川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第53回報知オールスターカップ(SⅢ)

2017-01-04-Wed-00:12
2017年の南関東競馬で最初の重賞となる、報知オールスターカップ(SⅢ)。
優勝馬には、川崎記念とダイオライト記念の優先出走権が与えられます。

2004年から地方競馬全国交流競走となり、2007年から2100mで行われている報知オールスターカップ。今年は、金沢から2頭、岩手と高知から各1頭が参戦しました。
金沢から出走した古豪のジャングルスマイルは、明けて11歳。今回で、報知オールスターカップは5度目の出走でした。

 ④ジャングルスマイル 1 ④ジャングルスマイル 2 ジャングルスマイル

最終的に1番人気の支持を集めたのは、ケイアイレオーネ。
ムサシキングオーとサミットストーンが引っ張る展開でレースは進みます。

 レース 2_1 1周目のゴール前

向正面に入ってからもこの2頭が引っ張りますが、3コーナーに入ると、前を見る形でレースを進めたケイアイレオーネが進出。
4コーナーでムサシキングオーに並びかけると、直線で先頭に躍り出ます。そのまま先頭に立ったケイアイレオーネ、最後は押し切って優勝。南関東転入後、重賞2勝目を挙げました。
2着には、後方から追い上げたクラージュドールが入線。
なお、最後の直線で故障し、競走を中止したサミットストーンは、右前肢跛行との診断でした。

 レース 2_1 ⑨ケイアイレオーネ _1 第53回報知オールスターカップ(SⅢ) 結果

ケイアイレオーネは、南関東転入後、大井記念(SⅡ)に続き重賞2勝目。

 口取り 1_1 口取り 2_1

的場文男騎手は、自身の持つ最高齢重賞勝利記録を更新。
これで37年連続で重賞制覇となりました。年明けから幸先のいいスタートになりましたね。

 表彰式:的場文男騎手 1_1

関係者のみなさま、おめでとうございます。

 表彰式:賞金授与_1 表彰式:記念撮影_1_1

 

 

なお、今年の報知オールスターカップは、同競走の売得金額のレコードを更新。
また、同競走施行日における1日あたりの売得金レコードを更新しました。

 報知オールスターカップ競走の売得金レコードの更新について

この日は、川崎競馬イメージキャラクターの谷桃子さんをゲストに迎え、スペシャルトークショーを開催。
JBCが行われた昨年の川崎競馬を振り返っていただいたほか、報知オールスターカップの予想も披露していただきました。

 トークショー 3_1 トークショー 4_1 晴れ着姿で登場した、谷桃子さん

 トークショー 2_1 司会の山中寛アナウンサー

トークショー 1_1 トークショーの様子

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME