川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

平成28年度第3回開催 スパーキングデビュー勝ち馬のご紹介

2016-05-29-Sun-18:00
今開催は2鞍行われ、計10頭が行われた、2歳新馬戦の「スパーキングデビュー」。勝ち馬をご紹介致します。

 1レースは5頭立てでしたが、1頭取消となったため4頭立てに。レースを制したのはトラスト(河津裕昭厩舎)。好スタートからハナに立つと、直線も楽な手応えで勝利。56秒0でタイムで初陣を飾りました。

  1R新馬戦 トラスト  1R スパーキングデビュー 結果

トラスト[牡] 河津 裕昭 厩舎

 父:スクリーンヒーロー 母:グローリサンディ(母の父:エイシンサンディ)

 出走馬5頭がすべて牝馬という2レースでしたが、1頭取消のため、1レース同様、4頭で行われました。レースは、内枠のカネショウサラ(八木仁厩舎)がハナに立ち、レースを引っ張る展開。3コーナーまでは4頭一団で進みますが、直線に入るとカネショウサラが突き放し、8馬身差で勝利。2着にも、八木仁厩舎のオーラティアラが入線し、八木仁厩舎のワンツーとなりました。

  2R新馬戦 ツルマルサラ  2R スパーキングデビュー 結果

ツルマルサラ[牝] 八木 仁 厩舎

 父:サウスヴィグラス 母:ツルマルダンサー(母の父:エルハーブ)

 
 2レースには、小柄な馬が2頭出走。ポロンチャンは376kg、カネショウサラは368kgでの出走でした。次走では馬体重を増やして出走となるのか、こちらも注目したいですね。

  2R:ポロンチャン 1 2R:ポロンチャン 2 ポロンチャン

  2R:カネショウサラ 1 2R:カネショウサラ 2 カネショウサラ
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME