川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

トキノミスオース馬場見せ

2007-12-09-Sun-14:14
ロジータ記念馬トキノミスオースが12月30日大井競馬場で行われる新設重賞「東京シンデレラマイル」出走に向けて馬場見せをしました。

馬場見せというのはあまり経験のないコースへ出走する前に運んで慣らすために馬場入りさせることです。

中央から移籍してきたトキノミスオースですが右回りは初めての経験。

日頃から調教馬場へ向かうのを嫌がるタイプではあるんですが、今朝も大井競馬場に到着し馬場入りするまでがひと苦労。
グズッて坂下厩務員を手こずらせます。
坂井騎手が跨ってからもロデオ状態でした。
071209tokinomisuosu.jpg


それでも馬場に入ってスピードが乗ると「15-15」程度の予定が64秒8-51秒0-37秒8。
騎乗していた坂井騎手の手綱はほんの少し動いただけです。

「動くね~、走るね~。馬場に入るまではどうなるかと思ったけど」と坂井騎手は絶賛。

「手前の替え方もスムーズだったし右回りは何の問題もない。ただね、540キロある大型馬だから大井の内回りはちょっと窮屈かもね。できれば内枠は引きたくないな」と注文も。

早めに馬場見せをしたのも気性面の課題を考えてのこと。
本番まであと20日です。



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME