川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第51回報知オールスターカップ(SⅢ)

2015-01-04-Sun-01:13
1着馬には、川崎記念の優先出走権が与えられる報知オールスターカップ。今年は、北海道と金沢から1頭ずつが参戦し、14頭立てで行われました。

 スタートしてハナに立ったのは道営から参戦のニシノファイター。ファイヤープリンス、アウトジェネラルが続きます。向正面にから3コーナーに入るとアウトジェネラルとファイヤープリンスがニシノファイターに並びますが、後方から一気の捲りでドラゴンエアルが進出。4コーナーから直線に入るとドラゴンエアルがファイヤープリンスを交わし先頭に立ち、後続を突き放して優勝。前走の水沢・ダービーグランプリに続き、重賞2連勝となりました。

  レース 1_1_1 レース 2_1_1 1周目のゴール前

 ドラゴンエアルは、水沢・ダービーグランプリに続き、重賞2勝目。

  レース 3_1 第51回報知オールスターカップ(SⅢ) 結果

  口取り 2_1 口取り 3_1 口取り

 2015年の南関東の最初の重賞を制したのは、昨年、初の南関東総合リーディングに輝いた森泰斗騎手。「もちろん、今年もリーディングを目指します!」と笑顔でインタビューに答えてくれました。

  表彰式:森泰斗騎手_1 森泰斗騎手

  表彰式:高月賢一調教師_1 高月賢一調教師

  表彰式:吉岡厩務員_1 イケメンでおなじみの吉岡厩務員

 関係者のみなさま、おめでとうございます。

  表彰式_1 表彰式:記念撮影_1 表彰式

 昨年11月の、水沢・ダービーグランプリでは、鮮やかな捲りで先頭に立ち、初重賞制覇を飾ったドラゴンエアル。今回も、前走を彷彿とさせるようなレースぶりで重賞2連勝。昨年はハッピースプリントと接戦を演じながらも、なかなか勝ち切れませんでしたが、この連勝で成長を遂げ、今年は南関東の重賞戦線を引っ張る存在になってほしいですね。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME