川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

高知 第13回黒潮スプリンターズカップ

2016-02-01-Mon-00:30
黒船賞選考競走で、1着馬には黒船賞の優先出走権が与えられる、「黒潮スプリンターズカップ」。地方競馬全国交流重賞ということもあり、川崎から、笠松から3頭、岩手、兵庫から各2頭、川崎から1頭の計8頭が遠征。地元高知からは4頭が出走し、フルゲートの12頭で争われました。

 ハナを切ったのは、兵庫から遠征のエイシンアクロン。川崎から遠征のメテオーラビアンカは、離された最後方からの競馬でレースを進めます。メテオーラビアンカは直線で追い上げるも、6着入線。残念ながら、黒船賞の優先出走権獲得はなりませんでした。

 優勝は、2番人気に支持された高知のスクワドロン。母がヒシアマゾンの妹という良血馬で、3連勝で重賞初制覇となりました。

 メテオーラビアンカ 鞍上は大井の山崎良騎手

  黒潮SC 1 黒潮SC 2 黒潮SC 3 黒潮SC 4

 このレースには、かつて川崎競馬でデビューし、デビューから2連勝を飾ったエイシンアクロンも出走。現在は園田競馬に移籍し、元気に頑張っています。

  黒潮SC 5 エイシンアクロン 鞍上は兵庫の吉村智洋騎手

                              画像協力:永留 徳幸 様
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME