104 野畑凌騎手 重賞初制覇報告会-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

12月31日に大井競馬場で行われた「第47回東京2歳優駿牝馬(SI)」で、ローリエフレイバー(大井・月岡健二厩舎)に騎乗し、デビュー2年目にして重賞初制覇を成し遂げた野畑凌騎手
 240104 野畑凌騎手 重賞初制覇報告会-02

 
重賞に乗るのはまだ(機会が)少ないですが、(今回)力のある馬に乗せてもらいましたし結果を出せて嬉しいです。友達からたくさん祝福の連絡があり、全部返信しました笑
今年はもっと勝ち鞍を伸ばしたいですし、怪我なく無事1年を過ごしたいです。川崎競馬のリーディングも取りたいですし、もっと(南関東リーディングの)順位を伸ばしたいです。
今年もまだ始まったばかりですけど明日(1/5)もありますし、もっともっと勝ちたいです。応援よろしくお願いします。

 240104 野畑凌騎手 重賞初制覇報告会-03

報告会の後には、ミニカツマルくんの投げ入れが行われました。
 240104 野畑凌騎手 重賞初制覇報告会-04

サインにも応じる野畑凌騎手
 240104 野畑凌騎手 重賞初制覇報告会-05
 
 

2024川崎ジョッキーズカップ第1戦 優勝は藤江渉騎手

2024-01-04-Thu-11:10
開催3日目の最終レースには、「2024川崎ジョッキーズカップ第1戦」が行われました。

パドックに整列した川崎ジョッキーズ
 240103 2024川崎ジョッキーズカップ第1戦-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

川崎ジョッキーズ勝負服柄の襷をかけて誘導を行ったチーム誘導馬
 240103 2024川崎ジョッキーズカップ第1戦-02

レースタイトル
 240103 2024川崎ジョッキーズカップ第1戦-03

レース1周目直線、すべて川崎ジョッキーズ
 240103 2024川崎ジョッキーズカップ第1戦-04

1周目ゴール前 逃げを打ったのは増田充宏騎手(ミッシーコルザ)
 240103 2024川崎ジョッキーズカップ第1戦-05

2番手で機を伺っていた藤江渉騎手が3角で先頭に立つと最後の直線ではさらに差を広げ、3馬身差で完勝しました。

優勝は藤江渉騎手(ツワモノ、田島寿一厩舎)
※2024シーズン初勝利、通算4回目の川崎ジョッキーズカップ制覇※
 240103 2024川崎ジョッキーズカップ第1戦-06

 240103 2024川崎ジョッキーズカップ第1戦-07

 2024川崎ジョッキーズカップ第1戦 結果

口取り
 240103 2024川崎ジョッキーズカップ第1戦-08

カツマルくんボードの前で優勝トロフィーを手に記念撮影。
 240103 2024川崎ジョッキーズカップ第1戦-09
「印もついていたしチャンスはあると思っていて、2・3番手につけてくれとの指示だったのでその通り乗りましたが、馬が強かったです。
逃げていた馬が早めにタレてしまったので想定より早く先頭になってしまいましたが、追い出したら最後も伸びてくれました。
(新年最初の川崎ジョッキーズカップを勝てて)嬉しいです。毎年いいところまで行くのですが、総合3位とか5位とかだったので今年は総合優勝を狙いたいですね。
副賞の牛肉はサシの少ないステーキ肉だといいですね。

藤江渉騎手、おめでとうございます。


尚、2024川崎ジョッキーズカップ第1戦終了時点の順位は下記の通りとなりました。
1位: 藤江  渉  騎手 30ポイント
2位: 岡村  裕基騎手 20ポイント
3位: 田中  涼  騎手 15ポイント
4位: 新原  周馬騎手 12ポイント
5位: 中越  琉世騎手 10ポイント
6位: 野畑  凌  騎手  8ポイント
7位: 増田  充宏騎手  6ポイント
8位: 池谷  匠翔騎手  4ポイント
9位: 今野  忠成騎手  2ポイント
10位:岩橋  勇二騎手  1ポイント
    本田  紀忠騎手  1ポイント
    伊藤  博人騎手  1ポイント
    古岡  勇樹騎手  1ポイント
    山林堂信彦騎手  1ポイント
-位:神尾  香澄騎手
-位:小林  捺花騎手
-位:櫻井  光輔騎手
-位:町田  直希騎手
-位:山崎  誠士騎手
となりました。

正月開催も含め毎開催で実施、12月の最終戦まで行われる川崎ジョッキーズカップのポイントや順位の詳細につきましては特設ページ(随時更新予定)をご覧ください。

 2024川崎ジョッキーズカップシリーズについて
 
 

第16回川崎マイラーズ(SIII) 優勝はデュードヴァン

2024-01-04-Thu-11:00
開催3日目のメインレースは第16回川崎マイラーズ(SIII)
1・2着馬には京成盃グランドマイラーズ(SII)への優先出走権が与えられます。
開催時期が5月から1月に変更となり、今年は14頭立てで行われました。

川崎マイラーズの生ファンファーレは声優の山岡ゆりさん+川崎競馬ファンファーレ隊「川崎競馬ロジータブラス’23」のスペシャルバージョン
 240103 川崎マイラーズ-20 240103 川崎マイラーズ-21
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 

中団の後ろにいたデュードヴァンが最後の直線で矢のように伸び、先に抜け出したギャルダルを捉えきった所がゴール。重賞初制覇を飾りました。
また2着となったギャルダルと共に京成盃グランドマイラーズへの優先出走権を獲得しました。

優勝はデュードヴァン(大井・坂井英光厩舎)
 240103 川崎マイラーズ-01 優勝はデュードヴァン

 第16回川崎マイラーズ 結果

レース後の検量所前
 

口取り
 240103 川崎マイラーズ-02 240103 川崎マイラーズ-03

表彰式
 240103 川崎マイラーズ-04

勝利ジョッキーは御神本訓史騎手
 240103 川崎マイラーズ-05

 

勝利調教師は坂井英光調教師
 240103 川崎マイラーズ-06

 

関係者のみなさま、おめでとうございます。
 240103 川崎マイラーズ-07


川崎競馬からはフォーヴィスム、ルーチェドーロ、エアアルマスの3頭が参戦しました。

3着:フォーヴィスム
 240103 川崎マイラーズ-08 240103 川崎マイラーズ-09 240103 川崎マイラーズ-10

8着:ルーチェドーロ
 240103 川崎マイラーズ-11 240103 川崎マイラーズ-12 240103 川崎マイラーズ-13

14着:エアアルマス
 240103 川崎マイラーズ-14 240103 川崎マイラーズ-15 240103 川崎マイラーズ-16


川崎マイラーズの誘導馬は獅子舞の衣装で登場しました。
 240103 川崎マイラーズ-17 240103 川崎マイラーズ-18 240103 川崎マイラーズ-19
 
 

21stゴールデンホース賞 優勝はシャンパンファイト (出走全馬比較写真付)

2024-01-03-Wed-08:10
2024年開催2日目の11レースは栗毛・栃栗毛馬限定競走の「21stゴールデンホース賞」
1992年に第1回が行われ、2007年からはお正月開催の名物レースとして毎年行われるようになりました。
21回目となる今年は1頭が出走取消となり、栗毛馬13頭によって行われました。

パドックを周回する全13頭のゴールデンホースたち。
 240102 21stゴールデンホース賞-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

今年出走した13頭
 240102 21stゴールデンホース賞-02 240102 21stゴールデンホース賞-03

 240102 21stゴールデンホース賞-04 240102 21stゴールデンホース賞-05

 240102 21stゴールデンホース賞-06 240102 21stゴールデンホース賞-07

 240102 21stゴールデンホース賞-08 240102 21stゴールデンホース賞-09

 240102 21stゴールデンホース賞-10 240102 21stゴールデンホース賞-11

 240102 21stゴールデンホース賞-12 240102 21stゴールデンホース賞-13

 240102 21stゴールデンホース賞-14

レースタイトル
 240102 21stゴールデンホース賞-15

1周目の直線、13頭のゴールデンホースたち
 240102 21stゴールデンホース賞-16

逃げを打ったのはデアシュトゥルム
 240102 21stゴールデンホース賞-17

前を主張する馬を行かせて好位に控えたシャンパンファイトが、直線で逃げ馬を捉えると2馬身差をつけて優勝。1番人気に応えました。

優勝はシャンパンファイト(甲田悟厩舎)
 240102 21stゴールデンホース賞-18 優勝はシャンパンファイト

 21stゴールデンホース賞 結果

 240102 21stゴールデンホース賞-19 240102 21stゴールデンホース賞-20

関係者のみなさま、おめでとうございます。
 
 

ばんえい十勝初夢駈けてin kawasaki

2024-01-03-Wed-08:00
開催2日目、4年ぶりに川崎競馬場へばん馬が来場して「ばんえい十勝初夢駈けてin kawasaki」が行われました。

 ■ばん馬と白バイのコラボ

 開催2日目の朝、開門前の業務エリアにて箱根駅伝の先導を務める白バイが川崎競馬場に集結。
 240102 箱根駅伝を先導する白バイ隊とばん馬のハクウンリュー-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 ばん馬のハクウンリューが白バイ隊員に激励の言葉を贈りました。
 240102 箱根駅伝を先導する白バイ隊とばん馬のハクウンリュー-02 240102 箱根駅伝を先導する白バイ隊とばん馬のハクウンリュー-03

 目の前を通り過ぎるばん馬に、白バイ隊員から自然と拍手がおこりました。
 240102 箱根駅伝を先導する白バイ隊とばん馬のハクウンリュー-04

 この後、白バイ隊員は箱根駅伝の先導に出発しました。
 240102 箱根駅伝を先導する白バイ隊とばん馬のハクウンリュー-05 240102 箱根駅伝を先導する白バイ隊とばん馬のハクウンリュー-06

 ■トークショー
  ばんえい帯広競馬の場外発売に併せて、8レース後にはトークショーが行われました。

  トークショーの様子
 240102 ばんえいトークショー-01

  矢野吉彦さん、目黒貴子さん、帯広記念の予想
 240102 ばんえいトークショー-02 240102 ばんえいトークショー-03 240102 ばんえいトークショー-04

 ■場立ち予想
  13:00~17:00にはスパーキングルームにてばんえい十勝場立ち予想が行われました。
  矢野吉彦さん、須田鷹雄さん、目黒貴子さん、荘司典子さん、赤見千尋さんが参加されました。

  場立ち予想の様子
 240102 ばんえい場立ち予想-01 240102 ばんえい場立ち予想-02

 ■ばん馬とのふれあい
  内馬場入場門付近では、正月飾りなどを付けたハクウンリュー号にニンジンをあげたり、ハクウンリュー号に乗って記念撮影することができるふれあいコーナーが行われました。

 イベントに向かうため、検量所前を通るばん馬
 240102 ばんえいとのふれあい-01

 ふれあいの様子
 240102 ばんえいとのふれあい-02 240102 ばんえいとのふれあい-03

 240102 ばんえいとのふれあい-04 240102 ばんえいとのふれあい-05

 ■ばん馬VR体験ブース
  2号スタンド1階では、帯広競馬場での臨場感を体験することができるVR体験ブースが設置されました。
 240102 ばん馬VR体験ブース-01

 ■十勝物産展&ばんえい抽選会
  2号スタンド1階にて、ばんえい競馬の場外発売に併せ、プレゼント抽選会が行われました。

  プレゼント抽選会
 240102 プレゼント抽選会-01

  また同所にて十勝の農産物やスイーツ、ばんえい十勝オリジナルグッズなどの展示販売も行われました。
 240102 展示販売-01


川崎ジョッキーズからの年賀状動画

2024-01-02-Tue-08:30
正月開催の川崎競馬中継で放映されている「川崎競馬所属騎手からビデオ年賀状」

見逃してしまった方、何度も見たい方はこちらでご覧ください。

1組目:今野忠成騎手、本田紀忠騎手、山林堂信彦騎手、藤江渉騎手
 

2組目:山崎誠士騎手、岡村裕基騎手、田中涼騎手、伊藤裕人騎手
 

3組目:町田直希騎手、増田充宏騎手、古岡勇樹騎手、中越琉世騎手
 

4組目:神尾香澄騎手、野畑凌騎手、新原周馬騎手、池谷匠翔騎手
 
 
 

稲毛神社にて競馬関係者の絵馬が展示されています。

2024-01-02-Tue-08:20
川崎競馬場にほど近い稲毛神社では1月1日から1月7日まで「有名人慈善絵馬展」が行われています。

芸能人、スポーツ選手、漫画家、画家、音楽家、政治家など各界の著名人の直筆絵馬を約200点展示。競馬関係者の絵馬も33枚あります。
 240101 有名人慈善絵馬展-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

川崎競馬関係者や川崎競馬騎手の絵馬、中央・地方騎手の絵馬もあります。
 240101 有名人慈善絵馬展-02

 240101 有名人慈善絵馬展-03 240101 有名人慈善絵馬展-04

 240101 有名人慈善絵馬展-05 240101 有名人慈善絵馬展-06

 240101 有名人慈善絵馬展-07

たくさんの絵馬が展示されていますので、お近くの方は立ち寄ってみてははいかがでしょうか?

欲しい作品があれば入札でき、最高価格の人が落札。
その益金は社会福祉事業に充てられます。

また1月9日から31日までは川崎モアーズでも展示されて、同様に入札することができます。

競馬関係者絵馬一覧
佐々木竹見さん
金子正彦さん
河津裕昭調教師
田邊陽一調教師
今野忠成騎手
山林堂信彦騎手
山崎誠士騎手
岡村裕基騎手
藤江渉騎手
増田充宏騎手
町田直希騎手
本田紀忠騎手
田中涼騎手
伊藤裕人騎手
櫻井光輔騎手
中越瑠世騎手
池谷匠翔騎手
古岡勇樹騎手
神尾香澄騎手
小林捺花騎手
新原周馬騎手
野畑凌騎手

吉原寛人騎手
木之前葵騎手
ジョアン・モレイラ騎手
ホリー・ドイル騎手
内田博幸騎手
松岡正海騎手
小林美駒騎手
藤田菜七子騎手
永島まなみ騎手
和田竜二騎手
須貝尚介調教師
 
 

神奈川県騎手会年始挨拶 【動画あり】

2024-01-02-Tue-08:10
2024年開催初日8レース終了後、ウィナーズサークルにて、神奈川県騎手会による年始挨拶が行われました。

神奈川県騎手会
 240101 神奈川県騎手会による年始挨拶-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

年始挨拶をする今野忠成騎手会長
240101 神奈川県騎手会による年始挨拶-02
「新年明けましておめでとうございます。毎年恒例となりました川崎競馬お正月開催に御来場頂き誠にありがとうございます。昨年の川崎競馬は若手騎手の活躍が目立った年でもありました。その若手騎手に負けないよう、中堅騎手・ベテラン騎手も頑張って参りますので今年1年も御声援の程、よろしくお願いします」

今年の抱負を語る山崎誠士騎手
240101 神奈川県騎手会による年始挨拶-03
「皆さん、新年明けましておめでとうございます。昨年は川崎競馬リーディングを取る事が出来ましたので、今年もリーディングを死守したいと思っております。公式インスタグラム(seiji_yamazaki_jockey)もやっておりますので、是非フォローをお願い致します」

今年の抱負を語る町田直希騎手
240101 神奈川県騎手会による年始挨拶-04
「皆様新年明けましておめでとうございます。今年は去年と同じく怪我なく、1つでも多く勝ち鞍を伸ばせるように頑張りますので応援よろしくお願いします」

最後は3人揃って記念撮影
240101 神奈川県騎手会による年始挨拶-05

新年騎手挨拶動画
 
 
 

2024年の川崎競馬が開幕

2024-01-02-Tue-08:00
明けましておめでとうございます。
新年の川崎競馬が元旦より開幕いたしました!

今年もカツマルくんはよりたくさんの情報を発信しますのでどうぞよろしくお願い致します。

 240101 2024年の川崎競馬が開幕-01 240101 2024年の川崎競馬が開幕-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

三が日は開門から1時間ほど、場内をカツマルくんがグリーティング。各日先着50~100名様に、川崎競馬オリジナル缶バッジがプレゼントされました。
カツマルくんはグリーティングの帰りに、メイクデビューやまださんとぽんちゃまさんによるビギナーサポートデスクにも新年の挨拶に立ち寄りました。。
 240101 2024年の川崎競馬が開幕-03 240101 2024年の川崎競馬が開幕-04

2024年最初のレースは、明け3歳2組による「2024幕開け賞」
11頭によって争われたレースはゴールドオリス(山崎誠士騎手、岩本洋厩舎)が勝利し、幸先のいいスタートを切りました。
 240101 2024幕開け賞-01

 240101 2024幕開け賞-02 240101 2024幕開け賞-03

 2024幕開け賞 結果
 
 

大井・第47回東京2歳優駿牝馬(SI) ローリエフレイバーが優勝し、野畑凌騎手が重賞初勝利

2024-01-01-Mon-09:10
大井・第47回東京2歳優駿牝馬。
今年は15頭で争われ、川崎からはアメリアハート、ボレロオブソロウの2頭が参戦しました。

2番手を追走していたローリエフレイバーが、直線で追い出されるとそのまま2馬身差をつけて快勝。4連勝で2歳牝馬の頂点に輝きました。

優勝はローリエフレイバー(大井・月岡健二厩舎)
 231231 東京2歳優駿牝馬-01 優勝はローリエフレイバー
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 大井・第47回東京2歳優駿牝馬 結果

また同馬に騎乗した野畑凌騎手は、これが嬉しい重賞初勝利となりました。

記念の口取り
 231231 東京2歳優駿牝馬-02 231231 東京2歳優駿牝馬-03


表彰式
 231231 東京2歳優駿牝馬-04 231231 東京2歳優駿牝馬-05


アメリアハートは5着、ボレロオブソロウは12着という結果でした。

5着:アメリアハート
 231231 東京2歳優駿牝馬-06 231231 東京2歳優駿牝馬-07 231231 東京2歳優駿牝馬-08

12着:ボレロオブソロウ
 231231 東京2歳優駿牝馬-09 231231 東京2歳優駿牝馬-10 231231 東京2歳優駿牝馬-11
 
 

2023年川崎競馬リーディング

2024-01-01-Mon-09:00
2023年の川崎競馬は12月15日で終了。
川崎競馬場リーディングは以下の通りとなりました。

【調教師】

川崎競馬のリーディングトレーナーに輝いたのは高月賢一調教師(8年連続)

高月賢一調教師
2023年も皆様大変ありがとうございました。
年間100勝に届かなかったことは残念ですが、川崎リーディングを8年連続で取れたことは良かったです。
これも日頃から頑張ってくれているスタッフ、良い馬を預けてくださる馬主の皆様のお陰です。
来年も高月厩舎、川崎競馬をどうかよろしくお願い致します。

 2023川崎リーディング 高月賢一調教師
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第1位  高月賢一      415戦 82勝
 第2位  山崎裕也      348戦 53勝
 第3位  内田勝義      416戦 47勝
 第4位  佐々木仁      319戦 45勝
 第5位  鈴木義久      316戦 41勝
 第6位  林隆之        234戦 35勝
 第7位  平田正一      281戦 34勝
 第8位  山崎尋美      401戦 28勝
 第9位  新井清重(船橋) 109戦 23勝
 第10位 池田孝       175戦 20勝


【騎手】

川崎競馬のリーディングジョッキーに輝いたのは山崎誠士騎手(5年連続)
今年は京成盃グランドマイラーズ、ルーキーズサマーカップを制し、重賞2勝。

山崎誠士騎手
5年連続もそうですが、今年は(他場所属騎手を含めても)胸を張って言える川崎リーディングとなれました。目標を達成出来たので嬉しいです。
来年は自己ベスト(年間141勝)を更新しつつ、6年連続の川崎リーディング。そして通算2,000勝到達を目指したいです。
2歳馬にも期待の馬が多くいますので、新たに創設された3歳ダート3冠で勝って全国に名を売りたいですね。

 2023川崎リーディング 山崎誠士騎手

 第1位  山崎誠士       446戦 77勝
 第2位  町田直希       425戦 70勝
 第3位  森泰斗(船橋)    312戦 68勝

 第4位  笹川翼(大井)    341戦 57勝
 第5位  野畑凌        445戦 45勝
 第6位  矢野貴之(大井)  235戦 38勝
 第7位  新原周馬       376戦 37勝
 第8位  古岡勇樹       357戦 34勝
 第9位  櫻井光輔       301戦 26勝
 第10位 今野忠成       247戦 23勝
 
 
HOME