川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

平成29年度第3回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2017-06-17-Sat-07:34
今開催は3鞍、計24頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」。勝ち馬をご紹介致します。

8頭立てで行われた1レース。 距離900m
勝利したのは、赤岡修次騎手騎乗のセイヴェルビット[牝]。

レースはウラルハーモニーが好スタートを決めましたが、内から加速力を生かしセイヴェルビットが交わして先頭に立つと、直線でも2~3回気合をつけただけで2着に5馬身差をつけデビュー戦を制しました。
タイム54秒6

 170616 スパーキングデビュー-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 セイヴェルビット[牝] 八木 正喜 厩舎

 父:シニスターミニスター 母:ダイコーマリーン (母の父:シャンハイ)


9頭立てで行われた2レース。 距離900m
勝利したのは、酒井忍騎手騎乗のシントーホープ[牡]。

レースはバラついたスタート、シナノリトルがナッシングを振り切ったと思ったところに、道中は5番手を追走していたシントーホープが馬場の真ん中を突き抜け1/2馬身差で差し切り勝ち、デビュー戦を制しました。
タイム56秒0

 170616 スパーキングデビュー-02

 スパーキングデビュー  結果

 シントーホープ[牡] 八木 仁 厩舎

 父:シニスターミニスター 母:アルフレンテ (母の父:スキャン)


7頭立てで行われた3レース。 距離900m
勝利したのは、今野忠成騎手騎乗のシントーエース[牡]。

レースは外枠からダッシュ良く先頭に立ったシントーエースが最後まで今野忠成騎手は手綱を持ったままで6馬身差圧勝でデビュー戦を制しました。
タイム55秒3

 170616 スパーキングデビュー-03

 スパーキングデビュー  結果

 シントーエース[牡] 八木 仁 厩舎

 父:ヘニーヒューズ 母:ゲイルプリムラ (母の父:フレンチデピュティ)


関連記事
スポンサーサイト
HOME