川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

中地ジョッキー初勝利を語る

2007-12-05-Wed-09:24
11月19日第7レースで待ちに待った初勝利を挙げた中地雄一ジョッキー。



デビューは平成16年4月26日ですが負傷により長期休養を余儀なくされ掛かること3年半。
120勝目のことでした。

「最高にうれしかったですよぉ。惜しいレースも続いていましたし。道中前に2頭いる競馬でしたから無理かと思ったんですが直線の手応え良くて内から伸びてくれました。またすぐ勝てるようにがんばりまっす!」
口調はおっとりしているんですが「勝つ喜び」を語る目はキラキラしていました。

中地ジョッキーの隣にいるのは所属する長谷川三郎厩舎のトミノプラネット。
ローレル賞では勝ったマダムルコントと激しく競り合って2着。

「今朝も調教つけたんですが走る馬です! 期待していてください」と中地ジョッキー。
目標は東京2歳優駿牝馬です。



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME