川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第52回関東オークス(JpnⅡ)

2016-06-17-Fri-02:40
今年で52回目を迎える関東オークス(JpnⅡ)。近年はJRA勢が優勢で、過去5年を振り返ってみると、地方馬の優勝は2012年のアスカリーブルのみとなっています。今年は、JRA4頭、南関東7頭、笠松2頭、高知1頭の計14頭で行われました。

 アルセナーレとエメンタールベルンが引っ張り、道中は大きく縦に長い展開となったレース。前を行く2頭を見ながら先行集団でレースを進めた2番人気のタイニーダンサーが、直線でアルセナーレを捕えて先頭に立つと、後続に2馬身半の差をつけ、危なげない勝利で優勝。昨年のNAR最優秀2歳牝馬で、JRA移籍後、今回が3戦目の同馬。移籍後初勝利がダートグレード制覇となりました。

  レース 1_1_1 レース 3_1 1周目のゴール前

  レース 4_1_1  第52回関東オークス(JpnⅡ) 結果

  タイニーダンサー_1 移籍後初勝利が、ダートグレード競走制覇

  口取り 1_1 口取り 3_1 口取り

  EN4A0527_1_1.jpg 勝利ジョッキーは戸崎圭太騎手

 生産者は、コテキタイ、イチリュウ、モダンウーマンなどでおなじみのグランド牧場。関係者のみなさま、おめでとうございます。

  表彰式 2_1 表彰式 3_1 表彰式:記念撮影 1_1

  

  

 今年の関東オークスは売上面でも好調で、昨年塗り替えた同競走の売得金額のレコードを更新しました。


  売得金レコードの更新について(川崎競馬HP)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME