川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

コスモス 第33回ホープフルステークス(GII、芝2000m)

2016-12-26-Mon-08:00
12/25(日)中山競馬場で行われた
第33回ホープフルステークス(GII、芝2000m、14頭立て)に
川崎競馬所属のコスモス(河津裕昭厩舎)が参戦しました。

馬体重は446キロ(前走比-5キロ)で登場。 単勝人気は12.0倍の4人気でした。
  161225 ホープフルS コスモス-01
  ※画像をクリックすると大きくなります。

 パドックの様子
  161225 ホープフルS コスモス-02 161225 ホープフルS コスモス-03

 本馬場入場~返し馬の様子
  161225 ホープフルS コスモス-04 161225 ホープフルS コスモス-05 161225 ホープフルS コスモス-06

レースはニシノアップルパイが逃げを打って淡々という流れ。
デビューから2戦は共に逃げ切り勝ちというコスモスは
無理をせず、中段待機策で様子を伺います。
残り1,000mから徐々に全体がペースアップしますが
追い出してからの反応は今1つ。 残念ながら1着馬から遅れる事、1秒差の9着に破れました。

 1周目のゴール前
  161225 ホープフルS コスモス-07 161225 ホープフルS コスモス-08

 最後の直線~ゴール
  161225 ホープフルS コスモス-09 161225 ホープフルS コスモス-10 161225 ホープフルS コスモス-11

タイムは2分02秒3

  <第33回ホープフルステークス(GII、芝2000m)レース結果>

河津調教師コメント

  「デビューから使い続けてきたので、疲れが溜まりデキが少し落ちているように見受けられたし、馬体重も輸送減りしたようだ。また今回はあまり前に行き過ぎないように、ブリンカーを外して臨んだが、それがかえって周りを気にしてしまったかもしれない。父のフリオーソのように、ブリンカーを付けていたほうが集中できるのかな。次走については未定だが、今回の結果は悔しいので、次走は万全な状態で挑めるように立て直したいね」

柴田大知騎手コメント
 「 パドック、返し馬の時の雰囲気は悪くなかったですね。レースでは周りが前々に行っていたのもあって、無理に行かせるよりはペースを乱さないように中団に付けましたが、勝負所で追ってからひと息でした。この馬にとってはじめてのことばかりだったので、芝への適性などは今は決めつけられない。まだまだこれからの馬ですね」

今後については未定ですが、コスモス本来の力が見られる事を期待します。
  161225 ホープフルS コスモス-12 161225 ホープフルS コスモス-13 161225 ホープフルS コスモス-14

(写真協力 6・7・13・14枚目:佐々木光さん)

関連記事
スポンサーサイト
HOME