川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

平成29年度第4回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2017-07-08-Sat-08:00
今開催は2鞍、計13頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」。勝ち馬をご紹介致します。

6頭立てで行われた1レース。 距離900m
勝利したのは、伊藤裕人騎手騎乗のブルーファースト[牝]。

レースはゲートが開く瞬間に立ち上がってしまったオーラベガスが出遅れ、1番人気のマインドグリッターが度々気性面の若さを見せるなか、好スタートからすいすいと逃げたブルーファーストが、直線では差を広げる一方。
2着に8馬身差をつけデビュー戦を制しました。
タイム55秒5

 170707 スパーキングデビュー-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 ブルーファースト[牝] 武井 和実 厩舎

 父:スターリングローズ 母:レッドクレオパトラ (母の父:タヤスツヨシ)


7頭立てで行われた2レース。 距離900m
勝利したのは、赤岡修次騎手騎乗のトキノアビー[牝]。

レースはダッシュ力でヴォチェヴィーヴォが逃げ、その後ろを内:テラザマッハ、外:トキノアビーが追走する展開。
このまま逃げ切りかと思われましたが、直線に向いてエンジンがかかったトキノアビーが一気に突き抜けデビュー戦を制しました。
タイム56秒5

 170707 スパーキングデビュー-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 トキノアビー[牝] 八木 正喜 厩舎

 父:フリオーソ 母:メイプルラブチャン (母の父:アジュディケーティング)
 
 
関連記事
スポンサーサイト
HOME