川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

目標は父子2代東京ダービー馬の輩出 アンパサンドの近況

2015-11-12-Thu-01:10
フィガロが高齢になったことに伴い、種牡馬としてデビューすることになったアンパサンド。今年は功労馬から種牡馬となり、無事に種付けも済ませました。現在はフィガロとともに、日高町のサンシャイン牧場に繋養されています。今年の5月には、神奈川新聞に掲載されている「川崎競馬こぼれ話Ⅱ」にも、種牡馬デビューのことが取り上げられました。待望の産駒は、来年4月に誕生予定です。

  アンパサンド 1 アンパサンド 3 種牡馬として、体つきも立派なアンパサンド

  アンパサンド 2 アンパサンド 4 表情も凛々しく、風格が感じられます

サンシャイン牧場 場長のコメント

 「うちの繁殖牝馬には、試験的に3頭に種付けして2頭受胎しました。体が結構ある馬なので、子出しさえすれば徐々に他からの種付頭数も増えてくると思います。痛めた脚も特に熱を持つ事なく、今は心配していません。放牧用のパドックでは大人しいのですが、引こうとするとカジってきたりして、じっとしていてくれませんね(笑)。」

 産駒のデビューは2018年。史上2組目となる父子東京ダービー制覇なるか?父を彷彿とさせる産駒の登場を楽しみに待ちたいですね。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME