川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

JRA藤田菜七子騎手 川崎競馬場で初陣

2016-03-04-Fri-08:48
今開催4日目の3月3日には、3月1日付けでJRAの騎手免許を取得した藤田菜七子騎手が条件交流競走に騎乗するため、川崎競馬場にご来場。3月5日のJRAデビューよりひと足お先に、川崎競馬場で騎手デビューを果たしました。藤田騎手は、条件交流のマーチスター賞以外にも5鞍に騎乗し、この日は計6鞍に騎乗しました。

 この日は藤田騎手を一目見ようと、開門前からたくさんのお客さんが並んだほか、沢山の報道陣も駆けつけました

  3月3日川崎 1 開門前の様子

  3月3日川崎 2 報道陣も100人越えでした

 開門直後は、藤田騎手を一目見ようと、パドックは多くの人が詰めかけました。

  3月3日川崎 3 第1レースを待つ大勢のファン

 第1レースに騎乗したのは、3歳牝馬のコンバットダイヤコンバットダイヤ(浦和・工藤伸輔厩舎)。工藤調教師の粋な計らいで、「菜七子メンコ」をつけて、パドックに登場しました。

  3月3日川崎 11 「菜七子メンコ」で登場したコンバットダイヤ号

  3月3日川崎 12 騎乗前の整列に登場した藤田菜七子騎手

  3月3日川崎 13 3月3日川崎 4 初騎乗

  3月3日川崎 5 本馬場入場の様子

  3月3日川崎 7 1レース発走前の競馬場 お客さんもギッシリ入っています

3月3日川崎 6 報道陣もスタンバイ完了

  3月3日川崎 8 いよいよレーススタート

  3月3日川崎 9 初めてのレースは中団からの競馬

  3月3日川崎 9 デビュー戦は、残念ながら9頭立ての8着でした

藤田菜七子騎手 デビュー戦後のコメント

  「聞いていた通りコーナーがきつく、あっという間にレースが終わった感じです。無事に終わってホッとしていますが、結果が出せなくて本当に申し訳なく思っています。JRAでのデビュー前にこうした騎乗機会をいただき感謝しています。次のレースからも全力で騎乗したいと思います。」

 この日は6鞍に騎乗した藤田騎手。残念ながら勝利には手が届きませんでしたが、第5レースで2着に、第12レースで3着に入るなど、見せ場たっぷりの内容でした。当日の騎乗結果は、下記の通りです。

 1R:コンバットダイヤ[牝3] 浦和・工藤伸輔厩舎  8着
 4R:シンフォニーヒルズ[牝9] 川崎・河津裕昭厩舎  4着
 5R:ミスターナインワン[牡7] 浦和・牛房栄吉厩舎 2着
 8R:ポッドジョイ[牡4] 川崎・八木正喜厩舎 5着
 10R:レガリアシチー[牡6] JRA美浦・根本康広厩舎 13着
 12R:ポッドライジング[牡4] 川崎・八木正喜厩舎 3着

 最終レースの騎乗後は、共同記者会見が行われました。

  記者会見 1 たくさんの報道陣の中行われた記者会見

  記者会見 3 記者会見 2 根本康広調教師と藤田騎手

記者会見 藤田騎手コメント(抜粋)

  「本当に勉強になりました。乗せてくださった馬主さん、調教師の先生、厩務員さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。4ッレースでは差す競馬もできたので、自信につながりました。今日の騎乗は30点ぐらいですが、100点を目指して頑張りたいです。」 
  
  動画 共同記者会見
 
  記者会見 4 笑顔の藤田騎手

 最後は笑顔で会場を後にした藤田騎手。5日にはいよいよ、JRAでデビューします。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME