川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第63回川崎記念(JpnⅠ)

2014-01-30-Thu-02:16
今年で63回目を迎える川崎記念。川崎競馬では、もっとも歴史の長い重賞でもあります。1951年の創設時は、「開設記念」の名称だった川崎記念ですが、距離3000mで行なわれました。現在の「川崎記念」の名称になったのは1979年で、この名称になってから今年で35年目となります。

 JRA5頭、南関東3頭、笠松、兵庫、高知から各1頭の計11頭で行なわれた今年の川崎記念。暮れの東京大賞典を制したホッコータルマエが断然の支持を集めました。

 ハナを切ったのはJRAのトウショウフリーク。後続を離して単騎の逃げに持ち込みます。2番手追走は、断然人気のホッコータルマエ、フリートストリート、ランフォルセらJRA勢が先行集団を形成し、レースは流れます。

  レース 1_1_1 1周目のゴール前

 一人旅で逃げるトウショウフリークですが、2周目の3コーナーでホッコータルマエ、ムスカテールが並びかけ、その差がなくなります。直線に入りトウショウフリークが粘るも、ホッコータルマエが交わし先頭に。ムスカテールが外から追いすがり、半馬身まで詰め寄りますが、ホッコータルマエが押し切り優勝しました。

  レース 5_1 レース 6_1

    第63回川崎記念(JpnⅠ) 結果

 ホッコータルマエは、昨年暮れの東京大賞典に続き、JpnⅠ競走を連勝。これで9つ目の重賞タイトルを手にしました。

  ⑤ホッコータルマエ 4_1 ⑤ホッコータルマエ 5_1
  口取り 1_1 口取り 2_1 口取り _1

 表彰式では、イメージキャラクターの磯山さやかさんがプレゼンターを務めました。関係者のみなさま、おめでとうございます。

  表彰式:記念撮影 2_1  表彰式:幸騎手 2_1 喜びの表情の幸英明騎手

  誘導馬_1 川崎記念では、誘導馬もいつもより多い3頭立てでした。

 ホッコータルマエの次走は、フェブラリーSの予定しているとのこと。その後は果たして世界へと挑戦するのか、注目が集まるところです。生産牧場の市川ファームは、川崎競馬にとっては、桜花賞馬フィリアレギスと仔のナタリスを輩出した牧場としてもおなじみなだけに、ホッコータルマエにも頑張ってほしいところです。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME