川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第61回エンプレス杯(JpnⅡ)

2015-03-06-Fri-02:59
天気にも恵まれ、暖かな中で行われた今年のエンプレス杯。今年で61回を迎える伝統の重賞でもあります。今年は他地区から3頭が参戦し、12頭立てで行われました。

 圧倒的1番人気のワイルドフラッパーが好スタートを切ると、ハナに立って自ら主導権を握り、レースを進めます。道中もメイペースの逃げに持ち込んだワイルドフラッパーですが、4コーナーで外にアムールブリエが迫ります。直線はワイルドフラッパーとアムールブリエの一騎打ちになりますが、アムールブリエが直線半ばでワイルドフラッパーを捕えると、3馬身の差をつけてゴール。これで3連勝となったアムールブリエ。自身にとって、うれしい初重賞制覇となりました。

  レース _1 EN4A9977_1.jpg 第61回エンプレス杯(JpnⅡ) 結果

  0P5C1855_1.jpg 0P5C1851_1.jpg 口取り

  0P5C1879_1_1.jpg 勝利ジョッキーの浜中俊騎手

 関係者のみなさま、おめでとうございます。

  0P5C1897_1.jpg 0P5C1915_1.jpg 表彰式

 今年もJRA所属馬が勝利し、JRA勢が7年連続で優勝となったエンプレス杯。地方所属馬の最先着は、今回から川崎所属となったアスカリーブルの5着でした。来年は地方馬の奮起を期待したいですね。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME