川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

浦和・第62回桜花賞(SⅠ) モダンウーマンが4連勝で戴冠

2016-03-24-Thu-02:29
川崎から3頭が出走した桜花賞。最終的には、南関東転入後、3連勝中のモダンウーマンが圧倒的1番人気、前走のユングフラウ賞で2着入線のポッドガゼールが2番人気、エメンタールベルンが9番人気で、レースを迎えました。

 オウカランブがハナに立ち、モダンウーマンはこれを見る形でインからの競馬。ポッドガゼールは中団の外目から、エメンタールベルンは後方からレースを進めます。道中もインコースで前を見ながらレースを進めるモダンウーマンですが、直線に入ると最内をすくい先頭に。先に動いたリンダリンダとの一騎打ちとなりますが、リンダリンダの追撃を振り切り、1馬身差で優勝。第62代桜花賞馬に輝きました。ポッドガゼールは6着、エメンタールベルンは7着という結果でした。

  ③モダンウーマン 1_1_1 ③モダンウーマン 2_1_1 ③モダンウーマン

  レース _1 ③モダンウーマン 4_1 浦和・第62回桜花賞(SⅠ) 結果

 川崎所属馬としては、2013年のイチリュウ(内田勝義厩舎)以来となる桜花賞制覇。

  口取り 2_1 口取り _1 口取り

  表彰式:山崎誠士騎手_1 笑顔でインタビューに応える山崎誠士騎手

 表彰式では、上田清司埼玉県知事から優勝賞金2000万円のボードが手渡されました。最後は、1日競馬場場長の愛華みれさんとともに記念撮影。関係者のみなさま、おめでとうございます。

  表彰式 1_1 表彰式:賞金授与_1 表彰式:記念撮影 1_1 表彰式

 グランダムジャパン3歳シーズンの初戦でもあった桜花賞。幸先のいいスタートを切ったモダンウーマンですが、昨年の2歳シーズンに続き、3歳シーズンでも総合優勝なるか?注目が集まります。

 6着入線のポッドガゼールと7着入線のエメンタールベンルンも、次走は巻き返してほしいところです。

  ⑩ポッドガゼール 1_1 ⑩ポッドガゼール 2_1 ⑩ポッドガゼール 4_1 ⑩ポッドガゼール 6着

  ⑤エメンタールベルン 1_1 ⑤エメンタールベルン 2_1 ⑤エメンタールベルン 3_1 ⑤エメンタールベルン 7着
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME