川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

盛岡 第17回岩手県知事杯OROカップ

2015-09-30-Wed-02:01
川崎から3頭が出走した、「第17回岩手県知事杯OROカップ」。レース直前になり、ウィンペンタゴンの関本淳騎手が負傷のため、本田紀忠騎手に騎乗変更となり、本田騎手にとっては自厩舎の馬での重賞騎乗となりました。

 川崎勢3頭は、中団~後方からの競馬となったOROカップ。直線で伸びてきたカネトシディオスが3着に入線。中団からレースを進めたハングリージャックは、直線で伸びを欠き9着。後方からレースを進めたウィンペンタゴンは、11着という結果でした。

⑥カネトシディオス 3着

  ⑥カネトシディオス 1_1 

高松亮騎手 コメント

 「有力馬の後ろにつけるのは予定通り。うまく立ち回れたし、直線もよく伸びていましたが、勝ち馬との差は斤量差かな。」

⑪ハングリージャック 9着

  ⑪ハングリージャック 1_1 ⑪ハングリージャック 3_1 ⑪ハングリージャック 5_1

林隆之調教師 コメント

 「芝は合いますね。行きっぷりもいいし、思い通りの位置取りでレースができました。最後の直線で伸びを欠いたのは、気持ち距離が長かったのかもしれませんね。」

③ウィンペンタゴン 11着

 ③ウィンペンタゴン 1_1 ③ウィンペンタゴン 3_1 ③ウィンペンタゴン 5_1

本田紀忠騎手 コメント

 「急遽の乗り替わりでしたが、自厩舎の馬で重賞に騎乗するのは初めてだったので、うれしかったですね。スタートはあまりうまく出られず後ろからの競馬になりましたし、直線の反応が今ひとつで結果を出すことができませんでした。芝のレースは気持ちがいいものですね。良い経験になりました。」
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME