川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

NARグランプリ2016フォトリポート

2017-02-06-Mon-09:00
2月2日に行われた『NARグランプリ2016』。

調教師・騎手部門

1990年より始まり今年で27回目になる輝かしい壇上で、2016年に地方競馬で活躍した馬の関係者や調教師、騎手がそれぞれの部門で表彰されました。

川崎から選ばれたのは『最優秀ターフ馬』のトラスト。
170202トラスト最優秀ターフ賞

2016年5月のデビュー戦ではあっさり先頭に立つと4馬身突き放す楽勝。
驚いたのは2戦目の若草特別で、スタートから先手を取り後続を引き離すこと大差12馬身の圧勝劇。
ひと息入れた後に向かったのは札幌の芝。
8月のクローバー賞ではスタートで後手を踏み道中折り合いを欠いたことも響いて2着でしたが、権利をゲットして臨んだのが受賞の決め手となった8月の札幌2歳ステークスでした。
5番人気ながら絶好スタートからハナを切って軽快に飛ばし、直線に向くとさらに加速して差を広げ後続を振り切ってゴール。
見事優勝を決めました。

その後はJRAへの移籍が決定。
最近では、シンザン記念も4着に入線する活躍を見せています。
クラシックロードでも注目していきたいですね。

河津裕昭調教師

「札幌2歳ステークスは本当に強かったし、こうしてまたNARグランプリの舞台に立てたことは本当に嬉しい。プレイアンドリアル以来になるね。今も楽しみな馬がいるから来年もぜこの舞台に立ちたい」と河津裕昭調教師は喜びを語ってくれました。

岡田オーナー(繁幸さん、美佐子さん)の最優秀ターフ馬受賞は、コスモバルク、イグゼキュティブ、プレイアンドリアルで計7度目になるそうです。

トラスト


関係者の皆様、おめでとうございます!


そのほかの受賞馬、受賞者をご紹介します。

ソルテ  ソルテ2
『年度代表馬』『4歳以上最優秀牡馬』『最優秀短距離馬』 
ソルテ(大井・寺田新太郎厩舎)

ローズジュレップ
『2歳最優秀牡馬』 ローズジュレップ(北海道・田中淳司厩舎)

ピンクドッグウッド
『2歳最優秀牝馬』 ピンクドッグウッド(愛知・川西毅厩舎)

カツゲキキトキト
『3歳最優秀牡馬』 カツゲキキトキト(愛知・錦見勇夫厩舎)

ミスミランダー
『3歳最優秀牝馬』 ミスミランダー(船橋・佐藤賢二厩舎)

トーコーヴィーナス
『4歳以上最優秀牝馬』 トーコーヴィーナス(兵庫・吉行龍穂厩舎)

フジダイビクトリー
『ばんえい最優秀馬』 フジダイビクトリー

特別表彰馬
『特別表彰馬』 メイセイオペラ&イナリワン

コパノリッキー
『ダートグレード競走特別賞馬』 コパノリッキー

小久保智調教師
『最優秀賞金収得調教師賞』 小久保智調教師

川西毅調教師
『最優秀勝率調教師賞』 川西毅調教師


森泰斗騎手
『最優秀勝利回数騎手賞』『最優秀賞金収得騎手賞』 森泰斗騎手


山口勲騎手
『最優秀勝率騎手賞』『ベストフェアプレイ賞』 山口勲騎手


永森大智騎手
『殊勲騎手賞』 永森大智騎手


『優秀新人騎手賞』 加藤聡一騎手


木ノ前葵騎手2  木ノ前葵騎手
『優秀女性騎手賞』 木ノ前葵騎手


赤岡修次騎手2  宮下瞳騎手  武豊騎手
『特別賞』 
赤岡修次騎手  宮下瞳騎手  武豊騎手


スポンサーサイト
HOME