川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第18回クラウンカップ(SⅢ)

2015-04-01-Wed-23:39
今年で18回目となるクラウンカップ。上位2頭には、4月22日に行われる羽田盃(SⅠ)の優先出走権が付与されます。今年はあいにくの雨の中での実施となりましたが、フルゲートの14頭で争われました。なお、10号馬のグランシェフに騎乗することになっていた今野騎手は、負傷のため笹川翼騎手に乗り替わりとなりました。

 ビービーキャリバーがちょっと立ち遅れてのスタートとなったレースは、ヴィグシュテラウスが押して先頭に立ち、縦長の展開で1コーナーへ向かいます。向正面でさらに縦長の展開となりますが、各馬仕掛け始め、3コーナーで馬群が詰まります。4コーナーで逃げたヴィグシュテラウスが捕まると、ナイキアフォードが代わって先頭に立ち直線へ。そのままナイキアフォードが押し切ろうとしますが、道中は中団からレースを進めたウィンバローラスが外から伸び、一気に突き抜け優勝。2着争いは、ルコンポゼとミッドストラーダが外目から馬体を合わせて追い込んでくるも、クビ差先着したルコンポゼが2着を確保し、ウィンバローラスとともに羽田盃の優先出走権を獲得しました。

  クラウンカップ レース 第18回クラウンカップ(SⅢ) 結果

 鞍上の柴田大地騎手は、南関東の重賞は初制覇。河津厩舎の管理馬での勝利は、プレイアンドリアルと同じコンビですね。関係者のみなさま、おめでとうございます。

  クライウンカップ 口取り 1 クラウンカップ 口取り 2 2015クラウンカップ 表彰式

 過去にはクラウンカップをステップに、サンキューウィンが羽田盃を、キングセイバー、ドリームスカイ、サイレントスタメンが東京ダービーを制しました。果たして今年は、クラウンカップをステップにした馬からクラシックホースが誕生するのでしょうか?クラウンカップから、羽田盃、東京ダービーへと出走する馬は、チェックしておきたいところですね。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME