川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

コスモス JRA認定ひばり特別 完勝

2016-12-03-Sat-08:33
9馬身差の圧勝で飾った11/4のデビュー戦から1ヶ月、
川崎競馬期待のコスモスが12/2大井競馬場で行われた
JRA認定競走 ひばり特別(ダート1600m)に出走しました。

11頭立ての10番ゲートとなったコスモス。
無難にスタートを決めるとそのまま先手を主張。
やや遅めのペース、1馬身差で同じ川崎のビエンコビアンコが追走。
町田直希騎手の手が終始動くビエンコビアンコがようやく4角で並びかけようとするも
鞍上の山崎誠士騎手が気合いをつけただけで突き放すコスモス。
直線に入ってもムチが入らず、山崎誠士騎手が加速を促すのみ。
何なく2馬身1/2の差をつけ、そのまま2連勝のゴール。
走破タイムは1分44秒0でした。

 最後の直線
  161202 ひばり特別 コスモス-01 161202 ひばり特別 コスモス-02

 ゴール
  161202 ひばり特別 コスモス-03 161202 ひばり特別 コスモス-04 161202 ひばり特別 コスモス-05

  ※画像をクリックすると大きくなります。

  ひばり特別 結果

次走はデビュー当時のコメント通り
12/25(日)有馬記念当日に行われるホープフルS(GII)の予定。
そのレースから逆算して異例のローテーションとなりましたが今回もまだ馬体は余裕残し。

パドックの様子

  161202 ひばり特別 コスモス-06 161202 ひばり特別 コスモス-07 161202 ひばり特別 コスモス-08
  161202 ひばり特別 コスモス-09 161202 ひばり特別 コスモス-10

馬場入場~返し馬

  161202 ひばり特別 コスモス-11 161202 ひばり特別 コスモス-12 161202 ひばり特別 コスモス-13

レース後

  161202 ひばり特別 コスモス-14

口取り

  161202 ひばり特別 コスモス-15

マイネル総帥の岡田繁幸氏は直線での伸びが物足りなかったと感じつつも
ダートではこんなもの、走り方から芝ならもっと切れるはずとのコメント。

  161202 ひばり特別 コスモス-16

河津裕昭調教師 コメント
「勝って権利を獲りたかったので、ホッとしている方が先。
2、3番手からと考えていたが、スタートも良かったしハナをいくかたちになった。
このあとは予定通りホープフルステークスに挑むつもり。
フットワークからもダートより芝向きではないかと思っている」


小向の洗い場にて

  161202 ひばり特別 コスモス-14

プレイアンドリアル、トラストに続く 河津裕昭調教師&岡田繁幸氏のコンビで
川崎所属馬3頭目の中央競馬重賞勝ちとなるか? 今から楽しみです。
 
      
関連記事
スポンサーサイト
HOME