川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

平成28年度第7回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2016-08-30-Tue-18:07
今開催は2鞍行われ、計14頭がデビューした新馬戦の
「スパーキングデビュー」。
勝ち馬をご紹介致します。

7頭立てで行われた1レース。
勝利したのは、酒井忍騎手騎乗のセノーテ[牝]。
スタートは後手を踏みましたが、加速して先頭に踊り出ると
そのまま後続に2馬身1/2差をつけデビュー戦を制しました。
タイム57秒0

 1R新馬戦
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 1R スパーキングデビュー 結果

 セノーテ[牝] 深野 塁 厩舎

 父:ファスリエフ 母:スカイワード (母の父:ティンバーカントリー)


同じく7頭立てで行われた2レース。
勝利したのは、伊藤裕人騎手騎乗のキョウエイロゼッタ[牝]。
直線で鋭い伸びを見せ2馬身1/2差で
デビュー戦を制しました。タイム56秒0

 2R新馬戦
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 2R スパーキングデビュー 結果

 キョウエイロゼッタ[牝] 武井 和実 厩舎

 父:パイロ 母:スポーティングラダー(母の父:Danzig)

    
 
関連記事
スポンサーサイト
HOME