川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

平成29年度第5回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2017-08-05-Sat-08:00
今開催は2鞍、計12頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」。勝ち馬をご紹介致します。

6頭立てで行われた1レース。 距離900m
勝利したのは、増田充宏騎手騎乗のポッドジゼル[牝]。

レースはマックスデイズが好スタートを切ってハナに立ちますが、追い上げてきたポッドジゼルが4角で並びかけると
粘るマックスデイズを直線半ばで振り切り、最後伸びてきたデンパサールに2馬身差をつけデビュー戦を制しました。
タイム56秒1

 170804 スパーキングデビュー-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 ポッドジゼル[牝] 八木 正喜 厩舎

 父:ゴールドアリュール 母:スイレン (母の父:Roman Ruler)


6頭立てで行われた2レース。 距離900m
勝利したのは、矢野貴之騎手騎乗のポッドグレイシー[牡]。

レースは好きスタートを決めたポッドグレイシーに内からキョウエイローザが食らいついて並走していきますが3角で2馬身ほど差をつけます。
4角手前で再度キョウエイローザが並びかけようとしますが、ポッドグレイシーの鞍上:矢野騎手は全く動じず。直線半ばでGoサインを出すと最後は2着に8馬身差をつけデビュー戦を制しました。
タイム54秒8

 170804 スパーキングデビュー-02

 スパーキングデビュー  結果

 ポッドグレイシー[牡] 八木 正喜 厩舎

 父:スマートファルコン 母:カネショウメロン (母の父:ディアブロ)
 
 
関連記事
スポンサーサイト
HOME