川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

神奈川県カナふゆ賞

2015-12-17-Thu-01:37
開催2日目の第9レースは、3歳一組による「神奈川県カナふゆ賞」。好スタートからハナに立ったサクラライトニングがマイペースの逃げでレースを進めると、余裕の手応えで直線へ。直線でレジェンドセプターが追いすがりますが、これを突き放すと後続との差をぐんぐん広げ、4馬身差の快勝。今回が転入初戦で+30kgでの出走でしたが、快勝で転入初戦を飾りました。

  カナふゆ賞 1 神奈川県カナふゆ賞 結果

  カナふゆ賞 3 勝利ジョッキーは山崎誠士騎手

山崎誠士騎手コメント

 「馬の力が違いましたね。+30kgでしたが、しっかり調教を積んでいたので気にせずに乗りました。逃げの手に出るつもりではなかったのですが…、次はその場に合わせたレースをさせます。これからもっと強くなると思いますので、この先も楽しみにしていてください。本日は寒い中、川崎競馬場にお越しくださいましてありがとうございました。」

 プレゼンターを務めたのは、カナふゆプロジェクトのメンバーのみなさま。プロジェクトリーダーの諸星様より、「カナふゆ 神奈川県庁に冬の明かりを灯します」イベントの紹介が行われた後、プロジェクトメンバーの諸星リーダー、古尾谷主事、中村主事がプレゼンターを務められました。また、神奈川県営水道広報部長「カッピー」も、応援に駆けつけました。

  カナふゆ賞 5 カナふゆ賞 4 カナふゆプロジェクトのメンバーのみなさま & カッピー

 もうすぐクリスマス。お時間がありましたら、ぜひ、「カナふゆ」のライトアップに足を運んでみるのはいかがでしょうか?12/20~22に行われる「カナふゆ 神奈川県庁に冬の明かりを灯します」のイベント詳細ページは下記になります。なお、12月20日(日)の10:00~17:00には、カツマルくんもイベントに参加いたします。

  カナふゆ ライトアップ 詳細

 管理する山崎裕也調教師は、初のお立ち台。弟の誠士騎手が騎乗しての勝利で、兄弟揃っての表彰式となりました。おめでとうございます。

  カナふゆ賞 6 最後はカッピーも交えて記念撮影
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME