川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第10回開催 スパーキングデビュー 勝馬のご紹介

2014-12-23-Tue-15:39
今開催は2鞍が行われ、計22頭がデビューした「スパーキングデビュー」。勝馬をご紹介致します。なお2レースには、2012年生まれの競走馬で全国唯一の神奈川県産馬もデビューしました。

 1レースは、好スタートからハナに立った1番人気のミッドストラーダ[八木仁厩舎]が、直線に入ると後続との差を広げるいっぽうで、終わってみれば2着馬に2.4秒の大差をつけ、デビュー戦を飾りました。タイム1.32.0。

  1R新馬戦 ミッドストラーダ[牡]

 父:アサクサデンエン 母:ビクタートウショウ(母の父:シャーディー)

 神奈川県産馬のフライトファルコンのデビューが話題になった2レースは、フライトファルコンがデビュー勝ち。道中はインコースの4番手からレースを進め、直線に入りスパートすると、逃げ馬を捕らえ2馬身差でゴールしました。

  2R新馬戦02 フライトファルコン[牡]

  父:マヤノトップガン 母:アマートダイアナ(母の父:メジロライアン)

  012R新馬戦 2R新馬戦03 2R新馬戦04

 フライトファルコンの生産は、相模原市にあるトリストレーニングファーム。田中涼騎手にとっては、乗馬のレッスンを受けた思い出のある牧場の生産馬での勝利となりました。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME