川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第62回東京ダービー(SⅠ)を振り返って

2016-06-09-Thu-22:41
今年は川崎から3頭が参戦した東京ダービー(SⅠ)。川崎所属馬は、ジャーニーマンの5着が最高という結果でした。優勝は、バルダッサーレ[大井]でした。各馬のコメントは、下記の通りです。

5着 ジャーニーマン  真島大輔騎手

 「直線で立て直してからもしっかり伸びてくれたし、今後が楽しみな馬です。」

 ⑪ジャーニーマン 1_1 ⑪ジャーニーマン 2_1 ⑪ジャーニーマン 3_1 ⑪ジャーニーマン 4_1

6着 モダンウーマン  山崎誠士騎手

 「折り合いもついたし、思ったより距離はもちそう。直線の伸びもよかった。」

 ⑩モダンウーマン 1_1 ⑩モダンウーマン 2_1 ⑩モダンウーマン 4_1

14着 ディーズプリモ  赤岡修次騎手

 「指示通りにハナに行けたんですが、外から来られたぶんペースが上がってしまって。長い直線では一杯になっていました。あのペースでは厳しかったですね。」

 ①ディーズプリモ 1_1_1 ①ディーズプリモ 2_1_1 レース 2_1 ①ディーズプリモ 5_1

 先月からは川崎でも2歳戦がスタートし、すでに来年の東京ダービーを目指す戦いは始まっています。来年は川崎から、東京ダービーを制する馬を輩出してほしいですね。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME