川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

浦和・第8回ユングフラウ賞(SⅡ) 川崎所属馬がワンツー!!

2016-02-03-Wed-23:13
3月に行われる桜花賞のトライアル重賞で、3着馬までに優先出走権が与えられる「ユングフラウ賞」。重賞に格上げされて今年で8回目を迎えます。今年は川崎から、モダンウーマンとポットガゼールの2頭が出走しました。

 ①ポットガゼール 1_1_1 ①ポットガゼール  ⑤モダンウーマン 1_1 ⑤モダンウーマン

 1番人気のモダンウーマンは中団からの競馬。砂を被る展開となりましたが、動じることもなくレースを進めます。ポットガゼールは後方からの位置取りで向正面へと向かいます。

 4コーナーで先頭集団に取り付いたモダンウーマン。直線で満を持して先頭に立ち、ステッキを入れると後続を一気に突き放し、後続に3馬身差のつけて優勝。道中、後方からの競馬のポットガゼールは、4コーナーで中団まで押しあげると、直線でスパート。ゴール前でリンダリンダを捕らえ、2着に入線し、川崎所属馬がワンツーを飾りました。

  _N4A5795_1.jpg  第8回ユングフラウ賞(SⅡ) 結果

  ⑤モダンウーマン 2_1 ①ポットガゼール 2_1_1 レース後の2頭

  口取り 5_1 口取り 2_1 口取り 3_1 口取り

  表彰式:山崎誠士騎手 2_1 勝利ジョッキーは、今回から手綱を取る山崎誠士騎手

  表彰式_1 表彰式:賞金授与_1 表彰式

 川崎所属馬としては、第1回のモエレエターナル以来の優勝となりました。関係者のみなさま、おめでとうございます。本番の桜花賞でも、2頭の活躍に期待したいですね。

 重賞としては、今年で8回目を迎えるユングフラウ賞ですが、準重賞時代にこの競走を制した川崎所属馬は5頭(1993年以降)。準重賞時代の優勝馬は、タカミプリティ(1996年)、モミジホープ(1999年)、カコ(2001年)、ゴールドファミリー(2004年)、カネショウバナナ(2007年)で、重賞格上げとなった2009年には、モエレエターナルが制しています。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME