川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

準重賞 '17スパーキングナイトチャレンジ

2017-06-14-Wed-02:32
6月13日川崎競馬第11レースに行われた 「'17スパーキングナイトチャレンジ」。
1着となった地方競馬所属馬にスパーキングサマーカップ(8月23日)への優先出走権が与えられる準重賞で、14頭立てで行われました。

レースは内枠から好スタートを切った3番人気トキノセレブがハナを主張しますが、JRAから参戦したメイショウタラチネ、フローラルダンサーも前へ行こうとする素振りを見せ、前半3ハロンは35.8のハイペース。
1・2番人気に推されたグランユニヴェール、ラテラスはその後ろ2番手集団で追走、向こう正面中ほどで揃って前への進出を計ります。
そこから5~6馬身以上離れた後方勢は3角手前でスパートを開始。
トキノセレブが先頭で4角を回りますが直後でマークしていた5頭が襲いかかります。
馬場の真ん中からコスモラヴモアの脚色が良いかと思われたその内側から先頭に踊り出たのは、3角から1頭違う脚で4角までに先頭集団に追いついていたグランフィデリオ。
さらにゴール前大外を強襲してきたのは4角でまだ後方にいたゼンノスサノオ。際どい写真判定となりましたがゼンノスサノオの追撃を凌ぎきったグランフィデリオがスパーキングサマーカップへの優先出走権を獲得しました。

 170613 スパーキングナイトチャレンジ-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 17スパーキングナイトチャレンジ 結果

    
 
関連記事
スポンサーサイト
HOME