川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第50回関東オークス(JpnⅡ)

2014-06-14-Sat-01:19
今年で50回目の節目を迎える関東オークス。50回目となる今年は、今年50歳になる昭和39年生まれ(1964年生まれ)の方が当日入場無料になるサービスも行なわれました。今年50歳になる方が生まれた1964年といえば、東京オリンピック開催、東海道新幹線開業など、日本にとって大きな転換期となった年。競馬界では、JRAではシンザンが史上2頭目の3冠馬となりました。

 ダートグレード競走としてのほか、南関東所属馬にとっては、南関東牝馬3冠の最後の1冠であり、地方競馬所属馬にとっては、グランダムジャパン3歳シーズン最終戦と、様々な意味を持つ関東オークス。今年は、JRA4頭、南関東5頭、笠松、兵庫、高知からそれぞれ1頭の計12頭で争われました。

 降りしきる雨の中、ドロドロの不良馬場で行なわれた今年の関東オークス。レースは、1番人気のJRAのエスメラルディーナがハナに経ち、主導権を握る展開。

  レース 1_1 レース 2_1 1周目のゴール前

 そのまま、終始マイペースの逃げに持ち込んだエスメラルディーナの逃げは衰えることなく、終わってみれば後続に7馬身の差をつけて優勝。2着には、先行集団で終始インコースを進んだ兵庫のトーコーニーケが入線。3着には、中団からレースを進めたJRAのアムールブリエが入りました。

  レース 5_1 ②エスメラルディーナ 9_1  第50回関東オークス(JpnⅡ) 結果
  口取り 1_1 口取り 2_1 口取り

  表彰式_1  雨の中での表彰式

  表彰式:賞金授与 1_1 プレゼンターは、谷桃子さん

  表彰式:勝利騎手_1 勝利ジョッキーは、クレイグ・ウィリアムズ騎手

  表彰式:集合写真_1 関係者のみなさま、おめでとうございます。

 今年の関東オークスは、グランダム・ジャパン3歳シーズンのポイント上位3頭が揃って出走。最終戦となるこのレースで兵庫のトーコーニーケが2着に入線し今年のグランダム・ジャパン3歳シーズンの総合優勝を手にしました。

  ⑥トーコーニーケ 1_1 兵庫・トーコーニーケ

 連勝の勢いもあり、関東オークスでは5番人気に支持されたトーコーニーケ。残念ながら勝利で総合優勝を飾ることはできませんでしたが、存在感を十分に示す2着で場内を沸かせました。兵庫では、トーコーポセイドン、トーコーガイアとならぶ、トーコー軍団の代表格。今後の活躍が楽しみな1頭ですね。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME