川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第8回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2015-10-25-Sun-19:34
今開催は2鞍行われ、計19頭が出走した、新馬戦の「スパーキングデビュー」。勝ち馬をご紹介します。

 牡馬4頭、牝馬5頭の計9頭立てで行われた1レースは、1番人気のガーデンマイスターが3/4馬身差で勝利。タイム1.33.7。

  1R:新馬戦  1R スパーキングデビュー 結果

 ガーデンマイスター[牡] 父:クロフネ 母:リヴァリーガーデン(母の父:サンデーサイレンス) 内田勝義厩舎
 
 なお、キタサンツバキを管理する村田順一厩舎は、厩舎開業初出走が新馬戦。生産者の山野牧場は、山野勝也元騎手のご実家です。山野元騎手は、現役時代は村田六郎厩舎の所属でしたね。

  1R:キタサンツバキ 1 1R:キタサンツバキ 2 キタサンツバキ

 出走馬10頭中、7頭が牝馬というメンバーで行われた2レースは、牝馬のシャーロットラブが2馬身差をつけて勝利。タイム1.31.6。

  2R:新馬戦 2R スパーキングデビュー 結果

  シャーロットラブ[牝] 父:フレンチデピュティ 母:アリマエンプレス(母の父:フジキセキ) 山崎尋美厩舎
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME