FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第43回戸塚記念(SⅡ)

2014-09-11-Thu-23:16
3着までの牝馬にロジータ記念の優先出走権が、また、1着馬には11月24日に水沢競馬場で行なわれる「ダービーグランプリ」の優先出走権が与えられる戸塚記念。今年は11頭立てで行なわれました。ちなみにトークショーのゲストの内田博幸騎手は、1995年の第24回をドラールクラウンで制しています。

 エスケイアリュール、トキノセレブ、ノットオーソリティが譲らず、激しい先行争いでレースで進みますが、直線に入ると、スコベルタ、ノーキディング、キットピークの3頭追い比べの激戦に。最後はアタマ差でキットピークが制し、うれしい初重賞制覇となりました。また、9月12日に期間限定騎乗が終了する岡部誠騎手にとっても、南関東での初重賞制覇となりました。アタマ差の2着にはスコベルタ、さらにクビ差の3着にはノーキディングが入りました。

  IMGL9724_1_1.jpg IMGN9761_1.jpg 第43回戸塚記念(SⅡ) 結果

  0P5C7380_1.jpg 0P5C7407_1.jpg 口取り

  0P5C7478_1.jpg 最後の追い比べを制した、名古屋の岡部誠騎手

 表彰式では、ゆるキャラグランプリにエントリー中のカツマルくんとターフィーくんが、清き1票をお願いしていました。

  0P5C7484_1.jpg カツマルくんとターフィーくん

 関係者のみなさま、おめでとうございます。

  0P5C7509_1.jpg 0P5C7521_1.jpg 表彰式

 今年の戸塚記念、枠順確定時は川島正行所属として出走だったノットオーソリティ。日曜日に川島調教師が急逝したため、戸塚記念では暫定措置として、川島正一厩舎所属としての出走となりました。レースでは1番人気に推されましたが、残念ながら10着という結果でした。

  0P5C7313_1.jpg 0P5C7340_1.jpg 0P5C7354_1_201409112252530b6.jpg ⑦ノットオーソリティ

 戸塚記念の由来は、戦前に川崎競馬場の前身である戸塚競馬場を記念して設立されたレースで、戸塚競馬場は1954年に廃止されました。戸塚競馬場については、9月3日に掲載された、「川崎競馬こぼれ話Ⅱ」に、詳しく掲載されています。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT



コメントの投稿

HOME